Powerd by ipe
テジタルマーケティングで戦略的に
ビジネスを成功させる

SEO効果があるリライトとは?初心者向けにやり方や手順を解説!

SEO効果があるリライトとは?初心者向けにやり方や手順を解説!
DeepEditor

「SEO効果があるリライト方法を知りたい」Web担当者の方で、そのようなお悩みを抱えていませんか?検索エンジンのアルゴリズムは日々変化し続けているために、自社の記事を最新のものにするためにリライトはやり続けなければなりません。この記事では、SEO効果があるリライト方法を知りたい担当者向けに、リライトの必要性、リライトページの選び方、リライト方法を解説します。この記事を読めば、SEO効果が期待できるリライト方法を知ることができるでしょう。ぜひ、リライトでお悩みの担当者様は、ぜひ参考にしてください。

SEOにおけるリライトとは?

SEOにおけるリライトとは、既存のコンテンツを、よりユーザーに価値のあるものに更新し、検索エンジン上のランキングを上げるための手法です。
リライトの主な目的は、ユーザーに対して、より正確で魅力的な情報を提供すること。単に単語の置換だけでなく、文章構成や情報の追加・削除、見出しの修正など、より全体的な改善をしなければなりません。
さらにリライトには、キーワードの選定や内部リンクの設置、画像の編集など、さまざまな工程が含まれます。
リライトによって、コンテンツの鮮度や品質を向上させれば、検索エンジンに高く評価されるでしょう。また、同じトピックに関する複数の記事を持つ場合には、重複コンテンツの解消も見込めます。
記事をリライトする場合は、「ユーザーが求める情報になっているのか」「ユーザーが読みやすい文章になっているか」など、ユーザー目線を意識したリライトをするようにしましょう。

SEOライティングとの違い

SEOライティングは新規にコンテンツを作成する際に、SEOを意識して文章を書く手法です。キーワードの選定から見出し構成、文章表現に至るまで、検索エンジンに最適化された形でコンテンツを制作します。一方、SEOリライトは既存のコンテンツを改善する方法であり、両者は異なるアプローチといえます。

SEO対策でリライトの必要性

検索アルゴリズムは常に変化し続けているため

検索アルゴリズムが常に変化し続けているため、SEO対策でリライトは必要不可欠です。
検索エンジンは、常に最適な検索結果を提供するために、アルゴリズムをアップデートしています。
過去に検索エンジンで上位にランクされていたコンテンツでも、今後は上位にランクされなくなる可能性もあるでしょう。
適切なSEO対策を行うためには、常に最新の情報を把握し、コンテンツの鮮度や品質を向上させなければなりません。
検索エンジンのアルゴリズム変化に合わせて、コンテンツをアップデートし続けることが、SEO対策においては必要不可欠な戦略の1つとなります。

記事のフレッシュネスを保つため

SEO対策では、コンテンツのフレッシュネスを保つことが必要なため、リライトは必須です。
検索エンジンは、最新の情報を提供することが求められており、フレッシュなコンテンツに優先的にランキングを付ける傾向があります。そのため、過去に作成されたコンテンツでも、リライトによって更新されたものは、フレッシュネスの観点から優位になります。
とくにニュースやトレンドなど、時代や季節感に関連するトピックについては、フレッシュなコンテンツがより重要です。
検索エンジンは、コンテンツの更新頻度や更新内容を常に監視しており、フレッシュなコンテンツの提供によって、ユーザーのニーズに合わせた最適な検索結果を提供できるでしょう。
リライトによってコンテンツのフレッシュネスを保ち、検索エンジンでのランキングを改善することが、SEO対策においては非常に重要な戦略といえます。

リライトの具体的な効果

ここでは、リライトの具体的な効果・メリットについて3点ご紹介します。

1.SEO効果が期待できる

SEOを意識したリライトをすることで検索順位やPVの向上が期待できます。また、自社サイトへの流入が増えれば、CV数の増加や売上の向上にもつながるでしょう。

2.記事の鮮度を保てる

記事の内容と更新日時を最新にすることで、記事の鮮度をユーザーにアピールできます。定期的に更新されているWebサイトだとユーザーに認識してもらえれば、自然とWebサイトへのファンが増え、PVやCVの向上が期待できます。また、更新頻度の高さは検索エンジンからの評価向上にもつながります。

