「構造化データ(構造化マークアップ)」とは?概要や重要性、メリット・デメリット、活用できるタグの種類なども解説!

「構造化データ(構造化マークアップ)」とは、HTMLコードで書かれた情報を、検索エンジンが理解しやすいようタグづけしたものです。

今回は「構造化データ(構造化マークアップ)」に焦点を当て、その概要や重要性、メリット・デメリット、活用できるタグの種類などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「構造化データ(構造化マークアップ)」とは?

「構造化データ(構造化マークアップ)」とは、HTMLコードで書かれた情報を、検索エンジンが理解しやすいようタグづけしたものです。

「構造化データ(構造化マークアップ)」の重要性

従来のGoogle検索エンジンは、HTMLで書かれた文字列を「記号」としてしか認識できず、その「意味」まで理解できませんでした。
(例えば、「株式会社ipe」という文字列を「会社名」だと判断することはできませんでした。)

そこで検索エンジンに、「株式会社ipe」は単なる文字列ではなく、「会社名」であると理解させ、その文字列の意味や文脈、背景まで認識させようとする「セマンティックWeb」という考え方が普及しました。

「構造化データ(構造化マークアップ)」は、セマンティックWebという考え方から生まれた概念です。

つまり、「構造化データ(構造化マークアップ)」はWebの利便性向上の観点から重要なマーケティング施策であり、検索エンジンがより適切に情報を扱える状態を目指す施策でもあります。

「構造化データ(構造化マークアップ)」のメリット

ここでは、「構造化データ(構造化マークアップ)」のメリットについて解説します。

検索エンジンがコンテンツを認識しやすい

検索エンジンがWebサイトやページのコンテンツを認識しやすくなる点はメリットの1つです。

マークアップを適切に記述すると、「株式会社ipeは渋谷にある会社で、住所は……」など意味や文脈、背景、コンテンツ内容まで検索エンジンに認識させることができます。

検索結果にリッチスニペットが表示される

検索結果にリッチスニペットが表示されやすくなる点もメリットの1つです。

※スニペットとは検索結果に表示されるページタイトルやURL下の説明文を総称
※リッチスニペットとは、文章や画像、レビューなどのスニペットを豊か(リッチ)にする機能を表します。

例えば、上記は「株式会社ipe」で検索した結果ですが、視覚的に会社概要や採用情報、サービス展開、実績など、詳しい情報が検索結果画面に表示されています。

リッチスニペットを上手く活用することで、ユーザーからのクリック率の向上や競合サイトとの差別化を図れたりします。

「構造化データ(構造化マークアップ)」のデメリット

ここでは、「構造化データ(構造化マークアップ)」のデメリットについて解説します。

マークアップに関する専門知識が必要

「構造化データ(構造化マークアップ)」を実装するには、マークアップに関する専門知識が必要です。

例えば、Googleで「構造化データ」をマークアップする際に使用されるルール(シンタックス)には以下のようなものがあります。
※シンタックスは、ボキャブラリーをHTMLに書く際の「記述のルール」です。

・JSON-LD
・Microdata
・RDFa Lite

扱う形式ごとにそれぞれ記述方法が異なるだけでなく、複数の属性(プロパティ/キー)や属性値(バリュー)があり、定期的に更新され続けます。代表的なボキャブラリーとして「schema.org」がありますが、日々膨大なデータの更新が行われます。

そのため「構造化データ(構造化マークアップ)」を実装するには、膨大な量の専門知識が必要になるため、この点はデメリットと言えるでしょう。

なお代表的な3つのシンタックスの概要と書き方、「schema.org」については以下の記事で詳しく記載しています。こちらもぜひご覧ください。

実装に時間と工数がかかる

「構造化データ(構造化マークアップ)」を実装する際、時間と工数がかかります。

例えば、「構造化データ(構造化マークアップ)」の内容が正しいかどうかをツールで確認します。

その際、テストツールやリッチリザルトテスト、Google search consoleの「解析不能な構造化データ」項目で行います。

万が一、エラーが発生した場合、そのエラーを修正・検証・改善します。

このように、実装に時間と工数がかかる点は「構造化データ(構造化マークアップ)」のデメリットと言えるでしょう。

「構造化データ(構造化マークアップ)」に活用できるタグ

ここでは、「構造化データ(構造化マークアップ)」に活用できる構造化タグについてご紹介します。
検索エンジンが理解しやすいデータ構造にするためにも、Webサイトを制作する際は、必ず活用しましょう。

構造化タグ 概要
<section> ・見出しごとの文章のまとまりを示す
・見出し+本文+補足情報で構成
<article> ・独立した記事やコンテンツであることを示す
・独立した記事やコンテンツに使用
<nav> ・ナビゲーションを示す
・パンくずリストなどサイト内の主要なページへのリンクに使用
<header> ・ヘッダーを示す
・主にコンテンツの導入部分に使用
<footer> ・フッターを示す
・主にコンテンツの下層部に使用され、著作権や関連文書へのリンクを設定する際に使用

「構造化データ(構造化マークアップ)」を活用したSEO対策を検討しよう!

このページでは、「構造化データ(構造化マークアップ)」に焦点を当て、その概要や重要性、メリット・デメリット、活用できるタグの種類などについて解説しました。

「構造化データ(構造化マークアップ)」を設定すれば、コンテンツの内容を検索エンジンに正確に伝えることができます。

またリッチスニペットが表示されると、ユーザーが検索しやすくなり、WebサイトやページのPV数やCV数の向上にも繋がります。

「構造化データ(構造化マークアップ)」でSEO対策されていない方は、ぜひこの機会に検討してみてはいかかでしょうか。

なお別記事にて、「構造化データ(構造化マークアップ)」の設定方法や具体的なコードの書き方、おすすめのチェックツールについてなどを解説しているため、そちらも合わせてご覧ください。

「構造化データ(構造化マークアップ)」や「SEO」でお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6265-6008 9:00~18:00(平日)