2021年08月31日 -

なぜ「検索順位」が下がったの?主な原因やSEOとの関連性、対処方法などを解説!

自社でWebサイトを運営した際、SEO対策したはずのページやキーワードの「検索順位」が突然下がり、お困りではありませんか。「検索順位」が突然下がることには、明確な原因があります。今回は「なぜ検索順位が突然下がったのか?」という観点に焦点をあて、その主な原因やSEOとの関連性、対処方法などについてご紹介します。

なぜ「検索順位」が下がるのか?

自社でWebサイトを運営してると、キーワードの「検索順位」が突然下がることがあります。
その主な原因は「Webサイトの価値の低下」である可能性が高いです。
Webサイトの価値が低下する要因としては、主にペナルティやUI/UXの低下などが考えられます。またWebサイトを一定期間更新せず、記載内容の情報が古かったりすると、Webサイトの価値が低下する要因になりえます。

「検索順位」が下がる具体的な要因

ここでは、「検索順位」が下がる要因について、いくつか具体的に解説していきます。

ペナルティ

Googleから手動対策を受けた場合、「検索順位」が突然下がることがあります。
手動対策とは、Google担当者が目視でWebサイトを確認し、そのサイトが品質に関するガイドラインに違反していた場合、意図的にWebサイトの順位を下げることです。
ガイドライン違反になる項目には、以下のようなものがあります。

・自動生成されたコンテンツ
・リンクプログラムへの参加
・オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
・クローキング
・不正なリダイレクト
・隠しテキストや隠しリンク
・誘導ページ
・無断複製されたコンテンツ
・十分な付加価値のないアフィリエイトサイト
・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
・構造化データのマークアップの悪用
・Googleへの自動化されたクエリの送信

【参考|ウェブマスター向けガイドライン

もし手動対策を受けてしまった場合は、違反箇所を改善し、再審査リクエストを送る必要があります。
その後、Google担当者の審査を受け、認証された場合、ペナルティは解除されます。
しかし、解除直後、すぐに順位が回復するわけではありません。ページランクが向上し、評価が上がることを気長に待ちましょう。
また一度失った評価を基に戻すにはかなりの時間が必要です。的確なSEO対策を施していかないと、状況がさらに悪化する可能性もあります。

不自然なリンク

自社で運営するWebサイト内に不自然なリンクが挿入されていた場合も、「検索順位」が突然下がることがあります。
不自然なリンクには、悪質サイトからの被リンクや過剰な相互リンク、被リンク増殖ツールで獲得した被リンクなどがあります。
現状、Googleから手動対策を受けていない場合でも、順位の下落に被リンクが影響している可能性があるため、定期的にWebサイトの確認が必要です。

ユーザーを無視した過度なSEO対策

過度なSEO対策をしすぎている場合も、「検索順位」が突然下がることがあります。
例えば、順位を上げるため、記事のタイトルや本文に必要以上にキーワードを盛り込んだり、テキスト量を稼ぐために冗長的な文章を書いていたりする場合は要注意です。
SEO対策は施策のバランスが大切になるため、定期的にWebサイトを見直すようにしましょう。

アップデートの更新忘れ

アップデートの更新を忘れている場合、「検索順位」が突然下がることがあります。Googleは、検索ユーザーの満足度を高めるため、定期的にさまざまなアップデートを行っています。
その際、順位やSEO対策に影響を与えるようなアップデートは要注意です。
例えば、Webサイトの表示速度がアップデートの影響を受けた場合は、ページ読み込み速度を上げるようにサイトの改善が必要です。
またコンテンツの質に関するアルゴリズムが変更された場合は、要件を確認し、Webサイト全体を見直す必要があります。
順位やSEO対策の大部分に影響を与えるようなアップデートを行う場合、必ずGoogleから事前に案内が出ます。
順位が極端に落ちた場合は大きなアップデートが起こっていないか確認してみましょう。

Googleの不具合の可能性

Googleに何らかの不具合が起きた場合、「検索順位」が突然下がることがあります。
例えば、2020年8月11日、Googleのインデックスシステムにトラブルが生じ、大きな順位変動を引き起こした例があります。
もしGoogleに何らかの不具合が起きた場合は、必ずGoogleから公式アナウンスがあるため、定期的に情報を確認しましょう。