3.重複コンテンツによるペナルティを防止できる

新しい記事を作成した際、自社サイト内に似たような記事や重複コンテンツが複数あると、Googleペナルティの対象になり、自社サイトや各記事の検索順位が大幅に下落する可能性があります。定期的に自社サイト内の記事を確認し、気になる記事のリライトをすることで、重複コンテンツの防止につながります。

リライトすべきページの選び方

リライトすべきページの選び方は下記のとおりです。

  • 検索順位が低い水準で停滞している記事
  • クリック率が低い記事
  • 情報が古い記事
  • 急激に検索順位が上がった記事

検索順位が低い水準で停滞している記事

検索順位が低い水準で停滞している記事をリライトすることによって、検索順位の上昇が期待できます。
検索順位が低い水準で停滞している記事は、検索エンジンがその記事を十分に評価できていない可能性があります。これは、記事の品質が低い、競合が激しいなど改善の余地がある記事の可能性が高いです。
記事の品質が低い場合、読者にとって価値がないと判断され、検索順位を下げる可能性があります。競合が激しい場合、他のWebサイトが同じキーワードに関するコンテンツを提供しているため、競合相手より優れたコンテンツを提供しなければなりません。
検索順位が低い水準で停滞している記事をリライトすることで、より良い品質のコンテンツを提供し、検索エンジンがそれを正当に評価することが期待できるでしょう。
1ページ目に表示されていない記事を目安に、リライトすることをおすすめします。

クリック率が低い記事

クリック率が低い記事は、タイトルやメタディスクリプションの説明を改善することで、クリック率の上昇が期待できます。
クリック率が低い記事の理由は、ユーザーが記事に魅力を感じていないためです。これは、記事のタイトルやメタディスクリプションの説明が適切でない可能性があります。
まず、ユーザーは記事をクリックする前に、その記事は自身が探している情報を提供しているかどうかを判断するために、タイトルやメタディスクリプションの説明を読みます。記事のタイトルやメタディスクリプションの説明で自身が探している情報がないと判断されれば、ユーザーは記事をクリックせずに別のページに移動してしまうでしょう。
タイトルやメタディスクリプションの説明を、ユーザーが興味を持つような表現をすることが重要です。
クリック率が改善することによって、検索エンジンからユーザーにとって価値のある記事と評価され、検索順位の向上が期待できるでしょう。

情報が古い記事

情報が古い記事をリライトすることによって、SEOにも有効的です。
情報が古い記事を残しておくと、ユーザーが必要とする情報を提供することができなくなる可能性があり、ユーザーからの信頼を失いかねません。
また、古い情報を提供しているWebサイトは、検索エンジンの評価が下がる可能性があります。さらに競合他社のWebサイトが最新の情報を提供している場合、検索結果の上位に表示させることは難しいでしょう。
Webサイトのページをリライトする場合は、情報が古い記事に注目をしましょう。新しい視点や情報を加えることで、ユーザーの信頼性を向上させ、検索エンジンの評価を上げることができます。
とくに、フレッシュネスの記事が重要視されている時事ネタは、定期的にリライトするようにしましょう。

急激に検索順位が上がった記事

急激に検索順位が上がった記事をリライトした場合、さらに順位の上昇が見込めるでしょう。
急激に検索順位が上がった記事は、検索エンジンからの評価が高いと認識されています。より多くのユーザーにアピールするために、コンテンツの改善やタイトルの変更などをおこなうことで、さらなる検索上位が期待できます。
ただし、せっかく検索上位に表示されても、リライトによって検索順位が下がる可能性もあるので慎重におこなうようにしましょう。

リライトの主な手順

ここではリライトをする際の主な手順について簡単に解説します。

1.リライトをする記事を選定する

始めに、先ほど解説した「リライトすべき記事やコンテンツの選び方」を参考にして、自社サイト内にある記事からリライトすべき記事を選定しましょう。

2.競合記事を分析する

ライバルサイトの上位表示ページを隅々まで分析することが重要です。タイトルタグやメタディスクリプション、見出し構成など、SEOの要となる部分がどのように最適化されているかチェックしましょう。また、コンテンツ内容や文章表現の特徴も把握し、自社サイトとの差別化ポイントを探ります。

3.サジェストキーワードを調査する

次にサジェストキーワードに着目しましょう。サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力したときに自動で表示される検索候補のことです。本来、検索順位を向上させたいキーワードに掲載しておいた方が良いニッチな情報が含まれていることがあるので、情報の網羅性を高めることができます。情報の網羅性や独自性の高いコンテンツは、Google検索エンジンから高く評価される傾向にあるので、意識したいポイントです。

