「キラーコンテンツ」とは?概要や重要性、効果的な運用方法なども解説!

「キラーコンテンツ」とは?概要や重要性、効果的な運用方法なども解説!

キラーコンテンツとは、ある特定分野の普及のために、集客する力のある情報やサービスを指します。

今回は「キラーコンテンツ」に焦点を当て、その概要や重要性、例、作成方法、作成ポイント、効果的な運用方法などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「キラーコンテンツ」とは?

キラーコンテンツとは、ある特定分野の普及のために、集客する力のある情報やサービスのことです。

例えばゲーム業界では売れるゲームソフトそのものを、Webマーケティングの世界では、売上に繋がるコンテンツなどを指します。

「キラーコンテンツ」の例

ここでは、Webマーケティング業界における「キラーコンテンツ」の例について5点解説します。

①商品紹介ページ

商品・サービスについて「知りたい情報が網羅的に掲載されているコンテンツ」は、キラーコンテンツと呼べるでしょう。

またテキストだけではなく、実際に商品・サービスを使用している動画を一緒に掲載することで、顧客の購買意欲を高めることができます。

②導入事例

商品・サービスの具体的な使い方や導入後に得られる効果を掲載すれば、商品・サービスに対して親近感が湧き、購入に繋がります。

なお業種や規模感など様々な企業での導入事例が掲載されていると、より具体的なイメージが湧きやすくなります。

③口コミ

商品・サービスに対する口コミは、説得力があり、購入に繋がる要素の1つです。

実際に使用した顧客にインターネットでアンケートを取っても良いですし、直接対面してインタビューを行い、インタビュー内容を文字に起こして掲載しても良いでしょう。

またインタビュー時の写真や動画など信憑性のあるコンテンツを一緒に掲載することで、商品・サービスに対して親近感が湧き、購入に繋がります。

④専門家の見解や評価

各商品・サービスの専門家の見解や評価もキラーコンテンツになりえます。

権威性が高い方に評価してもらうことで、説得力が増し、商品・サービス購入に対する購買意欲を掻き立てます。

⑤調査データやアンケート

例えば、「〇〇を使用したことがある男子100人に聞いた」など広範囲で集計したアンケート結果は、商品・サービスに対する信頼を得ることができます。

また調査対象を絞れば(例えば専門家100人に聞いたなど)、より商品・サービスに対する説得力が増し、購入に繋がる可能性が高いでしょう。

「キラーコンテンツ」の作り方

ここでは、「キラーコンテンツ」の作成方法について、3つのステップに分けて解説します。

ステップ①:顧客が経由したコンテンツを分析する

まずは実際に成約・購買まで結びついた顧客がどのようなコンテンツを経由したかを分析しましょう。

アクションは顧客ごとに異なりますが、経由したコンテンツの共通点は分析が容易です。

なお顧客がどのようなコンテンツを経由したかは、GoogleアナリティクスやMAツールなどを用いれば簡単に把握できます。

【株式会社ipe|GA4(Googleアナリティクス4)とは|設定方法や特徴を解説

ステップ②:顧客のニーズや悩みを分析する

顧客が経由したコンテンツを分析することで、商品・サービス購入に至るまでに、顧客がどのようなニーズや悩みを抱えているのかがある程度分析できます。

この分析を基に、何がキラーコンテンツになりうるのか、今後のマーケティングの方向性を見い出すことが可能です。

ステップ③:ニーズや悩みに沿ったコンテンツを制作

ステップ②の分析を基に、顧客のニーズや悩みを解消できるようなコンテンツの新規制作・ブラッシュアップを検討しましょう。

ポイントは、ユーザーの「〜したい」を解決してあげるようなコンテンツ制作です。

Googleも良質なコンテンツの条件に「ユーザーの疑問・問題にしっかりと回答していること」を加えています(参考:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド)。

ユーザーの疑問・問題にしっかりと回答するには「専門性・信憑性・独自性・正確性」などの要素を意識しましょう。

ユーザーニーズを満たした質の高いコンテンツを制作することで、ユーザーからも、Googleからも高い評価を得ることができます。

しかし、ユーザーニーズを満たした質の高いコンテンツを制作するにはスキルとコツが必要です。

詳細は以下の記事をご覧ください。

【株式会社ipe|「ユーザビリティ」とは?概要や重要性、評価方法、ユーザビリティを高めるための具体的な施策なども解説!

