動画マーケティングとは?概要やメリット・デメリット、目的、ポイント、事例なども解説!

動画マーケティングとは?概要やメリット・デメリット、目的、ポイント、事例なども解説!

「動画マーケティング」とは、動画コンテンツを活用し、顧客の集客や宣伝活動、販売戦略を行うことです。

今回は「動画マーケティング」に焦点を当て、その概要や背景、メリット・デメリット、目的、ポイント、事例などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「動画マーケティング」とは?

「動画マーケティング」とは、動画コンテンツを活用して顧客集客や宣伝活動、販売戦略を行うことです。

商品やサービスの認知度向上およびブランディングから、商品購入や会員登録などのCVまでを目的とする場合が多いです。

そのため、動画を公開して終了ではなく、KPI(重要業績評価指標)を定めて効果検証を行うことが大切です。

「動画マーケティング」が注目される背景

近年、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの普及や通信インフラの整備、新型コロナウイルス感染拡大防止による自粛時間の使い方などの影響から、動画を視聴する機会が増えました。

また令和3年に総務省が発表した、13歳から69歳までの男女1,500人を対象に調査した報告書によると、YouTubeやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスの利用者が爆発的に増えてきていることがわかります。

消費者が商品やサービスを調べる際、動画コンテンツを見て判断する機会は少なくありません。
5Gの到来で、大容量の動画が再生しやすくなります。

以上のような影響から「動画マーケティング」は宣伝効果が従来に比べて高いと期待されており、今後もさらに市場拡大が予測・注目されています。

「動画マーケティング」のメリット

ここでは、「動画マーケティング」のメリットについて3点解説します。

詳細なニュアンスを伝えられる

「動画マーケティング」は、テキストや画像だけでは伝えきれない細かなニュアンスを消費者に伝えられます。

例えば、文字で「細く・太く」と書いても、実際にどのくらいの「細さ・太さ」なのかわかりにくいですよね。

しかし、動画であれば、視覚を通じて明確に判断できますし、消費者に伝わりやすいです。

SNSで拡散されやすい

SNSで拡散されやすい点もメリットです。

面白い動画を制作し、消費者に興味を持ってもらえれば、SNSにてシェアされる可能性が高まり、商品やサービスの認知度向上に期待が持てます。

効果検証しやすい

動画は、文字に比べて細かい効果検証が可能です。

たとえば、動画コンテンツでは、「何分何秒まで再生されたか」などを測定できます。
そのため、効果測定では、事前に複数の評価指数を設ける必要があります。

評価指数には、総再生数や時間帯別再生数、ユニーク再生数、1回あたりの平均視聴時間、視聴率、誘導キーワード、コンバージョン率などがあります。

「動画マーケティング」のデメリット

ここでは、動画マーケティングのデメリットについて2点解説します。

コストがかかる

クオリティの高い動画を制作するとなると、当然費用がかかります。

コストを抑えるために自社制作する選択肢もありますが、必要な機材をそろえたり、動画制作のノウハウを吸収するには時間がかかります。

制作時間がかかる

動画制作するには、企画や撮影、編集などやるべきことが多いです。
場合によっては、BGM制作やナレーションが必要になり、工数が多くなることもあります。

「動画マーケティング」のKPI

ここでは、「動画マーケティング」のKPI(重要業績評価指標)について解説します。

①認知を目的としたKPI

商品やブランドについての認知度を高めるには、多くの人に動画を見てもらう必要があります。

そのために、以下のようなKPIを意識しましょう。

・動画の再生回数
・インプレッション数
・ユニーク視聴者数
・ブランド認知度

②ブランディングを目的としたKPI

商品やブランドの理解を促し、ブランディングにつなげるためには、動画を長く視聴してもらう必要があります。

そのために、以下のようなKPIを意識しましょう。

・再生完了率
・総再生数
・平均再生時間
・ブランド好意度

③コンバージョンを目的としたKPI

動画を活用し、CVにつなげるためには、消費者を効率的にアクションへ導く必要があります。

そのために、以下のようなKPIを意識しましょう。

・クリック率
・CV数やCVR
・購買意向度

「動画マーケティング」の事例

ここでは、「動画マーケティング」の事例について3社ご紹介します。

①AU

認知度抜群の動画として代表的なのがauのCMです。

桃太郎・浦島太郎・金太郎を主役に据え、独特な世界観でストーリーが展開されていきます。

この動画の目的はauの新サービスやキャンペーンの宣伝ですが、ストーリーのインパクトから、auのサービスに興味がなくても、つい見たくなる動画になっています。

積極的な宣伝といういやらしさを排除しているにも関わらず、視聴者の印象に残るという観点から「動画マーケティング」の成功事例と言えるでしょう。

②三和シヤッター工業「マザーテレサ篇」

三和シヤッター工業「マザーテレサ篇」動画マーケティング事例です。

アニメーションから実写に変化するという動画を通じて、さまざまなターゲットを意識した動画広告になっています。

また著名人の名言を自社の考え方と合わせることで、ユーザーの心に響きやすいよう工夫されています。

さらにチャンネルの概要欄には、自社のホームページURLやデジタルカタログの遷移ページURLが設置されており、興味を持ったユーザーがアクセスしやすいよう配慮されています。

令和4年4月現在、スキップされやすいYouTubeのCMにもかかわらず、146万回再生を記録しています。

③ホームメイト【賃貸】

ホームメイトのテレビCM「お部屋探し タイポグラフィ編」の成功事例です。
「ホームメイト」と検索してもらうことをCTAとし、ユーザーアクションの促進を目的に制作されました。

導入として、桐谷美玲さんやEXILEという世間的に認知度や影響力のある有名女優やCM曲を活用することで、視聴者の注意を引いています。

またテレビCMとYouTube動画を連動して制作することで、幅広い層に興味を持ってもらえるよう工夫されています。

「動画マーケティング」を活用し、自社の売上を向上させよう!

このページでは、「動画マーケティング」に焦点を当て、その概要やメリット・デメリット、目的、ポイント、事例などについて解説しました。

「動画マーケティング」はテキストよりも商品やサービスの魅力を視聴者に伝えやすく、記憶に残りやすいため、大きな宣伝効果が期待できます。

またスマートフォンやタブレットの普及や5Gの到来で、動画市場は今後ますます拡大すると予測できます。

しかし、「動画マーケティング」の効果を最大限引き出すには、「動画マーケティング」に関する専門的なスキルやノウハウが必要です。

「動画マーケティング」を行う際は、信頼できるプロに相談しながら実施を検討しましょう。

「動画マーケティング」や「SEO」でお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6265-6008 9:00~18:00(平日)