4.共起語を含ませたコンテンツにする

記事のコンテンツにはできるだけ共起語を含めましょう。共起語とは、あるキーワードと同時に使われやすい語句です。Google検索エンジンは、文中によく出現するキーワードや同時に使われる語句を分析して記事の内容を大まかに把握しています。共起語は「このコンテンツは何について書かれたものか」を検索エンジンが判断する手がかりとして活用できるのです。

5.適切な見出し構成の作成

見出しはコンテンツの骨格を成すもの。キーワードを含むタイトルタグとH1タグを設定した上で、読者の興味を引くH2・H3タグを適切に配置しましょう。見出しは記事の内容を端的に表し、検索ユーザーのクリック意欲を高めるものでなければなりません。

6.メタタグの最適化

タイトルタグに続き、メタディスクリプションの最適化も欠かせません。記事の概要を簡潔にまとめつつ、ターゲットキーワードを自然に盛り込むことが肝要です。また、メタキーワードにも主要なキーワードを漏れなく含めましょう。これらのメタタグ最適化により、検索結果での表示が改善され、クリック率の向上が期待できます。

7.URLは変更せずに公開日を更新する

記事のリライトをする際は、公開日の更新も忘れないようにしましょう。この際、記事のURLを変更してはいけません。理由は、URLを変更してしまうと、新規の記事として扱われてしまい、元記事の評価が引き継がれないからです。

また公開日を更新するだけのリライトも避けましょう。Google検索エンジンは、日付だけでなく、コンテンツの変更量も分析しています。公開日の更新だけのリライトは最悪の場合、Googleペナルティの対象になる可能性もあるので注意が必要です。

SEOリライトの基本テクニック

SEOリライトを行う上で効果的なテクニックを、具体的な方法とともに解説します。

読みやすい文章の書き方

SEOに配慮しつつも、読者にとって読みやすい文章を心がけることが大切です。一文は短めにまとめ、段落の区切りもこまめに入れましょう。また、専門用語の使用は最小限に留め、平易な表現を使うことで、読者の理解度をアップさせます。

キーワードの自然な配置方法

キーワードは、文章の流れを損なわない自然な形で配置します。特定の表現に偏ることなく、同義語や関連語を適宜織り交ぜるのも効果的。読者に不自然さを感じさせず、かつ検索エンジンにアピールできるキーワード配置を目指しましょう。

内部リンク・外部リンクの活用方法

記事中の適切な箇所に、関連性の高い他ページへの内部リンクを設定します。サイト内の回遊性を高め、ユーザー体験の向上を図れます。一方、権威あるサイトからの外部リンク獲得にも注力しましょう。自社の信頼性を高め、検索順位アップにつなげることができます。

画像の最適化とAlt属性の設定方法

記事に使用する画像は、ファイルサイズを適切に圧縮し、表示速度を高めることが重要です。また、全ての画像にAlt属性を設定し、適切な説明文を記載しましょう。視覚的なコンテンツにも検索エンジンはアクセスするため、画像最適化を疎かにしてはいけません。

リライトのポイント

SEO対策におけるリライトのポイントは下記のとおりです。

  • サジェストワードや共起語を参考にする
  • タイトルや見出しに対策キーワードを含む
  • ディスクリプションは適切にまとめる
  • 上位サイトを参考にする
  • 記事内容にオリジナリティを追加する
  • 内部リンクを設置する

それぞれ詳しく解説していきます。

サジェストワードや共起語を参考にする

記事をリライトする際は、サジェストワードや共起語を参考にすることをおすすめします。

  • サジェストワードは、検索エンジンが自動的に提案する関連キーワード
  • 共起語は、キーワードと一緒に使われることが多い単語

サジェストワードや共起語は、関連するキーワードやテーマを提示してくれます。たとえば、旅行先を紹介するサイトなら、サジェストワードで「観光」「ホテル」「グルメ」といったワードが提示されます。サジェストワードや共起語を文章に取り入れることで、検索エンジンからの評価が高まり、ユーザーにとっても役立つ情報の提供が可能です。
ただし、必ずしもサジェストワードや共起語にこだわりすぎる必要はありません。これらのワードはあくまで参考に過ぎず、文章の内容や読みやすさを優先することが大切です。また、同じキーワードを繰り返し使うことは避け、自然な文章になるよう心がけましょう。

