上位表示のためのSEO記事のタイトルの付け方|基本から応用まで徹底解説!

上位表示のためのSEO記事のタイトルの付け方|基本から応用まで徹底解説!

SEOタイトルをつけるコツを誰にでもわかりやすく、丁寧に解説!SEO対策におけるタイトルの意味や重要性、そしてタイトルの付け方のコツが気になる方は必見です。また知っておくべき注意点やタイトルを考える際に利用したい便利なツールの情報もお届けするのでぜひご覧あれ。

SEOのタイトルとは|どんなものを指すの?

SEOにおけるタイトルとは、GoogleやYahoo!など検索結果に太字で表示される文字のことです。title<タグ>とも呼ばれ、検索エンジンやユーザーに記事の内容を伝える役割を担います。

ユーザーはタイトルを見てページにアクセスするかどうか判断するため、タイトル付けはクリック率や流入に大きく影響する要素です。タイトルをリライトしただけでも検索順位が変わるほど、タイトルはSEOに重要です。

ここだけは押さえておきたい!SEO記事のタイトルの基本

SEOコンテンツのタイトルを付けるコツを5つ解説します。タイトルはページにアクセスするきっかけとなる重要なファクターです。検索上位のページでは内容はもちろんのことタイトルに関して工夫が求められます。

1.表示されるタイトルの文字数を意識する
2.可能であれば対策キーワードを前半に挿入する
3.タイトルと記事内容を一致させる
4.数字を用いる
5.ターゲットを予測する
6.競合サイトを参考にする

表示されるタイトルの文字数を意識する

付けるタイトルは32文字前後がベターです。タイトルを付ける上で文字数はなるべく意識しましょう。
Google検索の際に表示されるタイトルの文字数は平均32文字です。33文字以上の文章は表示されないことが多く、32文字の中にユーザーが求める情報を入れ込むことでクリック率が向上します。

可能であれば対策キーワードを前半に挿入する

タイトルには必ず対策キーワードを入れます。人間が1秒間に読める文字数は9文字とされているため、できるだけキーワードは9文字以内に入れることも忘れずに。
対策キーワードで検索をかけたユーザーが、知りたい情報の有無を判断する基準になることはもちろん、検索エンジンに記事内容を適切に認識してもらうためにはキーワードの挿入は不可欠です。

タイトルと記事内容を一致させる

付けるタイトルと記事内容が一致しているか確認しましょう。キーワードがしっかり入っていて文字数も最適なタイトルであっても、記事内容と異なる場合はユーザーがすぐにページを離れてしまいます。
必然、SEO評価も下がってしまうため、コンテンツの中身に合ったタイトルを考える必要があります。

数字を用いる

タイトルに数字を積極的に使ってみてください。タイトル内にある数字は、ユーザーの目滑りを防止し、目を引く効果があります。

同じ対策キーワードのコンテンツは複数存在し、どのサイトもタイトルにこだわっていることがほとんど。競合サイトと差別化するうえで、数字の挿入は効果を発揮してくれます。

ターゲットを予測する

記事を読むユーザーの層を予測し、特定する文言をタイトルに含ませるのも効果的です。
例えば、「SEOとは」というキーワードで検索をかけるユーザーは、SEOの知識がまだあまりない人であると予測されます。「初心者向け」、「0から学べる」など読者を特定するような文言を入れることで、ターゲットの目に止まりやすいタイトルが仕上がります。

競合サイトを参考にする

記事のタイトル作成が苦手な方は、競合サイトのタイトルをたくさん見て学ぶのがおすすめです。検索上位に表示されているサイトは、タイトルがSEOに最適化されています。ここでキーワードの入れ込み方や表現方法などをチェックし参考にするのもいいでしょう。

この際、あくまで参考にするにとどめ、競合サイトのタイトルにあまりに似ているものを採用するのは避けましょう。コピーコンテンツとして検索エンジンからペナルティを受ける可能性があるため、細心の注意を払いましょう。

【応用】SEO記事のタイトルを決める際のポイント

SEOコンテンツのタイトルを付ける際に注意すべき項目があります。上記のコツと合わせて一通り目を通し、理解しておくと安心です。

・タイトルは短すぎてもNG
・同じキーワードを多用しない
・同じタイトルを複数の記事に付けない

タイトルは短すぎてもNG

32文字以内が望ましいタイトルですが、短すぎるのも好ましくありません。タイトルがあまりに短いと、記事の内容を捉えづらく、中身のないコンテンツだとユーザーに認識されてしまう可能性があります。
記事の構成をしっかり伝えるためにも、対策キーワードと合わせて内容はしっかりと記述しましょう。

同じキーワードを多用しない

キーワードを詰め込みすぎて多用しないように注意が必要です。限られた文字数の中で対策キーワードを何度も挿入すると、記事内容の説明に割く部分が減ってしまいます。結果的にコンテンツがどのようなものかユーザーに伝わらないという事態を生みかねません。
挿入するキーワードは検索ボリュームや記事内容を加味して厳選します。

