Powerd by ipe
テジタルマーケティングで戦略的に
ビジネスを成功させる

「リダイレクト回数が多すぎます」のエラーとは?解消方法とリダイレクトを最適化する方法を解説

「リダイレクト回数が多すぎます」のエラーとは?解消方法とリダイレクトを最適化する方法を解説

「リダイレクト回数が多すぎます」のエラーはなんだろう

Web担当者で、そのようなお悩みを抱えていませんか?

「リダイレクト回数が多すぎます」のエラーは、何らかの原因によりリダイレクトが繰り返されると表示されるメッセージです。

本記事では、「リダイレクトが多すぎます」エラーの意味や発生原因、そしてその解決法について詳しく解説します。エラーメッセージの理解や解消方法の把握により、スムーズなWebサイトやアプリケーションの利用が可能となるでしょう。

それでは、一緒にリダイレクトエラーの解決について学んでいきましょう。

「リダイレクト回数が多すぎます」のエラーとは

「リダイレクト回数が多すぎます」とは、WebブラウザやWebサーバーなどのネットワークプロトコルで使用されるエラーメッセージの1つです。このエラーメッセージは、特定のWebページへのアクセスにおいて、リダイレクト(ページの自動的な転送)が繰り返し行われる回数が制限を超えた場合に表示されます。

通常、WebサイトやWebアプリケーションは、リダイレクトを使用して、ユーザーを別のページに転送することがあります。これは、旧バージョンのURLを新しいURLに自動的に転送する場合や、一時的なリソースの場所を示す場合などにおこなうことが一般的でしょう。

しかし、「リダイレクト回数が多すぎます」エラーメッセージが表示されるのは、何らかの原因でリダイレクトが繰り返され、その回数が許容範囲を超えた場合です。これにより、ユーザーは目的のページに辿り着けず、エラーメッセージが表示されます。

「リダイレクト回数が多すぎます」が表示される原因

「リダイレクト回数が多すぎます」が表示される原因は、主に下記の3つです。

  • ページ間のリダイレクトループ
  • リダイレクトチェーンの長さが制限を超える
  • 誤った設定やプログラムエラー

それぞれ解説していきます。

ページ間のリダイレクトループ

リダイレクトループは、2つ以上のページが循環的にリダイレクトし合う状態です。例えば、ページAがページBにリダイレクトし、ページBが再びページAにリダイレクトするというような循環が発生します。ブラウザは無限のリダイレクトループに陥り、エラーメッセージが表示されます。

リダイレクトチェーンの長さが制限を超える

リダイレクトチェーンとは、1つのページが別のページにリダイレクトし、そのページがさらに別のページにリダイレクトするという連鎖のことです。

たとえば、ページAがページBに、ページBがページCに、さらにページCがページDにリダイレクトするといったような連鎖的なリダイレクトがおこなわれる状態です。

Webブラウザやサーバーは、セキュリティやパフォーマンスの観点から、リダイレクトチェーンの長さに制限を設けています。制限を超える回数のリダイレクトチェーンが存在する場合、エラーが発生します。

Google検索セントラルによるとGoogleのクローラーは、最大10回までのリダイレクトを追跡すると記載があります。もしリダイレクトが11回以上続いた場合は、Googleサーチコンソールのインデックスカバレッジレポートにリダイレクトエラーが表示されます。

誤った設定やプログラムエラー

リダイレクト回数が多すぎるエラーは、Webサーバーの設定やプログラムに問題がある場合にも発生します。誤った設定やバグが存在すると、リダイレクトの制御がうまく機能せず、エラーが表示されます。たとえば、ウェブサーバーの設定ファイルに誤ったリダイレクトルールが記述されている場合や、プログラムのロジックに不備がある場合などが考えられます。

「リダイレクト回数が多すぎます」の解消方法

「リダイレクト回数が多すぎます」の解消方法は、主に下記の4つです。

  • リダイレクトの設定を確認する
  • キャッシュをクリアする
  • プログラムやスクリプトの修正
  • Webサーバーの再起動

リダイレクトの設定を確認する

リダイレクトの設定が正しく行われているか、循環や無限のリダイレクトチェーンが存在しないかを確認します。適切なリダイレクトの数と順序を設定することが重要です。

また、Webサーバーの設定ファイルやプログラムコードを確認し、リダイレクトチェーンの長さを制限内に収めるように調整します。長大なリダイレクトチェーンが必要な場合は、設計やアーキテクチャを見直し、より効率的な方法を検討しましょう。

