2021年10月06日 -

SEMとは?SEOとの違いや施策の方法をわかりやすく解説

SEMとSEOの違いについてご存知ですか。SEMはマーケティング施策を広義的に指し、SEOは実際のマーケティング方法となります。この記事では、SEMとは何なのか、SEOとの違い、実際のマーケティング方法であるSEO、リスティング広告について紹介します。

SEMとは?

SEMとは、Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)の略称であり、検索エンジンからWEBサイトやランディングページへの訪問者増加を目的としたマーケティング施策のことを指します。

マーケティング施策であるため、SEOやリスティング広告などは、SEMの中に含まれるということになります。

SEM対策に取り組むべき理由

デバイスの変化、インターネット技術の向上などで、ユーザーの購買方法の変化は、日々変化しています。そのため、マーケティング方法も技術の進歩に合わせて変化していかなければなりません。

SEMで認知度を獲得させ、自社のサービスの認知喚起、ブランドイメージを向上させることで長期的な利益を得ることができます。

SEMとSEOとの違い

SEOはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称であり、検索結果の表示順位を上げてCV数を稼ぐための施策のことを指します。上記の図にある通り、SEMの中の一つがSEOになります。

SEO対策とは

SEO対策とは、ユーザーにとって有益な情報や体験を提供するための施策のことを指します。SSEO対策方法には、Webサイト内部を改修する「内部施策」と外部のサイトで被リンクを増やす「外部施策」があります。

内部施策は、サイト内の導線・階層を整えること、検索エンジンが読みやすいコードにすることなどが挙げられます。一方で、外部施策は自社サイトではなく外部サイト、SNSで引用される、リンクが設置されることです。ただし、ここでのS外部サイトとは質の高いWebサイトに限定されますので注意しましょう。

内部施策 ・サイト内の導線を整える
・サイト内の階層を整える
・パンくずリストやサイトマップを設置する
・検索エンジンが読み取りやすいコードにする
など
外部施策 ・外部サイトやSNSにリンクを貼ってもらう
・外部サイトやSNSにサイト名を引用してもらう
など

リスティング広告とは

リスティング広告は、Googleなどで検索をした際に検索結果の上部に表示される広告のことを指します。リスティング広告は、顕在化したユーザーのCVを狙うSEMであり、広告表示をするユーザーを、検索キーワードをもとに絞ることができます。

銀座の和食店が「和食 銀座」と検索したユーザーにリスティング広告配信をすることで、おのずとクリック率が増加してCVに繋げることが可能になります。

SEOとリスティング広告における施策の違い

ここではSEM施策であるSEOとリスティング広告の違いについて解説します。費用や即効性など、対照的となりますのでそれぞれの特徴を理解した上で検討しましょう。

  SEO リスティング広告
費用 無料 有料
即効性 低い 高い
クリック率 高い 低い傾向
コントロール性 極めて低い 高い

費用

SEOは基本的に無料で行うことができます。対照的にリスティング広告は広告出向をする費用に加えて、1クリックごとにコストがかかります。リスティング広告を検討する際は、1クリックあたりの単価(CPC)についても意識するようにしましょう。

どちらの施策も自分で運用することは可能ですが、より効果的にCVを獲得するためにコンサルティング企業に依頼することもオススメします。コンサルティングを利用する場合はSEO対策も有料となります。

即効性

即効性が圧倒的に高い施策は、リスティング広告となります。リスティング広告は広告を出稿したその瞬間から結果がわかります。

SEO施策の場合は、対策を行ってから検索エンジンで上位表示されるまでに数ヶ月程度時間が必要となることを覚えておきましょう。

クリック率

どちらも上位表示を獲得できればクリック率を向上させることは簡単です。しかし、ユーザーは広告を避ける傾向にあることを覚えておきましょう。よって、時間は必要となりますが自然検索での流入を増やすことのできるSEOの方が高いクリック率を獲得することができます。

コントロール性

リスティング広告では、予算や入札価格、キーワード選定などでコントロールすることができるため、検索順位をある程度予測できたり、予期していないキーワードで上位表示を獲得しているということを避けることが可能です。

対照的にSEOの場合、順位・キーワード選定を決めることができるのは検索エンジンであるため、コントロール性はリスティング広告に比べると低くなります。

SEM対策におけるSEOとリスティング広告の使い分け方

SEMでの成果を上げる際は、SEOとリスティング広告の特徴、メリットを理解して最適な方を利用するようにしましょう。SEO対策にはドメイン内のコンテンツ数も大きく関係するので、ローンチ間もない新しいページにはリスティング広告、すでにコンテンツが豊富にあるサイトの場合はSEOでのマーケティングがオススメです。短期的にはリスティング広告、長期的にはSEOということを覚えておくと良いかもしれません。