タイトルや見出しに対策キーワードを含む

リライトを行う際には、タイトルや見出しに対策キーワードを含めることが重要です。
タイトルや見出しは、記事の中でも最も重要な箇所で、検索エンジンがコンテンツのテーマや内容を判断するための重要な要素となっています。
たとえば、「健康食品」が対策キーワードであれば、タイトルに「健康食品の効果や効能」といった具体的なキーワードを含めます。ただし、キーワードの過剰な使用は逆効果となる場合もあるため、自然な形で使うことが大切です。
また、見出しにも対策キーワードを含めましょう。適切な見出しを使うことで、ユーザーにとっても分かりやすくなります。
対策キーワードを上手に取り入れた自然な文章を作ることがSEO対策の成功のカギといえるでしょう。

ディスクリプションは適切にまとめる

ディスクリプションには、記事の内容を適切にまとめた文章を入れることが一般的です。
ディスクリプションは、検索結果に表示される文章のことであり、タイトルと同様に非常に重要な要素。
ディスクリプションを書く際には、あくまでもユーザーが理解しやすく、自然な形で書くことが重要です。過剰なキーワードの使用や、不自然な文章にならないようにしなければなりません。
ディスクリプションは、SEOには直接関係ないとGoogleが公表していますが、ディスクリプションでクリック率を向上させることで、ユーザーに価値のあるコンテンツと検索エンジンが認識してくれる可能性があります。
また、ディスクリプションにも対策キーワードを含めることがSEO対策において有効です。
ディスクリプションは90文字〜120文字と短い文であるため、ユーザーの興味を引くような表現にするように意識してみましょう。

上位サイトを参考にする

記事をリライトする際は、上位サイトを参考にすることは非常に有効です。
検索結果の上位に表示されるサイトは、検索エンジンに評価されている傾向があります。そのため、上位サイトを参考にすることで、自分のサイトを改善するヒントを得られます。

上位サイトを参考にする際には、以下のようなポイントに注目しましょう。

  • タイトルや見出しの構成
  • キーワードの使用方法
  • 文章の構成や読みやすさ
  • リンクの数や種類

ただし、上位サイトをそのままコピーするのではなく、自分のサイトに合わせてアレンジしなければなりません。自分のサイトの特徴や強みを生かし、より有益な情報を提供することができるように工夫することが必要です。
上位サイトを分析することで、自社記事の改善点が明確になり、検索エンジンに評価されやすい記事を作成することができるでしょう。

記事内容にオリジナリティを追加する

記事をリライトする場合は、記事内容にオリジナリティを追加するようにしましょう。同じような内容の記事が多数存在する中で、独自の情報やアプローチを加えることで、ユーザーの関心を引き付けることができるためです。
記事内容にオリジナリティを追加するためには、以下のような工夫が有効です。

  • 自分なりの見解や経験談を加える
  • 業界トレンドや最新情報を独自の視点で解説する
  • データや統計情報を用いた分析や解説を加える
  • 豊富な画像や動画を使い、視覚的にわかりやすくする

独自の一次情報を加えることで、ユーザーにとってより有益な情報を提供することができます。また、オリジナリティのある記事は、他のサイトからのリンクを獲得しやすくなるため、SEO対策にも効果的です。
ただし、オリジナリティを追加するにあたっては、情報の正確性や信頼性にも注意しなければなりません。しっかりとしたリサーチや根拠のある情報を加えることで、読者からの信頼を得られるようにしましょう。

内部リンクを設置する

SEO対策におけるリライトのやり方のひとつに、内部リンクを設置することが挙げられます。内部リンクとは、同一サイト内の別のページにリンクを張ることで、読者がより深いページまでアクセスできるようにすることです。
内部リンクを設置することで、サイト内の各ページを相互にリンクで結びつけることができます。これにより、検索エンジンのクローリングが改善され、より多くのページがインデックスされることが見込まれるでしょう。
また、内部リンクを設置することで、サイト内のページの価値が相互に伝播し、SEO効果を高められます。さらにサイト内の回遊率の向上にも期待でき、商品の購入や、資料請求・問い合わせなどのコンバージョンにもつながりやすくなります。
内部リンクを設置する際は、リンク先のページとの関連性を考慮したり、過度な内部リンクは避けたりするなどユーザビリティを意識した内部リンクを構築しましょう。

