重複コンテンツとは?概要や避けるべき理由、調査方法、要因、対処法なども解説!

重複コンテンツとは?概要や避けるべき理由、調査方法、要因、対処法なども解説!

「重複コンテンツ」とは、Webサイト内外問わず、複数のドメイン(URLやページ)において酷似したコンテンツが見られる状態のことです。別名、コピーコンテンツとも呼ばれています。

今回は「重複コンテンツ」に焦点を当て、その概要や避けるべき理由、調査方法、要因、対処法などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「重複コンテンツ」とは?

「重複コンテンツ」とは、Webサイト内外問わず、複数のドメイン(URLやページ)において酷似したコンテンツが見られる状態のことです。別名、コピーコンテンツとも呼ばれています。

近年、検索エンジンのランキング操作を意識したWebコンテンツの複製が問題視されています。

部分的に参考にする程度の複製は問題ありませんが、検索結果に似通ったコンテンツが複数存在していると、ユーザーの不信感やUXの低下につながり、最悪の場合、Googleからペナルティを受けることもあります。

「重複コンテンツ」はなぜ避けるべきなのか?

Googleは、固有かつ独自性の高いコンテンツ(競合サイトにはない独自情報が掲載されたコンテンツ)が掲載されたWebページを検索順位上位にする傾向があります。

しかし、自社のWebページにて「重複コンテンツ」の存在をGoogleクローラーが認識した場合、Googleは該当するWebサイトやページの検索順位を大幅に下げたり、Webサイトやページ自体をGoogleデータベースから完全削除したりします。

これは、UXの向上を目的としたGoogleの方針・配慮なのですが、せっかく時間をかけて制作したWebサイトやページがGoogleデータベースから完全削除されることは絶対に避けたいはずです。

そのためにも、「重複コンテンツ」は絶対に避けなければなりません。

しかし、大規模なWebサイトを運営していると、コンテンツの全てをオリジナリティある文章にするには限界があります。
どうしても似通ったコンテンツになりそうな場合は、コピーチェックツールを活用し、「重複コンテンツ」に該当しないよう調整する必要があります。

「重複コンテンツ」を調べる方法

「重複コンテンツ」を効率よく調べる方法として、コピーチェックツールが有効です。

コピーチェックツールとは、競合Webサイトからコピーされた箇所を抽出・分析できるツールです。
コンテンツの一部分だけではなく、記事全体を全てチェックできるツールもあり、記事公開前の「重複コンテンツ」チェックに役立ちます。

【おすすめのコピーチェックツール】

「重複コンテンツ」がGoogleペナルティになる場合

「重複コンテンツ」がGoogleペナルティになるケースとして、Googleガイドラインへの違反が考えられます。

以下では、Googleガイドライン違反の例をいくつかご紹介します。

①無断複製されたコンテンツがある場合

無断複製されたコンテンツの例としては、以下のようなものが挙げられます。

・他のサイトのコンテンツをコピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなく転載しているサイト
・他のサイトのコンテンツをコピーし、(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)若干の修正を加えた上で転載しているサイト
・なんらかの独自の体系付けやユーザーへの利便性を提供することなく他のサイトからのコンテンツ フィードをそのまま掲載しているサイト
・ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだだけのサイト

(引用:無断複製されたコンテンツ – Search Console ヘルプ)

上記のケースでは、UXを明らかに損ねる行為と判断され、品質ガイドラインに違反するとしてGoogleペナルティの対象となります。

②重複コンテンツに該当するケース

・通常ページと携帯デバイス用の簡易ページの両方を生成するディスカッション フォーラム
・複数の異なるURLで表示またはリンクされる商品ページ
・ウェブページの印刷用バージョン

(引用:重複するコンテンツ – Search Console ヘルプ)

上記のケースでは、品質ガイドラインに明らかに違反するわけではありませんが、UX低下を招く要因になりえるため、Googleペナルティの対象となります。

「重複コンテンツ」の要因

ここでは、「重複コンテンツ」の要因について解説します。

特に新しくページを追加する場合や他サイトへコンテンツを提供する場合は、無意識に「重複コンテンツ」にならないよう注意が必要です。

【重複コンテンツの要因】

・外部コンテンツをコピーして使用した場合
・一覧と詳細ページの内容が重複している場合
・同一コンテンツにもかかわらず、パソコン用とモバイル用のURLが異なる場合
・URLが正規化されていない場合
・自動的にURLが生成されてしまった場合(動的ページ)
・定型文が繰り返されている場合
・シンジケーションが乱用されている場合

「重複コンテンツ」の対処法

ここでは、「重複コンテンツ」の対処法について解説します。
先ほどの7要因の対処法になっているため、ぜひ参考にしてみてください。

要因 対処法
外部コンテンツをコピーして使用した場合 類似コンテンツを減らす
一覧と詳細ページの内容が重複している場合 重複箇所を分析し、独自コンテンツに編集する
同一コンテンツにもかかわらず、パソコン用とモバイル用でURLが異なる場合 URLの正規化を行う
URLが正規化されていない場合 URL正規化をするために、301リダイレクトやcanonical・alternateタグの設置を心がける
自動的にURLが生成されてしまった場合(動的ページ) canonicalによる正規化やURLパラメータ設定をする
定型文が繰り返されている場合 定型文の繰り返しを少なくし、独自コンテンツに仕上げる
シンジケーションが乱用されている場合 提供先のWebサイトやページが正規としてインデックスされないよう、noindexメタタグでブロックするよう依頼する

「重複コンテンツ」を避けたSEO対策を心がけよう!

このページでは、「重複コンテンツ」に焦点を当て、その概要や避けるべき理由、調査方法、要因、対処法などについて解説しました。

大規模なWebサイトを運営すると、意図的でなくとも、「重複コンテンツ」は自然と発生する場合があります。重複内容によっては無視できないケースも多いです。

「重複コンテンツ」を放置し続けると、Webサイトやページの品質が落ちるだけでなく、Google検索順位の大幅な下落、最悪の場合、Googleデータベースからの完全削除対象にされる可能性もあります。

Webサイトを運営する際は、「重複コンテンツ」を避け、独自性の高いオリジナルサイトの制作を心掛けましょう。

「重複コンテンツ」や「SEO」でお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6265-6008 9:00~18:00(平日)