Powerd by ipe
テジタルマーケティングで戦略的に
ビジネスを成功させる

SEOの仕組みとは?Googleで検索順位が決まる流れや3つの対策方法

SEOの仕組みとは?Googleで検索順位が決まる流れや3つの対策方法

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で「検索エンジン最適化」を意味します。具体的にはGoogleなどの検索エンジンの検索結果に、特定のWebサイトやページをインデックス登録させたり、上位表示させるためにWebサイトやページを改善することです。 SEOを適切に行うと自社サイトのPV・CVの増加が期待できます。しかし、SEOのノウハウが乏しいと対策が曖昧になり、検索順位上位に表示されるような高品質なWebサイトやページの制作・改善は難しいです。 今回は「SEOの仕組み」に焦点を当て、その概要や検索エンジンが順位を決定する仕組み、SEOで検索順位上位を目指すために必要なこと、対策の種類などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認しましょう。

SEOの仕組みとは?

SEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)は、Webサイトを検索エンジンで上位表示させるための戦略です。検索エンジンがサイトの表示順位を決めるのには、クローリング、インデックス登録、検索順位決定の3つのステップが関係します。

SEOの目的は、特定のキーワードやフレーズに対してWebサイトの可視性を高める点です。これには、適切なキーワードの選定、コンテンツの質、ウェブサイトのユーザー体験、バックリンクの強化などが含まれます。

良質なSEO対策により、検索エンジンがサイトの順位を決定する仕組みにひっかかりやすくなり、最終的にはサイトの上位表示が狙えるのです。

Google検索エンジンで検索順位が決定するまでの仕組み

ここでは、Google検索エンジンで検索順位が決定するまでの仕組みについて3つのステップに分けて解説します。

1.クローリング

Googleではクローラーと呼ばれる検索ロボットがインターネット上のWebサイトやページを巡回し、情報を取得しています。クローラーは効率よく、ページからページへのリンクなどを辿りながら日々Webサイトを巡回しています。しかし、インターネット上には膨大な数のWebサイトやページが存在します。そのため、「低品質なWebサイトやページはクローリングするに値しない」と判断され、巡回をしてもらえない可能性があります。クローラーに正確に自社サイトを評価してもらうためにも、自社サイトのSEO対策は必須なのです。

2.インデックス登録

クローラーが巡回するだけでは、自社が制作したWebサイトやページは検索結果に表示されません。情報は整理整頓され、Googleデータベースに格納されます。この作業を「インデックス登録」と呼びます。この際注意すべき点は「既に同じコンテンツが複数存在する」「コンテンツの内容が薄い」などの理由から自社サイトやページがインデックス登録されないケースがあることです。これについての詳細は以下のページをご確認ください。

3.スコアリング

インデックス登録の完了後、ユーザーが検索するキーワードと登録された情報を照合し、検索エンジン独自のスコア付けがされた後、自社サイトやページが検索結果に表示されます。この作業を「スコアリング」、スコアリングのルールを「アルゴリズム」と呼びます。Googleの場合、アルゴリズムは日々変化し、スコアが高いページから検索順位上位に表示される仕組みになっています。

SEOとはGoogleの考え方に近づける施策でもある

検索順位が決定する仕組みを理解するには、Google検索エンジンのアルゴリズムだけでなく、Googleが掲げる理念についても理解する必要があります。

Googleが掲げる10の事実

Googleの理念を端的に表すものとして、「Googleが掲げる10の事実」という記事が公開されています。ぜひ参考にしてみてください。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

(引用|Googleが掲げる10の事実

E-E-A-T(旧E-A-T)

E-E-A-Tとは、ページの品質を高めるための評価項目を4つに総合したものです。

  • Experience:経験
  • Expertise:専門性
  • Authoritativeness:権威性
  • Trust:信頼性

2022年12月に検索品質評価ガイドラインが更新され、「E-A-T」から「E-E-A-T」になりました。このE-E-A-Tという評価基準もSEOの観点から重要なので必ず押さえておきましょう。

なおE-E-A-T(旧E-A-T)の詳細は以下の記事をご確認ください。

Googleが提示するSEOに関連するガイドライン

Googleでは「ウェブマスター向けガイドライン」というガイドラインや、「Google 品質評価ガイドライン」が公開されています。ガイドラインには、Webサイト運営における注意点や、Googleの評価基準について事例を交えて説明されています。それぞれ随時更新されているので、定期的に確認しておきましょう。