リライトを行う際の注意点

リライトを行う際の5つの注意点は下記のとおりです。

  • キーワードの詰め込みを避ける
  • ユーザーに伝わりやすい記事内容を意識する
  • 不要なコンテンツを削除する
  • 上位にある記事は大幅にリライトしない
  • 重複コンテンツを作成しない
  • リライトした後もアクセス分析を行う
  • リライト実施タイミングを意識する
  • リライトの効果検証結果を蓄積していく

キーワードの詰め込みを避ける

性急なSEO効果を狙うあまり、キーワードを不自然に詰め込むのは厳禁です。読者に不快感を与えるだけでなく、ペナルティを受けるリスクもあります。キーワード密度は2~3%程度に抑え、自然な文章を心がけましょう。

ユーザーに伝わりやすい記事内容を意識する

リライトを行う際には、ユーザーに伝わりやすい記事内容を意識することが重要です。ユーザーが読んで理解できない記事は、ユーザーがサイトから離れる原因となる可能性があります。
記事内容を分かりやすく伝えることが、ユーザーとのコミュニケーションにおいて重要な要素です。理解できない記事内容では、サイトや企業の信頼性に疑問を抱くユーザーも少なくありません。
わかりやすい言葉や例え、具体的な事実や数字を交えた説明を心がけましょう。また、文章の構成やレイアウトも、ユーザーにとって読みやすいものにする必要があります。
リライトを行う際には、常にユーザーにとってわかりやすい記事を意識することが重要といえるでしょう。

不要なコンテンツを削除する

不要なコンテンツを削除することで、ユーザーの興味を引く内容や重要な情報をより強調できます。無駄な情報や重複した内容があると、読者は混乱したり飽きたりして、記事全体の価値を低く評価されかねません。
さらに、不要なコンテンツを削除することで、記事全体をシンプルにできます。現代人は時間に余裕がないため、シンプルで読みやすい短い記事の方を好む傾向があります。
また、SEO(検索エンジン最適化)の観点からも、不要なコンテンツを削除することが重要です。検索エンジンは、コンテンツの質を分析してランキングを決定するため、長々とした冗長な文章や不要なコンテンツが多い記事は、ランキングが低くなる可能性があります。
リライトを行う際には、不要なコンテンツを思い切って削除するようにしましょう。

上位にある記事は大幅にリライトしない

リライトを行う際の注意点として、上位にある記事は大幅にリライトしないように注意が必要です。
上位にある記事は、そのままでも検索エンジンやユーザーから高い評価を得ている可能性があり、大幅なリライトを行ってしまうと、検索エンジンの評価やユーザーからの評価が低くなる可能性があります。
ただし、内容が古くなっていたり、情報が不正確であったりする場合は、適切なリライトが必要です。
上位にある記事をリライトする場合は、大幅な変更を加えるのではなく、優れたポイントを生かしながら、改善するようにしましょう。

重複コンテンツを作成しない

リライトをおこなう際は、重複コンテンツを作成しないようにしましょう。
重複コンテンツは、検索エンジンによってペナルティを課せられる可能性があるため、注意が必要です。
重複コンテンツを回避するためには、元の文章の意味を理解し、自身の独自の言葉で表現しなければなりません。また、文章の構成や表現方法を変えることも重要です。
重複コンテンツを回避し、オリジナルなコンテンツを提供することが、サイトの品質向上につながるため、注意して行いましょう。

リライトした後もアクセス分析を行う

記事をリライトした後は、アクセス分析をおこないましょう。
アクセス分析を行うことで、リライト後の記事の閲覧数や滞在時間、コンバージョン率などを把握できます。リライト後の記事が元の記事よりも優れているかどうかを判断できるでしょう。
さらに、リライト後の記事の検索エンジンランキングを確認することも重要です。リライト後の記事が検索エンジンで上位に表示されることで、多くのユーザーにアクセスされ、コンバージョン率も向上する可能性があります。
アクセス分析を通じて、リライト後の記事の効果から、改善点を把握することが可能です。より良質なコンテンツを提供し、ユーザーのニーズに合わせた記事を作成できるでしょう。

リライト実施タイミングを意識する

SEOにおけるリライトは、ウェブサイトやブログ記事の検索エンジン評価を高めるために、既存のコンテンツを改善する行為を指します。効果的なリライトの実施タイミングを意識することは、セッションの増加やサイトの評価向上に繋がります。