「検索順位」が下がった際の対処方法

下がった「検索順位」を回復させるには、原因に沿った対処法が必要です。
ここでは、原因の特定に有効な3つのツールについて解説します。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)をチェック

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは、Googleが提供する無料解析ツールです。
Google Search Consoleは検索キーワードの順位やアクセス数など、コンテンツの検索順位を下げるような問題点を確認できます。
また、被リンクのURLが確認できるため、不自然なリンクと判断されたサイトの所有者にリンク削除の依頼することが可能です。
問い合わせ先が無い場合は、リンク否認ツールを使用して対象ドメインまたはURLを否認することもできます。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)をチェック

Google Analytics(グーグルアナリティクス)も、Googleが提供する無料解析ツールで、ユーザーがWebサイトに訪問した後、どのような行動をしたかを把握できます。どの時点でサイト流入が悪化したのかなどを確認し、原因特定に活かしましょう。

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)をチェック

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)はGoogleが提供するあるコンテンツの表示速度の最適化に重点を置いた監査ツールです。
PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)でWebサイトを診断すると、下記画像のようにGoogleから改善点を提示してくれます。

検索順位チェックツールを活用しよう

「検索順位」の回復に向けた対策をした後、本当に改善できているのか検索順位チェックツールで確認してみましょう。
検索順位チェックツールとは、あるサイトやキーワードの「検索順位」を調査できるツールです。
ここでは、本記事おすすめの検索順位チェックツールについて3つほどご紹介します。

検索順位チェッカー(簡易型)

ツール名称 順位自動計測 順位履歴保存 共有に向いているかどうか 対応デバイス
(PC)
対応デバイス
(モバイル)
検索順位チェッカー 簡易型 CSV形式 ・Windows
・Mac

検索順位チェッカーは簡易型の順位チェックツールです。
100位までの順位を知れたり、サイトURLとキーワードを最大5つまで同時検索することができます。無料かつ無制限に使用できるため、初心者でも使いやすいツールです。

【公式サイト|検索順位チェッカー

BULL(クラウド型)

ツール名称 順位自動計測 順位履歴保存 共有に向いているかどうか 対応デバイス
(PC)
対応デバイス
(モバイル)
BULL(クラウド型) クラウド型 CSV、Excel形式 ・Windows
・Mac

BULLはクラウド型の完全自動順位チェックツールです。
クラウド型ツールのため、専用ソフトのインストールが不要です。
また、デバイスを起動していなくてもクラウドで自動検索してくれるため、どんな時でも検索漏れがありません。
さらに検索したデータをクラウドに保存しておけるため、データ管理や共有がしやすいです。
通常盤は利用料金がかかりますが、無料体験版もあります。

【公式サイト|BULL

Rank Tracker(インストール型)

ツール名称 順位自動計測 順位履歴保存 共有に向いているかどうか 対応デバイス
(PC)
対応デバイス
(モバイル)
Rank Tracker インストール型 CSV、Excel形式 ・Windows
・Mac
・Linux

Rank Trackerはインストール型の完全自動順位チェックツールです。
amazonやMicrosoft、IBMなど多数の大手企業が利用していることでも有名です。
Rank Trackerは登録サイト数や登録キーワード数が無制限のため、大量のURLやキーワードの調査に適しています。
またキーワードのグループ分けやメモ機能など順位管理を効率的に行う機能が整っている点も魅力的です。

【公式サイト|Rank Tracker

「検索順位」が下がった原因を明確にし、SEO対策を心がけよう!

「なぜ検索順位が突然下がったのか?」という観点に焦点をあて、その主な原因やSEOとの関連性、対処方法などについて解説しました。
万が一、自社で運用しているWebサイトの検索順位が下がってしまった場合は、その原因を明確にし、「検索順位」の回復を目指すことが大切です。
「検索順位」の回復には、今回ご紹介した原因を特定する効果的なツールを活用してみてください。
また、もし「検索順位」やSEOに関して何か気になることがあれば、大手クライアント実績多数のipe(アイプ)へご相談ください。
検索順位が下がった要因を突き止め、今後とるべき対策の最適解をご提案いたします。