ガイドラインには絶対にやってはいけないこともある

SEO対策には、Googleのガイドラインに反するSEO技術も存在します。これらは「ブラックハットSEO」と呼ばれ、スパム的なリンク構築やキーワードの過剰使用などが含まれます。

Googleはこれらの慣行に厳しく対処しており、違反が発覚した場合にはペナルティを科して検索ランキングを下げることもあります。したがって、長期的な成功を目指すなら、ユーザーに価値を提供する質の高いコンテンツ作成と、ガイドラインに準拠した正当なSEO戦略の実施が不可欠です。

SEOで検索順位上位を目指すために必要なこと:施策の種類

ここでは、SEOで検索順位上位を目指すために必要なこととして、「SEOの施策の種類」について3つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1.内部対策

内部対策とは、Webサイトを構成するHTMLタグやテキスト、画像や、リンクなど「主にWebサイトの内部要素を最適化させる」対策です。内部対策の目的は、クローラーやユーザーが認識しやすいページを作成することにあります。

【内部対策の例】

目的 具体的な対策
①検索エンジンにコンテンツを伝える
  • タイトルに対策キーワードを含める
  • meta descriptionを記述する
  • 見出しタグで文構造を明確にする
  • 画像にaltタグを付ける
②検索エンジンの巡回を促す
  • XMLサイトマップを作成する
  • URLを正規化する
  • 内部リンクを最適化する
  • パンくずリストを設置する
  • robots.txtを設置する
  • SSLを適用する
  • 構造化データをマークアップする
③ユーザビリティを担保する
  • テキストサイズを最適化する
  • 404エラーページを設定する
  • ページの表示速度を高速化する(画像サイズの調整やファイルサイズの軽量化など)
  • モバイルファーストインデックスを意識する

2.外部対策

外部対策とは、主に外部のメディアや個人から評価してもらうための対策です。自社サイトやページURLを多くのユーザーに共有してもらうことで、多くの被リンク(※1)獲得に繋がります。

良質な被リンクの獲得には、以下の外部対策が効果的です。

  • SNSで宣伝する
  • バナー広告を出稿する
  • インフルエンサーに宣伝してもらう
  • 関連会社や顧客サイトに被リンクを設定してもらう
  • ユーザーのブログに記事を載せてもらう

※1 外部サイトから自社サイトへ向けられたリンク。数が多いほどSEO評価に良い影響を与えます。

3.コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、ユーザーの検索意図に沿った良質なコンテンツを継続的に発信し、自然検索からの集客を目指す対策です。ミドルワードやロングテールワードだけでなく、キーワードによってはビックワードにも効果的で、幅広いキーワードに対応できます。検索ユーザーの意図にマッチした記事を増やすことで、単体ページだけでなく、サイト全体のテーマ性も高まり、検索順位上位を獲得しやすくなる仕組みです。

【コンテンツSEOのポイント】

  • 対策キーワードの選定・分析
  • コンテンツの質と情報量の最適化
  • E-E-A-Tの考慮

なお株式会社ipeでは、全69項目のSEO攻略チェックリストツールを公開しています。300社のコンサルティングノウハウを基に作成された、確かなノウハウです。

ご紹介した対策以外の内容も含まれています。この機会にチェックリストをご覧になってはいかがでしょうか。

検索エンジンの仕組みを理解したSEO対策を実施し自社サイトやページの検索順位を向上させよう!

このページでは、「SEOの仕組み」に焦点を当て、その概要や検索エンジンが順位を決定する仕組み、SEOで検索順位上位を目指すために必要なこと、対策の種類などについて解説しました。

SEOを有利に進めるには、検索エンジンが検索順位を決定する仕組みを理解する必要があります。また、Googleが掲げる理念や提示するガイドラインを理解・参照することも重要です。ぜひ本記事を参考に検索エンジンに高く評価されるような高品質のWebサイト・ページ制作を検討してみてはいかがでしょうか。

なおSEOやその仕組みについてもっと詳しく知りたいという方はぜひ弊社にご相談ください。弊社はSEOやその仕組みに関してのノウハウが豊富です。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績も多数ありますので、SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

Download
サービス資料ダウンロード(無料)
弊社サービスの概要や料金、
フォロー体制などの詳細はこちらの資料でご確認いただけます。
資料ダウンロードはこちら
Contact
お問い合わせ
デジタルマーケティングについてのご相談や弊社サービスについてのご不明点・
ご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)