Powerd by ipe
テジタルマーケティングで戦略的に
ビジネスを成功させる

SEOの難易度はどう調べる?キーワードチェックして上位を狙う方法

SEOの難易度はどう調べる?キーワードチェックして上位を狙う方法
DeepEditor

SEOの難易度とは、Webサイトを上位表示させるためのキーワードごとの難しさのことです。SEOに必須の知識でありながら明確な指標がないため、普通では把握することが難しくなっています。そこで今回はSEOの難易度に重要な要素とチェック方法を徹底解説していきます。

SEO難易度とは

SEO難易度は、あるキーワードで検索順位を上げるのにどれほどの努力が必要かを示す尺度です。難易度が高いほど、上位表示が難しくなります。SEO難易度を把握することは、効率的にSEO対策を進める上で欠かせません。

難易度の高いキーワードに注力するのは非効率的であり、まずは難易度の低いキーワードで上位表示を目指すことが賢明だからです。SEO難易度を理解することは、限られたリソースを適切に配分し、効果的なSEO対策を行う上で重要な意味を持ちます。

難易度の低いキーワードから着実に成果を上げつつ、徐々に難易度の高いキーワードにもチャレンジしていく戦略が求められるでしょう。SEO難易度を軽視すると、無駄な努力を重ねることになりかねません。

SEO難易度に明確な指標はない

SEO難易度の把握の難しいところは明確な指標がないことです。難易度を判定する一定のルールはありますが、それをしっかり数値化することはできません。
同じキーワードを選択しているように見えても細かなニュアンスを変えることで難易度が大きく変わることもあるので、最後には自分の経験や感覚から相対的に判断していく必要があります。

SEO難易度の要素

SEO難易度を判定するときには下記の5つの項目を相対的に判断しながら必要に応じて他の要素を付け足していきます。

  • ユーザーニーズ
  • サイトの専門性
  • ドメインパワー
  • 競合サイトの数
  • 被リンクの数

ユーザーニーズの明確さ

SEOの成功は、検索ユーザーのニーズを正確に理解し、満たすことに大きく依存します。ユーザーニーズが明確で、特定のキーワードに対する検索意図がはっきりしている場合、コンテンツを最適化しやすくなるのです。

逆に、ニーズが曖昧なキーワードでは、SEOの難易度が高くなる傾向があります。

キーワードに関するサイトの専門性

特定のキーワードや分野に関連するウェブサイトの数とその専門性は、SEOの難易度を左右します。競争が激しいキーワードでは多くのサイトが存在し、それらの専門性も高いため、上位にランクするのが難しいでしょう。

一方、ニッチなキーワードや少数の専門サイトしか存在しない場合、SEOでの成功が比較的容易になる場合があります。

自社サイトと競合サイトのドメインパワー

ドメインの強さは、そのウェブサイトの権威性や信頼性を示します。高いドメイン権威を持つサイトは、検索結果でより高いランキングを得やすいのです。

ドメインの強さは、バックリンクの質と量、サイトの歴史、コンテンツの品質などによって決まります。強いドメインを持つサイトと競合する場合、SEOの難易度は高まります。

競合サイトの数と質の高さ

競合サイトの数と品質はSEOの難易度に大きな影響を与えます。多くの強力な競合が存在するキーワードでは、上位ランキングを獲得するのが非常に困難です。競合分析を行い、競合サイトの強みと弱点を理解するのは、効果的なSEO戦略を立てる上で不可欠といえます。

なお競合サイトの品質は、ドメインパワーの大きさや被リンクの数、コンテンツ自体の質やどれくらいインデックスされているかなど、多角的な要素によって判断されます。そのため簡単には判断ができません。

SEO専用のツールを使ったり、専門家のサポートを得て対策を進めるよいでしょう。

被リンクの数

被リンク、つまり他のサイトからのリンクはSEOにおける重要な指標です。Googleは被リンク数が多いページを多くのユーザーから支持されているとみなし、高評価を与える傾向にあります。そのため競合サイトの被リンク数を確認することは、そのサイトのSEO強度を測る上で重要といえるでしょう。

被リンクの数や質は、Ahrefsのようなツールを使用することで詳細に分析可能です。適切な被リンク戦略を立てることで、SEOでの競争力を高め、サイトの可視性を改善することが期待できます。