同じタイトルを複数の記事に付けない

一度決めたタイトルは、あくまで1記事に適用してください。同じタイトルのページが複数あると、記事のSEO評価が分散してしまう可能性があります。また、検索エンジンから重複コンテンツがあると認識され、検索順位を下げられてしまうケースも。
タイトルが同じページがある場合は、すみやかにどちらかを変更するか削除しましょう。

Google直伝!ページタイトルを付ける際の注意点

Googleはページタイトルについて、できるだけわかりやすいことを一貫して推奨しています。具体的な注意点についても言及されているのでまずはこれを確認しておきましょう。

タイトルタグで必ずタイトルを指定する

タイトルとして使用する文章には必ずタイトルタグを設置しましょう。
Google検索セントラルでも、ページ全てでタイトルを指定することを推奨しています。
タイトルは、検索結果のコンテンツをユーザーが一目でわかるように表示し、クエリとの関連性が高い理由をはっきりと伝えるうえで不可欠です。

引用:Google検索セントラル「検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する」

具体的でわかりやすいタイトルをつける

特定の人物のプロフィールページに「プロフィール」というタイトルをつけるなどです。
「田中さんのプロフィール」など、特定の人物のプロフィールであることがわかるようにタイトルを指定します。

キーワードの乱用を避ける

キーワードを乱用するタイトルはやめよう」とGoogle公式から明言されています。関連KWを盛り込み過ぎるなど、過度なSEO対策をしていると判断されると、マイナスの評価につながってしまうこともあります。

同じタイトルや定型文を使用したタイトルを避ける

なるべくページ固有のタイトルを付けることをGoogleは推奨しています。エリアページなど、ある程度は情報が似通う可能性のあるページについても極力ページごとに差別化ができるとよいでしょう。

タイトルを目立たせる

タイトルとサイト名の境界線がわかりにくいのも良くありません。タイトルなのか、サイト名なのかわからないのはユーザーを混乱させる元です。一目でサイト名とタイトルの区別がはっきりとつくように、工夫することが必要です。

ページに対する検索エンジンのクロールの無効化に注意

robots.txt」を使用してページをクロールさせない設定ができますが、それでもインデックスされ、検索結果に表示される場合があります。この時、Googleはクロールできないページの情報を取得できないので、表示するタイトルもわかりません。この時、Googleは他のサイトからのアンカーテキストを基に、タイトルを作成します。
自社のページが意図しない形でタイトル付けされ検索結果で公開されてしまう可能性があるので注意しましょう。

SEO記事タイトルのヒントになるツール3選

最後に、SEOタイトルのヒントを拾える便利なツールをご紹介します。記事のタイトルを考える際に積極的に利用するのがおすすめです。

キーワードプランナー

Googleが提供するキーワードの検索ボリュームや関連キーワードの調査ツールです。対策キーワードや関連キーワードのニーズの高さを目視できるため、挿入する関連キーワードの選定に役立ちます。

リスティング広告を出すことで、検索ボリュームをさらに詳しく調べることができるようになるため、可能であれば広告を運用してみてください。

関連キーワードツール

対策するキーワードに関連して調べられることが多いキーワードを一覧で表示してくれるツールです。無料で利用できるものが多く、GoogleサジェストやYahoo!知恵袋なども表示してくれるため、キーワードに関する情報収集がはかどります。

タイトル生成サービス

ユーザーの目を引くタイトルを自動で作ってくれるサービスです。対策キーワードを入力すると、タイトル候補を複数生成してくれる画期的なツール。必ずしもSEOに有効なタイトルとは限りませんが、タイトルに迷った際のヒントになることは多いでしょう。

検索結果のタイトルが自分で付けたタイトルと異なる時|タイトル変更について

検索結果で表示されるタイトルと、ページのタイトルは必ずしも一致しません。これはGoogleがタイトルを自動生成することがあるためです。
検索されたクエリに応じて、よりわかりやすいタイトルにすることがユーザーの利便性につながるとGoogleは考えており、自動生成されたタイトルはクリック率が高まると説明されています。
指定されたタイトルよりもページ内の別のテキストを使った方が検索結果の関連性がわかりやすい場合がよくあります。この代替テキストをタイトルとして使用することによってユーザーの利便性を高め、ひいてはサイトにも効果をもたらします。

引用:Google検索セントラル「検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する」

追記:Googleのタイトル表示の大幅アップ

よりわかりやすいタイトルにすることがユーザーの利便性につながる」という考えは、近年ではタイトル表示のアップデートによりさらに踏み込んだ仕様になっています。
ただアップデート初期は様々な問題点も報告されています。またGoogleに寄せられたFBに応じて、今後もタイトルに関するシステムが調整されることも考えられます。

SEOにおいてタイトルは命!適切な対策で検索上位を狙おう

SEOコンテンツにおけるタイトルの意味や付け方についてご紹介しました。検索上位にページを表示させる上で最重要とも言えるタイトルに悩んでいた方は多いのではないでしょうか?しかし、正しい知識を持っていればタイトルを付けるのは難しくありません。

タイトル以外にも、SEO対策するなら気を付けたいポイントはいくつかあります。もしSEO対策に不安を感じている場合、ぜひ一度大手実績多数の株式会社ipeへご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)