2021年09月08日 -

サジェストキーワードの効果的な活用法とは?メリットやSEO対策を具体的に紹介

サジェストキーワードはユーザーの入力の手間を省くのが主目的ですが、上位表示を狙うキーワードを選定する際の手がかりとしても役立ちます。今回はそんなサジェストキーワードの基礎知識と活用方法をご紹介します。

サジェストキーワードとは?

検索エンジンでキーワードを入力した際に、表示されるキーワード候補のことです。入力した単語から、次にどのような単語検索するかを予測し、自動で表示、ユーザーの入力の手間を省いてくれます。

サジェストとオートコンプリートの違い

サジェストキーワードが表示されるサジェスト機能と似たものにオートコンプリートというものがあります。どちらも検索エンジンにキーワードを入力すると、そのキーワードの後に続けて検索されやすい検索候補を自動的に表示してくれます。ただし、サジェスト機能は検索場所やトレンド、過去に他のユーザーが検索したキーワードの頻度などさまざまな要因を自動で分析し、候補を表示します。一方でオートコンプリートは自身の検索履歴から候補を表示します。

意外と知らない!サジェストキーワードが出てくる仕組み

サジェストされるキーワードは、その時のユーザーの検索傾向やトレンドなどに基づいて表示されます。サジェストキーワードはユーザーの入力の手間を省き、利便性を向上させることが主な目的であることから、過去にユーザーが入力した検索キーワード、関連した検索、利用地域のユーザーの検索傾向などのさまざまな要因により、サジェストされる検索候補は変化していきます。そのため、使用する端末、利用地域などによっても表示されるサジェストキーワードは異なります。

サジェストキーワードと関連キーワードの違い

サジェストキーワードと似た機能として、関連キーワードがあります。両者は、よく検索されるキーワードを表示する仕組みですが、表示されるキーワードには微妙に違いがあります。主な違いは以下です。

サジェストキーワード ・トレンドなどの検索傾向によって変化する
・ユーザーの現在位置によって変化する
・ユーザーの過去の検索履歴によって変化する
関連キーワード ・グーグルのアルゴリズムによって検索クリエや関連サイトをもとに自動で決まる
・常に検索ボリュームの高いキーワードが表示される

サジェストキーワードと関連キーワードは検索の補助的機能ですが、SEO対策にも大いに活用できます。その際、両者の違いを理解していないと効果的な施策に繋がりませんので気をつけましょう。

サジェストキーワードの調べ方

サジェストキーワードを調べる方法は大きく分けて2通りあります。サジェストキーワードを知りたい場合は、次の方法で調べられます。

検索エンジンに直接打ち込む

検索エンジンの検索窓にメインキーワードを入力します。すると、検索候補としてサジェストキーワードの一覧が表示されます。ちなみに、表示されるサジェストキーワード候補には限りがあります。また、過去の自分の検索履歴に影響されていないサジェストキーワードを調べたい場合は、シークレットウィンドウを開き、同様の方法で検索します。

ツールを活用する

検索エンジンにメインキーワードを直接打ち込んでサジェストキーワードを調べる方法では、一度に調べられるサジェストキーワード数に限りがあります。ありとあらゆるサジェストキーワードを知りたい場合は、サジェストキーワードを検索できるツールを活用することで効率よく調べられます。

役立つ!サジェストキーワードの活用方法

サジェストキーワードはユーザーのニーズが色濃く反映されており、またトレンドなどの影響を強く受けるので、リアルタイム性を含んでいます。そのため、ユーザーの検索意図をしっかりと汲んだミドルキーワードやロングテールキーワードを選定する際に役立ちます。

サジェストキーワードは検索エンジンにメインキーワードを入力すれば、簡単に調べられます。しかし、一度に表示できるサジェストキーワード数には限りがあり、また、複数のキーワードのサジェストキーワードを調べるのは手間です。そこで次のようなツールを使うと簡単にサジェストキーワードを一括で調べることができます。

・ラッコキーワード
・グーグルサジェスト キーワード一括DLツール
・Ubersuggest

上記のツールを使い、サジェストキーワードを調べることで、ユーザーがメインキーワードと一緒にどのようなキーワードで検索しているかがひと目で分かります。サジェストキーワードの傾向を見ることで、ユーザーがメインキーワードに関連して何を知りたいか、何を求めているかが把握できます。ユーザーのニーズや検索意図を掴むことができたら、後はサジェストキーワードを参考に、それに応じたコンテンツを作成します。そうすることで自然とSEO対策にもなり、上位表示が狙えます。

サジェストキーワードのメリット3つ

サジェストキーワードはユーザーの手間削減が主な目的ですが、SEO対策としてもメリットがあります。主なメリットは以下です。

ユーザーのニーズが把握しやすい

サジェストキーワードはメインキーワードと関連して検索するユーザーが多いキーワードです。ユーザーの検索傾向やトレンドを反映して自動的に表示されているので、サジェストキーワードとして表示されるものは、そのままユーザーのニーズである可能性が高いです。サジェストキーワードからユーザーのニーズを探ることで、検索流入が期待できるキーワード選定やコンテンツ作りができるようになります。

アクセスの増加が見込める

サジェストキーワードはユーザーのニーズを反映していることが多く、サジェストキーワードで上位表示できれば、それだけで大量のアクセスが見込めます。もちろん、サジェストキーワードはニーズが大きいだけに、競合他社も狙っており、上位表示を狙うには質の高いコンテンツとしっかりとしたSEO対策が必要不可欠です。

ブランディングに繋がりやすい

サジェストキーワードとして自社製品やサイト名、コンテンツ内に含まれるキーワードが候補にあがれば、それだけユーザーの目に止まりやすくなり、ブランディングの向上に寄与します。そこでクリックされれば、行動したい段階のユーザーからのコンバージョンも期待できます。

注目!サジェストキーワード活用の注意点

サジェストキーワードは有効に活用すればSEO対策として効果的ですが、使用法を間違えば、逆効果になりかねません。サジェストキーワードを活用する際は次の点に注意しましょう。

必ずしもユーザーのニーズと一致しないことも

サジェストキーワードは利用する地域、使用する端末、過去の検索結果などによって左右されます。そのため、表示されるサジェストキーワードによっては特定の人のニーズを反映しているだけで、ペルソナのニーズを反映していない可能性もあります。サジェストキーワードはユーザーのニーズを探る手がかりの一つとしては使えますが、必ず他の方法でもユーザーの検索意図を調べることが必須です。

サジェスト汚染はネガティブな印象を与える

サジェストされる検索候補はトレンドなどを反映しているため、事件などがあるとネガティブな印象のキーワードがサジェストされやすくなります。サジェスト汚染されるとブランディングのイメージダウンに繋がる可能性もあります。サジェスト汚染されてしまった場合、検索エンジン内のサジェストキーワードは削除申請をすることをおすすめします。申請の理由が合理的だと判断されれば、削除されます。

サジェストキーワードでユーザーのニーズを把握しよう!

サジェストキーワードはユーザーのニーズを知るのに役立ちます。ユーザーの検索意図を正確に測ることができれば、ユーザ―の求めるコンテンツを作れ、結果として大量の検索流入が期待できます。SEO対策にもなるので、キーワード選定の際はサジェストキーワードを活用することをおすすめします。