SEO難易度の計算方法

SEO難易度の具体的な計算方法について解説します。キーワード難易度の算出や競合サイトの分析、ツールを使った測定方法など、実践的なヒントをお伝えしましょう。

キーワード難易度の算出

キーワード難易度は、一般的に0から100の数値で表されます。数値が高いほど、上位表示が難しいことを意味します。この数値は、検索ボリュームや競合サイトの数、ドメインパワーなどの要素を複合的に分析することで算出されます。

競合サイトの分析

競合サイトの分析は、SEO難易度の判断に欠かせません。上位表示しているサイトのドメインパワーやコンテンツの内容、被リンクの状況などを詳しく調べることが重要です。競合サイトの強みと弱みを把握し、自社が差別化できるポイントを見つけましょう。

ツールを使ったSEO難易度の測定

SEO難易度の測定には、各種ツールが役立ちます。代表的なのは、Moz社の「Keyword Explorer」やAHREFS社の「Keyword Difficulty」などです。これらのツールを使うことで、キーワードの検索ボリュームや難易度、競合サイトの情報などを効率的に収集できます。

SEO難易度の高いキーワードでも上位表示を目指すには?

具体的には、どのようなサイトだと評価が高くなるのでしょうか。

ユーザーニーズを把握する

ユーザーニーズとは、キーワードを検索した利用者が本当に求めている情報のことです。
SEOを意識する上で一番大切なのは『ユーザーの求めている情報をしっかり提供できているか』ということです。同じSEOについて検索する場合でもユーザーの状況によって、言葉の意味を知りたいのか、集客のコツを知りたいのか、導入のコストを知りたいかで内容は変わります。
いくらコンテンツ自体の質が高くてもユーザーニーズと合っていなければ評価されることはありません。自社サイトの「ユーザーニーズ」「キーワード」「コンテンツ」3つの方向性がしっかり統一されているか確認をしましょう。
どんなキーワードに需要があるのかは後述する無料のツールを使って確認ができます。メインのキーワードと一緒にどんな言葉がサジェスト(検索候補)されているのか確認しましょう。
ユーザーのニーズをしっかりと見極めることができれば、一つのキーワードから派生した複数のキーワードで上位表示を狙えます。

サイト数と競争率が低いKWを狙う

サイト数とはキーワードを検索した時に表示される該当ページの数のことで検索数・ヒット数とも呼ばれます。このサイト数が100と10000のキーワードでは単純に競争率が100倍違うことになりSEO難易度が高くなります。
それぞれのキーワードの検索数はGoogleなどの検索ボックスの下に「約10,000件(0.31秒)などと表示されるので簡単に確認できます。

専門性を高める

サイト数が多く競争率が高く見えるキーワードでも実は難易度が低い場合があります。それは専門性の高いキーワードです。
医療や法律など専門性の高いジャンルは専門家以外では情報を網羅するのが難しく、サイト数に比べてSEO難易度が低い傾向にあります。
会社名や実名を公表して信頼性や権威性を示しながら必要な情報を網羅できていれば格段に評価が高くなります。

競合サイトを分析する

競合サイトの規模や質はSEO難易度に直結する情報の宝庫です。チェックは何よりも入念に行いましょう。
検索上位にあるサイトとは、現状で一番ユーザーのニーズを満たしているサイトだということです。そこを正確に分析することでキーワードの状況が見えてくることになります。
たとえサイト数が多いキーワードであっても上位サイトのコンテンツの質やドメインパワーが低く、個人サイトばかりで専門家としての権威性を示すことができていなければSEO難易度は低いと判断できます。
逆に上位サイトがクオリティの高い法人サイトばかりならSEO難易度はとても高いのでキーワードの変更が必要です。
「競合サイトに勝つ方法」を考えるべきなのか、「競合サイトを避ける方法」を考えるべきなのか見極めましょう。

