Powerd by ipe
テジタルマーケティングで戦略的に
ビジネスを成功させる

VUCAとは?時代に適応するために企業がすべきことや組織づくりのポイント、必要になる人材像なども解説!

VUCAとは?時代に適応するために企業がすべきことや組織づくりのポイント、必要になる人材像なども解説!

VUCA(Volatility・Uncertainty・Complexity・Ambiguity)とは、物事の不確実性が高く、将来の予測が困難な状態を示す造語です。

今回は「VUCA」に焦点を当て、その概要やVUCA時代に企業がすべきこと、時代に適応する組織づくりのポイント、必要な人材像、役立つフレームワークなどをご紹介します。気になるポイントを一挙確認しましょう。

VUCAとは?

VUCA(Volatility・Uncertainty・Complexity・Ambiguity)とは、物事の不確実性が高く、将来の予測が困難な状態を示す造語です。

近年、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行や突発的な自然災害、ITの進化による産業構造の変化などが影響し、世界は急速に変化し続けています。急速に変化する時代・環境に臨機応変に対応できるか否かが、今後の企業にとって重要な課題になっているのです。

Volatility:変動性

変動性とは、環境が急速に変化し、不安定で予測が難しい状況を指します。

【例】

  • ITの急速な進化による業界・市場の変化
  • 財務市場の急激な変動や価格の上下
  • 自然災害によるビジネスへの影響

Uncertainty:不確実性

不確実性とは、将来の状況や出来事が不確実で、予測が困難な状態を指します。

【例】

  • 政治の不安定性や予測不能な政策変更
  • 競合他社や市場の動向
  • 技術の進化による未来の市場の方向性

Complexity:複雑性

複雑性とは、さまざまな問題が多様で相互に関連し合い、理解や分析が困難な状況を指します。

【例】

  • グローバルなサプライチェーンの管理
  • 複雑な法的規制や規制環境
  • 多様な文化や価値観を持つチームのリーダーシップ

Ambiguity:曖昧性

曖昧性とは、情報や状況が不透明で、異なる解釈が複数存在することを指します。

【例】

  • 情報の不足や解釈の余地がある市場トレンド
  • 組織内の目標や方針に対する理解のズレ
  • プロジェクトの目的が不明確

VUCA時代で企業がすべきこと

VUCA時代で企業が成功するには戦略的なアプローチを取ることが重要です。ここでは、VUCA時代で企業がすべきことについて3点解説します。

1.組織全体の目標や方針を明確化する

VUCA時代では、具体的な目標を設定し、何をすべきかを組織全体で明確化・共有する必要があります。目指すべき目標に向けて、さまざまな変化に対応できる柔軟な組織構造を確立したり、変化に適応するためのプロセスやシステムを実装したりなどの改革が必要です。

2.従業員のスキルと能力を向上させる

VUCA時代に対応できるような従業員の育成も重要です。継続的なトレーニングやスキルの向上を通じて、従業員を臨機応変に対応できるよう育成したり、チームビルディングとコラボレーションの強化を図ったりしましょう。またリモートワークやフレックス制の活用を促進し、誰もが働きやすい環境を整えることも重要です。

3.戦略的なパートナーシップを構築する

予測不可能な状況に対応するには、外部の専門知識やリソースを利用して、急速な変化に対応するためのパートナーシップの構築が重要です。産業連携や戦略的提携を通じて、市場の変動に臨機応変に対応する必要があります。

VUCA時代に適応する組織づくりのポイント

ここでは、VUCA時代に適応する組織づくりのポイントについて4点解説します。

1.組織情報を公開する

企業や組織に無関心な人達からの支援は期待できません。心理的距離を縮めて、さまざまな人に協力してもらうには、できる限り組織情報を公開して、信頼を得る必要があります。

2.上司と従業員の相互理解

上司と従業員のコミュニケーションは仕事を進める上でとても大切です。食事会やミーティングなどを設けて、対話による相互理解を意識した環境づくりを進めましょう。

3.従業員の自立性を伸ばす

従業員の自立性を伸ばすことも大切です。業務遂行にはどのような行動が必要か、どのような評価基準で評価されるかを明確にすることで、従業員のモチベーションにつながり、自立性の高い人材へと成長するでしょう。

4.キャリア形成支援を行う

チームとしての積極性を伸ばすには、困難を成長の機会と捉えられるような社風づくりが大切です。キャリアパスを明確化したり、専門家によるキャリア支援を行ったりなど、足りないスキルを身につける機会を設けるとよいでしょう。

VUCA時代に必要な人材像

弊社が考えるVUCA時代に求められる人材像は、主に以下のような人です。参考程度におさえておきましょう。

  • 柔軟性と適応力がある人
  • 学習意欲と向上心がある人
  • 創造性とイノベーションに積極的な人
  • デジタルリテラシーがある人
  • コミュニケーションスキルがある人
  • リーダーシップがある人
  • チームで協力し合える人
  • 異文化に理解がある人

VUCA時代に役立つフレームワーク:OODAループ

ここでは、VUCA時代に役立つフレームワークとして「OODA」について簡単に解説します。

OODAとは、「Observe(観察)、Orient(方向づけ)、Decide(決定)、Act(行動)」の4フェーズからなるサイクルで、戦略的な意思決定と行動を効果的に行うための概念です。

OODAループは、状況が変動する中で迅速に適応し、競合よりも早く的確な行動をとるための手法として注目されています。ビジネスやリーダーシップの領域で適用され、変化の激しい時代で自社の優位性を確立するために重宝されています。

項目 概要
Observe(観察) 現在の状況や環境を注視し、情報を収集
Orient(方向づけ) 収集した情報を理解し、自らや組織の位置を把握
Decide(決定) 方向づけた情報をもとに戦略や行動計画を立案・決定
Act(行動) 決定した戦略や計画に基づいて実際に行動

VUCA時代では、企業の迅速な意思決定と適切なマネジメントによる組織作りが鍵となる!

このページでは、「VUCA」に焦点を当て、その概要やVUCA時代に企業がすべきこと、時代に適応する組織づくりのポイント、必要な人材像、役立つフレームワークなどについて解説しました。

現代社会や経済は、予測がとても困難な状況です。VUCA時代においては、企業の迅速な意思決定と時代に適応できる人材のマネジメント・育成が鍵となるでしょう。これから先の未来に向けて、今から何らかの対策を始めてみてはいかがでしょうか。

また、株式企業ipeではSEOでの大手クライアント実績も多数ありますので、SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

Download
サービス資料ダウンロード(無料)
弊社サービスの概要や料金、
フォロー体制などの詳細はこちらの資料でご確認いただけます。
資料ダウンロードはこちら
Contact
お問い合わせ
デジタルマーケティングについてのご相談や弊社サービスについてのご不明点・
ご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)