2021年10月07日 -

SEOにおける「外部対策」とは?概要や目的、効果、具体的な施策、内部対策との違いも解説!

自社でWebサイトを運営する際、Webマーケティングの施策の1つとしてSEOがあります。
SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンで特定のキーワードを検索した際、自社で運用するWebサイトが検索上位に表示されるようにする対策のことです。

今回はSEO対策の1つでもある「外部対策」に焦点を当て、その概要や目的、効果、具体的な施策、内部対策との違いなどをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「外部対策」とは?

「外部対策」とは、SEO対策の中でも、特にWebサイト以外の外部を対象に行う施策です。外部からの評価を高めることを目的にしており、広報的な意味合いの強い施策がメインになります。具体的にはプレスりリリースの発行やSNSでの告知、コンテンツの発信などで被リンクを獲得する施策などが当てはまります。

「外部対策」する目的とは?なぜ重要なのか?

自社の評判や評価を獲得することで、結果として検索順位が高まる可能性があります。代表的で、最も効果の高いもので言えば、被リンクの獲得です。

すると、多くのユーザーや外部サイトから自社のWebサイトが参照されるだけでなく、興味を持ってくれた方が自社サイトを宣伝してくれる可能性も高まり、多くの被リンクの獲得にも繋がります。
その結果、Googleから自社サイトに対する評価が向上し、検索順位上位のWebサイトに近づけるというわけです。
また自社サイトの閲覧者が増えると、自社のビジネスに興味を持ったユーザーがWebサイト内の商品やサービスを購入してくれる確率が高まります。

そうなれば、企業収益にもつながるため、「外部対策」はWebマーケティングにおいて非常に重要な施策と言えるのです。

「内部対策」と「外部対策」との違いは?

SEO対策の1つに「内部対策」があります。
ここでは、補足情報として「内部対策」と「外部対策」の違いについて簡単に解説します。

  内部対策 外部対策
概要 自社のWebサイト内部に施すSEO対策 自社のWebサイト以外に施すSEO対策
具体的な対策 ・クローラー対策
・インデックス対策
・ランキング対策
・被リンクの獲得
・サイテーションの獲得
・SNS運用

では、SEO対策において「内部対策」と「外部対策」のどちらがより重要なのでしょうか。
結論、近年では「内部対策」がより重要視されています。

Googleは、ユーザーの満足度を一番に考えて、検索順位を決定する傾向にあります。
つまり、Ul/UXの満足度やWebサイトのレスポンシブ化はSEOにおいて非常に重要です。

しかし、「外部対策」だけのSEO対策は不十分です。
肝心なことはユーザーが求めるWebサイトとは何かを考え、「内部対策」と「外部対策」のバランスを調整することです。

過度な「外部対策」はペナルティの対象に!?

しかし、過度な「外部対策」は、低品質な被リンクの獲得にもつながるため要注意です。

【低品質な被リンクの例】

・海外サイトからのスパムリンク
・相互リンクだけを目的とした外部Webページからのリンク
・ブログなどのコメント欄からの最適化されたリンク
・特定のキーワードを過剰に詰め込んだリンク
・共通コンテンツからの大量リンク

低品質な被リンクは、SEOにおいて検索順位の下落やペナルティにつながることがあります。
その場合は、外部からのリンク否認を検討し、調整を図りましょう。

リンク否認に関する詳細ページはこちらから

「外部対策」を最適化する具体的な施策とは?

ここでは「外部対策」を最適化する具体的な施策について解説します。

結論、「外部対策」を効果的に行うには、いかに外部から良質な被リンクを獲得し、自社サイトの閲覧者を増やすかということが肝心です。

良質な被リンクの獲得には、以下のような施策が考えられます。

・外部メディアへの寄稿
・良質なコンテンツを作成する
・インフルエンサーなどとのコラボ
・プレスリリースの発信
・SNSでの拡散
・アンケートや独自データの作成・実施
など

広報的な意味合いが強く、短期的に効果の出る施策は基本的にありません。長期的な視野を持って取り組んでいきましょう。また被リンクの購入などを目的としたリンクプログラムへの参加はペナルティなどのリスクもあるのでおすすめできません。

「外部対策」に役立つツール

外部被リンクは様々な方法で確認可能です。ここでは、外部被リンクを確認する方法をご紹介します。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)をチェック

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは、Googleが提供する無料解析ツールです。
Google Search Consoleは検索キーワードの順位やアクセス数など、コンテンツの検索順位を下げるような問題点を確認できます。

また、被リンクのURLが確認できるため、不自然なリンクと判断されたサイトの所有者にリンク削除の依頼することが可能です。
問い合わせ先が無い場合は、リンク否認ツールを使用して対象ドメインまたはURLを否認することもできます。

【公式サイト|Google Search Console

Ahrefs

Ahrefsは、被リンクの調査ツールとして知名度のある外部対策ツールです。
主に自社のWebサイトや競合サイトの獲得被リンク数を閲覧する際に役立ちます。

また獲得被リンク数だけでなく、ドメインやアンカーテキストなど、Webサイトの対外的な指標を定量化することも可能です。

【公式サイト|Ahrefs

Link Explorer

Link Explorerは、Moz社が提供するWebサイトのドメイン情報を調査できる無料ツールです。

Link Explorerに調査したいWebサイトのドメイン情報を入力するだけで、Moz社独自の指標である「PA (Page Authority)」、「DA (Domain Authority)」のデータを確認できます。
(※Googleではドメインの権威性が公開されていませんが、Mozでは独自の評価方法で指標化している)

【公式サイト|Link Explorer

「外部対策」を心がけ、自社サイトの検索順位を上げよう!

このページでは、SEO対策の1つでもある「外部対策」に焦点を当て、その概要や目的、効果、具体的な施策、内部対策との違いなどについて解説しました。

「外部対策」では、いかに良質な被リンクを獲得するかが勝負です。
しかし過度な「外部対策」はペナルティの対象になることもあるため注意が必要です。

皆さんも「外部対策」を行い、自社のWebサイトで検索順位上位を目指しましょう。

もし「外部対策」やSEOに関して何か気になることがあれば、いつでも株式会社ipe(アイプ)へご相談ください。
お悩みに合わせて、SEOに関する最適解をご提示いたします。