「キラーコンテンツ」の作成ポイント

ここでは、「キラーコンテンツ」の作成ポイントについて3点解説します。

  • ペルソナを意識する
  • 集客用コンテンツも充実させる
  • キラーコンテンツへの導線を設置する

ペルソナを意識する

マーケティングにおけるペルソナとは、商品・サービスの顧客となりえる架空の人物像です。

ペルソナを設定することで、顧客にしたいターゲットがどのような悩みを抱えているのか、その悩みを解決するにはどのようなコンテンツが必要かが考えやすくなります。

集客用コンテンツも充実させる

キラーコンテンツばかりのWebサイトを運営すると、ユーザーに押し売り感や圧迫感を与えてしまい、売上減の逆効果になるケースがあります。

そのため、まだあまり商品・サービスについて理解が薄い人(潜在層)向けた「集客用コンテンツ」の制作も意識する必要があるでしょう。

例えば、商品・サービスの情報に加えて、それらに関連したお役立ちコンテンツを発信すれば、ユーザーの嫌悪感を払拭し、興味を抱かせる効果が期待できます。

サイトに対する興味は、ユーザーの購買意欲を刺激する効果が期待できるため、積極的に集客用コンテンツを制作していきましょう。

キラーコンテンツへの導線を設置する

ユーザーが集客用コンテンツを読み、商品・サービスに対して興味を持ってくれても、購入に繋がるとは限りません。キラーコンテンツへの導線が無ければ、ユーザーは商品・サービスを購入せず、そのままサイトを離脱してしまう可能性があります。

集客用コンテンツの内部には、必ずキラーコンテンツへのリンクを挿入するようにしましょう。

【株式会社ipe|「内部リンクとは?」概要やSEO効果、最適化のポイントなども解説!

「キラーコンテンツ」の効果的な運用方法

ここでは、キラーコンテンツの効果的な運用方法について3点解説します。

効果測定と改善

キラーコンテンツの制作後は、コンテンツの効果測定と改善を定期的に行いましょう。

Webサイトやページには、紙で制作した広告とは異なり、何度でも書き直せるというメリットがあります。

ユーザー行動を分析し、どう修正すればコンテンツに興味を持ってもらえるのか工夫しましょう。

リターゲティング広告の活用

キラーコンテンツを閲覧してくれる方は、顧客になる可能性が高い顕在層と言えます。

しかし、顕在層はキラーコンテンツを閲覧後、即座に商品・サービスを購買するわけではありません。

競合他社の商品・サービスと比較する行為を挟み、購買に至るケースが多いです。

そのため、一度離脱してしまった顕在層に対しては、リターゲティング広告(遷移先ページに遷移前のWebサイトに関連した広告が表示されるもの)を表示し、商品・サービスを売り込む工夫が必要になるでしょう。

メール配信による情報発信

資料請求や問い合わせなどで、メールアドレスを獲得できた顕在層に対しては、キラーコンテンツをメールに添付し、定期的に情報配信するマーケティングがおすすめです。

定期的に情報を発信する事で、常に商品・サービスに対して興味を持ってもらうだけでなく、その関連商品・サービスも一緒に購入してもらえる可能性が高まります。

「キラーコンテンツ」を使いこなし、自社の売上を伸ばそう!

このページでは、「キラーコンテンツ」に焦点を当て、その概要や重要性、例、作成方法、作成ポイント、効果的な運用方法について解説しました。

キラーコンテンツは、自社の売上を左右する重要要素です。

まだキラーコンテンツを意識したマーケティングを実施したことがない方は、ぜひ本記事を参考に制作し、売上向上を目指してみてはいかがでしょうか。

「キラーコンテンツ」や「SEO」でお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)