2021年10月26日 -

「503エラー(Service Temporarily Unavailable)」とは?概要や発生原因、対処方法、混同しやすいHTTPレスポンスステータスコードなども解説!

「503エラー」とは、「Service Temporarily Unavailable」とも呼ばれ、訪問者の閲覧制限を表すHTTPレスポンスステータスコードです。今回は「503エラー」に焦点を当て、その概要や発生原因、対処方法、混同しやすいHTTPレスポンスステータスコードなどをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「503エラー」とは?

「503エラー」とは、「Service Temporarily Unavailable」とも呼ばれ、訪問者の閲覧制限を表すHHTTPレスポンスステータスコードです。

例えば、あるアーティストのライブチケット一般販売当日、チケット販売ページにユーザーアクセスが集中し、サーバーダウンする恐れがあるため、閲覧人数を制限するために「503エラー」が出されることがあります。

HTTPレスポンスステータスコードとは、ユーザーリクエストにたいして、Webサーバーからのレスポンス結果を表す3桁の数字コードです。
HTTPレスポンスステータスコードは、100番台〜500番台まであり、数字ごとに示す意味は異なります。

特に、500番台のHTTPレスポンスステータスコードは、「サーバーエラー」と呼ばれており、サーバーがブラウザからのリクエスト処理に失敗した状態を表すエラーコードです。

なお、HTTPレスポンスステータスコードはHTTP/1.1の仕様にて決められています。
気になる方はぜひ読んでみてください。

「503エラー」の発生原因

もし、デバイス画面に「503エラー」が表示された場合は、以下の原因を考えてみましょう。

・Webサイトやページへのアクセス数が増えすぎた(サーバーへの過負荷)
・データ転送量がWebサイトやページの上限を超えた
・サーバーのスペック的に同時接続数を処理しきれていない
・共用サーバーにて、他の利用者のWebサイトがサーバーに負担をかけすぎている

「503エラー」の対処方法

ここでは、「503エラー」の対処方法について4点解説します。

アクセス集中の改善を待つ

「503エラー」が発生した際は、アクセス集中の改善を待ちましょう。

ネットニュース・SNSなどによる話題性が原因で、一時的にWebサイトやページのアクセス数が急増し、「503エラー」が表示されることがあります。

通常時、問題なく使用できるWebサイトやページで「503エラー」が表示された場合はアクセス集中が収まるのを待ちましょう。

サーバープランやWebサーバー自体を変更する

「503エラー」が発生した際は、サーバープランやWebサーバー自体の変更を検討しましょう。

サーバープランやWebサーバーを変更する際は、エラーの原因を特定し、それに準じた対策方法を試みましょう。

原因 対策方法
データ転送量がWebサイトやページの上限を超えた ・サーバープランを変更し、転送量の上限を上げる
・転送量の上限が高いサーバーに換える
サーバーのスペック的に同時接続数を処理しきれていない ・スペックが良いサーバーに換える
共用サーバーを使用した際、複数の利用者がサーバーに負担をかけすぎている ・サーバー会社の対応を待つ
・スペックが良いサーバーに移行する

上記が原因で「503エラー」が発生した場合、仮に今回解決できたとしても、サーバーの利用状況から今後も日常的に「503エラー」が発生する可能性が高いです。

この機会に、Webサーバーやサーバープランを変更し、快適な作業環境を検討してみてください。

Webページをキャッシュする

「503エラー」が発生した際は、Webページのキャッシュを検討しましょう。

キャッシュとは、ブラウザが一度表示したページデータを保存することで、次回同じページを表示する際、素早く表示してくれる仕組みのことです。

WordPressなど「ページにアクセスするため、データベースへのアクセスが発生する」CMSシステムを利用している場合、データベースへの過負荷が原因で「503エラー」が起きる場合があります。

Webページをキャッシュしておけば、データベースの負担が軽くなり、「503エラー」を改善できる可能性があります。

ページキャッシュは、レンタルサーバー側の機能やWordpressの場合は、プラグインの使用が一般的です。

【ページキャッシュ方法】

・レンタルサーバーのキャッシュ機能
『サーバーキャッシュ設定 – XSERVER』

・WordPressのキャッシュプラグイン
『WP Fastest Cache』
『WP Super Cache』

HTML/CSS/JavaScriptを圧縮する

「503エラー」が発生した際は、HTML/CSS/JavaScriptを圧縮して改善を図りましょう。

ページデータを圧縮することで、サーバーへのデータ転送量が減り、「503エラー」を解決できる可能性があります。

HTML/CSS/JavaScriptを圧縮をする際は、無駄なソースコードを削除することで軽量化しましょう。

『Online JavaScript/CSS/HTML Compressor』などの圧縮ツールを活用すると、簡単に圧縮することができます。

「503エラー」と混同しやすいHTTPレスポンスステータスコード

ここでは、「503エラー」と混同しやすいHTTPレスポンスステータスコードについていくつか解説します。

ちなみに500番台は2021年11月現在で、10種類あります。
以下に、よくみられるHTTPレスポンスステータスコードについてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

エラー名 詳細
100番台 情報レスポンス
200番台 成功レスポンス
300番台 リダイレクションメッセージ
400番台 クライアントエラー
500(internal server error) サーバー内部にエラーが発生した場合に表示されるエラーコード
501(Not Implemented) 未実装のメソッドを使用した場合に表示されるエラーコード
502(Bad Gateway) リクエスト処理に必要なレスポンスを受け取るゲートウェイとして動作するサーバーが無効なレスポンスを受け取った場合に表示されるエラーコード
503(Service Unavailable) サーバーはリクエストを処理する準備ができていない場合に表示されるエラーコード
504(Gateway Timeout) ゲートウェイとして動作するサーバーが時間内にレスポンスを受けられなかった場合に表示されるエラーコード
500511(Network Authentication Required) クライアントがネットワークでアクセスするために認証が必要な場合に表示されるエラーコード

HTTPレスポンスステータスコードには、他にも多数の種類があるため、気になる方は以下の公式サイトを参照してみてください。

【公式ページ|HTTPレスポンスステータスコード

「503エラー」は適切な対処で改善しよう!

このページでは、「503エラー」に焦点を当て、その概要や発生原因、対処方法、混同しやすいHTTPレスポンスステータスコードなどについて解説しました。

Webサイトに「503エラー」が発生しているとユーザーがページを閲覧できなかったり、SNSでページをシェアできなかったりとデメリットが多いです。

このような状態が続くとWeb集客に大きな影響をきたすため、「503エラー」は可能な限り、改善・対策する必要があります。

もし、「503エラー」が発生した際は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。