リライトを行う適切なタイミングは以下のようになります。

まず、メディアの初期段階です。サイトが立ち上がったばかりで記事数が少ない段階では、新規記事の作成に重点を置くべきでしょう。なぜなら初期段階ではドメインの評価が低く、リライトよりもコンテンツ量を増やすことが重要だからです。

記事数が増えた後、50~100記事を超えると、リライトに着手するのが効果的とされています。この段階では、サイトの基本的な評価が形成されつつあり、内容の質を高めるためのリライトが有効に働きます。ユーザーのニーズを満たさないコンテンツや情報が古いコンテンツを改善することで、検索エンジンからのサイト評価が向上する可能性があるでしょう。

ただし、これらの数字や対策はあくまで一例であり、サイトのテイストや記事内容、ターゲットなどによって最適なリライトの在り方は変化します。さらに、オウンドメディアを立ち上げる際などは他にも注意するべき点が多くあります。

株式会社ipeではオウンドメディアの立ち上げ方と注意点をまとめた資料をご提供できます。大手実績多数の株式会社ipeに在籍するアナリストたちの知見を凝縮し、現場で使える生きた知識が詰まったものです。

より効果的にオウンドメディアを立ち上げるためにも、弊社の知見をぜひご活用ください。

リライトの効果検証結果を蓄積していく

SEOにおけるリライトは、既存のコンテンツを見直し、改善することで検索エンジンの評価を高める重要な手段です。成功も失敗も蓄積していくことが重要であり、特にリライトでは、何が上手くいき、何が上手くいかなかったかを分析し、成果の出る施策を見極めて継続することが求められます。

業種や業界によって効果的な施策は異なるため、自社にとって何が最も効果的かを理解し、ノウハウとして蓄積していく必要があります。リライトを通じて、検索意図を再評価し、コンテンツの質を高めることで、検索順位の向上を目指しましょう。

SEOリライトのツールと活用方法

SEOリライトに役立つツールとその活用方法を紹介します。

文章の読みやすさをチェックするツール

「わかりやすさチェッカー」などの無料ツールを活用し、文章の読みやすさを数値化してみましょう。一文の文字数や漢字の割合など、改善すべきポイントが明確になります。

キーワードの出現頻度をチェックするツール

記事内のキーワード出現頻度をチェックできる「Ranktracker」などのツールを使いこなしましょう。自然な頻度でキーワードを盛り込めているか、客観的な判断が下せます。

SNSシェア数をチェックするツール

「BuzzSumo」を使えば、SNS上でのシェア数を調べられます。多くのユーザーに響く記事の傾向を掴み、自社コンテンツの改善に役立てましょう。

リライトは既存のコンテンツをより価値のあるものに更新するための手法

SEOリライトは、キーワード選定、見出し構成、文章表現、内部・外部リンクなど、多岐にわたる要素の最適化が求められます。それぞれを適切に組み合わせつつ、常にユーザー目線を忘れないことが大切です。
地道な積み重ねではありますが、SEOリライトを継続することが検索順位アップへの着実な一歩。今日からコンテンツの見直しに着手し、上位表示を目指して尽力しましょう。
SEOリライトにお悩みの際は、ぜひ株式会社ipeのコンサルティングサービスをご利用ください。豊富な実績を持つプロのコンサルタントが、貴社のWebサイトを隅々まで分析し、効果的なSEO施策をご提案いたします。
無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。また、SEOノウハウを体系的に学びたい方は、弊社開催のセミナーにもぜひご参加ください。最新の知見やテクニックを余すところなくお伝えします。
SEOリライトを戦略的に実践し、Webサイトの検索順位アップを実現させましょう。

この記事の著者

監修者 戸倉 紀乃

早稲田大学在学中からインターンとし、活躍し卒業後ipeへ新卒入社。クリエイティブデザイン部コンテンツグループに所属し、SEOコンテンツの制作、ライターの育成、オウンドメディア運用を歴任。 ユーザーニーズの分析と商品紹介記事、取材記事の制作を得意としている。兼任しているipeのオウンドメディア「SEARCH cle」では、そのスキルを遺憾なく発揮しており編集者を担当。

Download
サービス資料ダウンロード(無料)
弊社サービスの概要や料金、
フォロー体制などの詳細はこちらの資料でご確認いただけます。
資料ダウンロードはこちら
Contact
お問い合わせ
デジタルマーケティングについてのご相談や弊社サービスについてのご不明点・
ご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)