自社サイトを改善する

自社サイトではとにかくユーザビリティとドメインパワーの向上に務めましょう。
ユーザビリティとはサイト内の利便性のことです。これは記事ごとの情報の質以外にもサイトの外観や目的の情報へのアクセスのしやすさも含まれます。
文章だけのサイトよりもデザインや画像を多用して直感的に理解できるようにして、階層構造を意識したサイト構築を心がけましょう。一般的にトップページから目的の情報までに3~4クリック以内でたどり着けるのが理想だといわれています。こうしたサイト内の充実もドメインパワーの向上にも繋がるので積極的に対策していきましょう。
ドメインパワーは急に上げることは難しく成果が出るまで時間がかかります。最初の内は競争率の高いキーワードを避けながら、自社サイトが充実して個々のコンテンツの質で勝負できるようになるまで待つことも考えましょう。

なお、SEO対策を行う上では、ご紹介した内容以外にもチェックするべき項目が多数あります。株式会社ipeでは、全69項目のSEO攻略チェックリストを公開しています。

SEO対策の必要性を感じた方は、この機会にチェックリストをご覧になってはいかがでしょうか。

内部リンク構造の最適化

内部リンクを適切に設計することで、サイトの重要なページに検索エンジンのクローラーを誘導できます。キーワードを含むアンカーテキストを使い、関連性の高いページ同士を結ぶことが肝要です。戦略的な内部リンクは、SEO難易度が高い場合でも、上位表示の実現に役立つでしょう。

外部リンクの獲得

外部からの高品質なリンクを獲得することも、SEO難易度への有効な対策です。信頼できる他サイトからのリンクは、自サイトの権威性を高める効果があります。guest postingやインフルエンサーマーケティングなどの手法で、自然なリンク獲得を目指しましょう。

SEO難易度の低いキーワードを見つける方法

ロングテールキーワードを狙う

SEO難易度の低いキーワードを見つけるにはキーワードを増やしてターゲットを絞りましょう。
例えばSEOをテーマに記事を書く場合、SEOだけではあまりにも競合相手が多く上位表示は難しいです。そこでもっとターゲットを絞って狭い範囲の情報を網羅することを考えましょう。
「SEO 初心者 WordPress」と追加することで『WordPressを使ったSEO対策を考えている初心者』へターゲットを絞ることができます。さらに内容を絞ったことで同じ文字数でより密度の高い記事を書くことも可能です。

SEO難易度の簡単なチェック方法

ここからはSEO難易度を把握するために役立つ便利なツールの紹介をします。

SEO PACK「キーワード難易度チェックツール」

キーワードごとのSEO難易度を数値化してくれるツールです。自社サイトとの比較ではないため正確ではありませんが、「月間検索数予測」や「1位時の月間検索アクセス数予測」によってキーワードの需要も知ることができます。

ラッコキーワード

キーワードを入れると合わせて検索されているサジェストワードや周辺語を教えてくれるサイトです。また上位サイトの見出しも抽出してくれるSEO対策には必須のサイトです。

MOZ「MozBar」

サイトのドメインパワーを数値化してくれるGoogle Chromeのアドオンです。無料で利用することができるのに加えて起動すれば自動で測定してくれるので便利です。「DA」はサイト全体のスコアで「PA」は記事単体のスコアを表しています。一般的にDAは個人で20、法人で30越えれば平均以上です。

上位表示はキーワードの選定が重要

SEO難易度を正しく理解することは、効率的で実効性の高いSEO対策を行う上で欠かせません。キーワードの選定から競合分析、コンテンツ制作、内部・外部施策に至るまで、難易度を考慮した戦略的なアプローチが求められます。

SEO難易度の判断や対策にお悩みの際は、ぜひ株式会社ipeのコンサルティングサービスをご活用ください。豊富な実績を持つプロのコンサルタントが、貴社の状況を踏まえた最適なご提案をいたします。

無料相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。また、SEOノウハウを体系的に学びたい方は、弊社開催のセミナーにもぜひご参加ください。実践で即活用できる知識が満載です。

SEO難易度を味方につけ、効果的なSEO対策で上位表示を実現しましょう。

Download
サービス資料ダウンロード(無料)
弊社サービスの概要や料金、
フォロー体制などの詳細はこちらの資料でご確認いただけます。
資料ダウンロードはこちら
Contact
お問い合わせ
デジタルマーケティングについてのご相談や弊社サービスについてのご不明点・
ご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)