キャッシュをクリアする

Webサーバーやブラウザのキャッシュが古いリダイレクト情報を保持している可能性があるため、キャッシュをクリアしてみてください。キャッシュのクリア方法は、ブラウザによって異なりますが、一般的にはブラウザの設定や履歴からクリアすることができます。

プログラムやスクリプトの修正

リダイレクトを処理するプログラムやスクリプトにバグやエラーがある場合、修正が必要です。プログラムコードを注意深く確認し、リダイレクト処理に関連する部分を修正します。必要に応じてデバッグツールを使用して問題を特定してください。

また、Webサイトやアプリケーションに変更を加える際には、リダイレクトの動作をテストし、予期せぬ問題が発生していないかを確認しましょう。また、定期的な監視を行い、リダイレクトエラーが発生した場合には迅速に対応することが重要です。

Webサーバーの再起動

Webサーバー自体に問題がある場合は、一時的な解決策としてWebサーバーを再起動することが効果的な場合があります。

サーバーサイドの設定を調整する

Webサーバーの設定や環境によっては、リダイレクト回数やチェーンの制限を調整することができます。必要に応じて、サーバーサイドの設定を調整し、適切な制限値を設定します。ただし、制限値を無制限に設定すると別の問題を引き起こす可能性があるため、慎重に調整するようにしましょう。

リダイレクトを最適化するための方法

リダイレクトはWebサイトの正常な運営に不可欠な要素ですが、適切な最適化が行われないと性能やユーザーエクスペリエンスに悪影響を与える可能性があります。

ここでは、下記4つのリダイレクトを最適化するための方法を紹介します。

  • リダイレクトループを避ける
  • 不要なリダイレクトを削除する
  • キャッシュの効果的な利用
  • ユーザーエクスペリエンスの向上を考慮する

リダイレクトループを避ける

リダイレクトループは無限のループを引き起こし、エラーを引き起こす主要な原因の一つです。Webサイトを設計する際に、ページ間でのリダイレクトが発生しないように注意しましょう。ループが発生しないようにするには、リダイレクトのチェーンを慎重に設定し、循環するパターンを排除する必要があります。

不要なリダイレクトを削除する

Webサイトの構造やURLの変更などに伴って、一時的なリダイレクトが必要な場合があります。しかし、リダイレクトが永続的に不要になった場合は、それらを削除することが重要です。不要なリダイレクトは、パフォーマンスの低下や余分なネットワークトラフィックを引き起こす可能性があります。

キャッシュの効果的な利用

Webサーバーやブラウザのキャッシュ機能を適切に活用することで、リダイレクトの回数を減らすことができます。キャッシュによって、クライアント側やサーバー側でリソースを保持し、再度アクセスする際にリダイレクトを必要としなくなります。キャッシュの適切な設定と管理は、パフォーマンスの向上とユーザーエクスペリエンスの向上につながります。

ユーザーエクスペリエンスの向上を考慮する

リダイレクトはユーザーエクスペリエンスに影響を与える重要な要素です。ユーザーが迷惑を感じたり、ページの読み込み時間が遅くなったりしないようにするために、ユーザーエクスペリエンスを重視してリダイレクトを最適化する必要があります。

とくにモバイルデバイスでは通信速度が制限されることが多いため、リダイレクトの回数を最小限に抑えることが重要です。ページの読み込み速度を向上させるために、モバイルデバイスに特化した最適化をおこないましょう。

リダイレクト回数が多すぎます

今回は、「リダイレクト回数が多すぎます」のエラーについて解説しました。
「リダイレクト回数が多すぎます」のエラーは、特定のWebページやリソースへのアクセスにおいて、リダイレクト(ページの自動的な転送)が繰り返し行われる回数が制限を超えた場合に表示されます。
自社サイトを運営する場合は、ユーザーエクスペリエンスを意識したリダイレクトの設定をおこなうようにしましょう。

Download
サービス資料ダウンロード(無料)
弊社サービスの概要や料金、
フォロー体制などの詳細はこちらの資料でご確認いただけます。
資料ダウンロードはこちら
Contact
お問い合わせ
デジタルマーケティングについてのご相談や弊社サービスについてのご不明点・
ご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)