2021年10月27日 -

オーガニック検索とは|メリットから自然検索上での検索結果を上げる方法まで解説

オーガニック検索とは、Googleなどの検索エンジンで検索して表示された結果のうち、広告などを除いた検索結果のことで、自然検索とも言います。
Webサイトへの訪問者を増やしたいならば、オーガニック検索での結果で上位表示されることが重要です。ここではオーガニック検索のメリットと、検索結果で上位表示されるための方法を解説します。

オーガニック検索とは

オーガニック検索とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使用してインターネット検索したときに表示される結果のうち、広告やマップなどを除いた結果のことです。オーガニック検索の結果は、検索エンジンのアルゴリズムによって、ユーザーが求めている情報であると評価された順に表示されます。

リスティング広告との違い

リスティング広告とは、検索結果に表示されるWebサイトのうち、「広告」という表示がされているもので、検索連動型広告やPPC(Pay Per Click)とも呼ばれています。
リスティング広告とオーガニック検索との違いは、Googleなどの検索エンジンに広告料を支払って掲載されている点です。例えばGoogleの場合は、「Google広告」という部門が広告業務を行っており、アカウント登録することにより広告の掲示などが可能になります。オーガニック検索はリスティング広告のような料金は発生しないので、Webサイトを公開すれば自然に検索結果に表示されます。

オーガニック検索のメリット

オーガニック検索で上位表示されるようSEO対策すると、おもに下記のような3つのメリットがあります。Webマーケティングにおいていずれも大きなメリットであり、理由も併せて解説します。

広告費を削減できる

オーガニック検索に絞って上位表示の対策を行えば、広告費を支払わずに上位表示できる可能性があるので、結果的に広告費が削減できます。
コンテンツが充実しているWebサイトならば、基本的なSEO対策を行えばオーガニック検索での上位表示も決して難しくありません。
日頃から地道なSEO対策を行うとともに、コンテンツの充実を目指し続ければ、広告費をかけずに上位表示を目指せるでしょう。

サイトへの訪問者数が増加する

オーガニック検索で上位表示されれば、インターネット閲覧者の目に留まる確率が上がり、Webサイトへの訪問者数の増加が見込めます。企業のWebサイトであれば、訪問者数が増加することで自社の商品に興味を持ってもらえたり、その企業が持つ強みや、行っている取り組みなどのアピールにもつながります。
ECサイトのように直接商品を販売するWebサイトならば、商品を見てもらうことによって、問い合わせが増えたり、お気に入りに登録される可能性も。

いずれの場合においても利益につながる可能性が高まることから、サイトの訪問者数が増加するメリットは大きいのです。

ブランディングを強化できる

オーガニック検索で上位表示されることは、そのWebサイトの信頼性の証明であり、ブランディングの強化にもつながります。
特に、Googleはユーザー第一主義を掲げており、ユーザーの役に立つコンテンツを持つと判断したWebサイトから順に上位表示するよう運営しています。
以前はGoogleが上位表示する基準を悪用したWebサイトもありましたが、検索アルゴリズムのアップデートにより、現在は悪質なSEO対策が施されたWebサイトを上位表示することはなくなりました。
検索結果の上位表示はユーザーから評価を得ているということになることから、検索順位の向上はブランディング強化になると言えます。

オーガニック検索表示順位の決まり方

オーガニック検索の表示順位には決まり方があります。ここでは、Googleを例としながらオーガニック検索順位の決まり方について解説します。検索順位の決まり方を確認し、オーガニック検索の対策に活かしましょう。

検索エンジンによるスコアリング

Googleによって高いスコアリングを受けることは、上位表示されるために重要です。
Googleは健全な運営のために、インターネット上に表示されているWebサイトの数々を「クローラ」と呼ばれるロボットで常に巡回しています。
クローラは、巡回したWebサイトからさまざまなデータを取り、データベースに保管しますが、これを「インデックスする」と呼んでいます。
インデックスされたデータをもとに、ユーザーにとって役に立つかどうかを判定するためにWebサイトをスコアリングします。

ユーザーに役立つページが上位表示される

上位表示されるのは、Googleによってユーザーに役立つと判定されたWebサイトです。
前述したように、Googleはユーザー第一主義を掲げて検索エンジンを運営しています。
その理念は「Googleが掲げる10の事実」として公開されており、Googleはユーザーのためになる検索結果を提供することに力を入れています。ユーザーにとって分かりやすく充実したコンテンツであるかどうかが判断され、数あるWebサイトの中から適したサイトが上位表示されるのです。

オーガニック検索での順位を上げるにはどうしたらいい?

オーガニック検索での順位を上げるには、検索するユーザー数を増加させる必要があります。それには内部施策と外部施策それぞれのSEO対策があり、さらにコンテンツマーケティングによる方法もあります。

SEO内部施策を充実させる

SEOの内部施策とは、検索エンジンに自分のWebサイトを正しく認識してもらうことを目的とした施策です。
具体的には、以下のような施策があります。

・メタディスクリプションの最適化
・タイトルと見出しの最適化
・コンテンツの充実させることもユーザーに役立つので評価されることに。
・表示速度の向上
・画像のalt属性を適正化

SEO外部施策を充実させる

SEOの外部施策とは、外部のWebサイトからの被リンクによってサイトの評価を上げる施策です。被リンクは、ただ数が多ければ良いのではなく、質の良い被リンクをたくさん受けていることが重要。
自分のWebサイトと関連性が高く、ユーザーが自然にリンクしてくれる良質なものを、ナチュラルリンクと呼びます。ナチュラルリンクは自分で増やすことはできないので、コンテンツを充実させることが、結果的にナチュラルリンクの獲得と、高評価につながります。

コンテンツマーケティングを行う

コンテンツマーケティングとは、SEOの内部施策として行われる手法の1つです。
具体的には、ユーザーが求めている情報を提供できるようにコンテンツを充実させたり、キーワード選定の適正化を行います。
コンテンツマーケティングを行うことは、内部施策となることはもちろん、コンテンツが充実することにより被リンクの増加も期待できます。

Googleアナリティクスでオーガニック検索の流入を確認する方法

Step.1 集客をクリック
Step.2 すべてのトラフィックタグを開く
Step.3 チャネルからオーガニック検索流入を確認

もしも現状のオーガニック検索の流入が知りたい場合は、上記の手順を踏んで確認しましょう。[集客]をクリックし、[すべてのトラフィック]のタグを開きます。その中の[チャネル]を選択すればオーガニック検索流入を確認することができます。

オーガニック検索における上位表示化にはSEO対策が不可欠です!

オーガニック検索で上位表示されることはさまざまなメリットがあり、適切なSEO対策を施すことによって上位表示を目指せます。
上位表示されるには、その仕組みを理解し、SEOの内部施策と外部施策をともに行うことが不可欠です。
株式会社ipeでは内部施策やコンテンツマーケティングなど、SEO対策を一気通貫でおまかせいただけます。貴社サイトを無料で分析するサービスも実施中ですので、お気軽にご相談ください。