不動産サイトが行うべきSEO対策とは|重要とされる背景からポイントまで解説

不動産サイトが行うべきSEO対策とは|重要とされる背景からポイントまで解説

不動産サイトを制作した後、そのまま放置している状態では顧客を獲得することは難しいでしょう。しっかりとSEO対策を行い、オーガニック検索から自社サイトへ流入を図る必要があります。本記事では、不動産サイトが実行すべきSEO対策や重要とされる背景、施策のポイントまで徹底解説しますので、ぜひ参考にしてください。

なぜ不動産サイトではSEO対策が重要?

1つ目の重要性は、インターネット検索を利用している人が多いからです。

インターネットが普及した頃は、パソコンを利用するのが一般的でした。しかし、現在はスマホの普及により、自宅だけでなく、外出先からもアクセスできるようになったのです。非常に手軽になったので、インターネット検索は幅広い人達に使われるようになりました。実際に調べれば、知りたい情報を短時間で入手することができます。利便性が高く、私達の生活に欠かすことができないものといえるでしょう。

どのぐらいの人がインターネットを利用して情報収集しているのかがわかる資料があります。下記の画像は総務省が発表した年代を超えたICT利活用普及の情報収集に関するデータです。

経済産業省|平成27年度情報通信白書

目的の有無に関わらず、『インターネットの検索サイトで検索する』と応えた人が70%を超えます。また、サービスや商品に関する評判を調べるときにインターネットを使用する割合は年代全体で79.3%です。このように、普段から多くの人に利用されていることが容易に理解できます。

また、年代によって大きな差が開くことがないため、年齢に関わらず利用している人が多いといえるでしょう。インターネット検索は調べごとをするとき、もっとも一般的な手段になるため、不動産サイトのSEO対策は重要です。

2つ目の重要性は、自社サイトを制作しただけでは、オーガニック検索からの流入を見込むことができないからです。サイトを構築し、公開したとしても検索ユーザーからのアクセスはほぼ皆無に等しいでしょう。なぜなら、キーワードを使用して対策をしていないからです。例えば、SEO対策をしていないサイトでも不動産名で検索をすれば、貴社の不動産サイトがヒットするかもしれません。しかし、ターゲットとなる顧客は、不動産名ではなく物件情報に関するキーワードで検索をするため、利益となる顧客からの流入を得ることができません。

また、不動産サイトには競合がたくさん存在します。ほとんどの競合がキーワードによる対策を実行しているため、制作しただけの不動産サイトが簡単に上位表示されることはありません。以上の理由から不動産情報に関するキーワードから検索を獲得するためには、上位表示が必須であり、それを実現するためにSEO対策は重要といえます。

そもそもSEO対策とは

Search Engine Optimizationの略称で検索エンジン最適化を意味します。簡単にいえば、検索結果のランキング上位表示を狙うための施策のことです。また、マーケティング戦略のひとつとしても知られています。上位表示されていないWebページはクリックしてもらう確率が大幅に減り、ユーザーの流入を得られません。SEO対策をすることで、そのページを上位に押し上げることができるため、マーケティングとして効果的といえます。

不動産サイトにおけるSEO対策のポイント

不動産サイトのSEO対策におけるポイントは、大まかにわけて2つあります。どちらのポイントも非常に重要な内容になりますので、詳しくチェックしていきましょう。

キーワード設定

1つ目がキーワード設定です。不動産サイトの場合、下記の3点に注目するようにします。

具体的なキーワードを使う
口語体の検索に注意する
ユーザーの検索のタイミングに着目する

それぞれのチェック項目について具体的に見ていきましょう。

具体的なキーワードを使う

賃貸物件を探している人によって求めている条件が異なります。例えば、『駅から違い物件』、『ペット可のマンション』、『3LDKのオートロック付きマンション』などです。契約の確度が高い顧客になればなるほど、検索キーワードが具体的になるという傾向があります。そのため、具体的なキーワードを選定して対策を行うのがポイントです。そうすることで、ユーザーからの流入を得られる可能性が高くなるので、施策効果が得やすくなります。

口語体の検索に注意する

不動産サイトのキーワード選定のポイントは、口語体を使用することです。例えば『住みやすい』、『安い』、『畑付き』など、口語体で検索するユーザーが多いといわれています。そのため、ユーザー目線に立ってキーワードを選定することが求められるでしょう。

逆に、専門用語で対策をするのは好ましくありません。代表的な例としては“仲介”などが挙げられます。不動産業界で頻繁に使われる言葉は、日常生活では聞かれない用語であるというケースも珍しくありません。そのため、専門用語で対策をするとそのようなワードで検索する人がいないため、Webサイトから顧客を獲得することは難しくなります。キーワードを選定するときは、業界用語は避けて顧客の目線に立った設定が求められるでしょう。

ユーザーの検索のタイミングに着目する

より確度の高い顧客を獲得するために、ユーザーが検索するときのタイミングについて考えることも重要なポイントです。賃貸物件の契約を検討している人は、家賃の内訳や支払い方法などに関して情報を知りたいので検索する可能性があります。すでに借りたい賃貸物件が具体的にある人の検索ワードになるため、確度が高い顧客であるといえるでしょう。そのようなユーザーからの流入を獲得することができれば、自社保有物件も同時に検討してもらえる可能性もあるので、マーケティングとして効果的です。

位置情報

Googleにログインしており、住所が設定されている場合、そのユーザーは住所が検索エンジンに知られています。また、GoogleはIPアドレスや過去のアクティビティから位置情報を推定しているため、ユーザーがどこから検索しているのかを把握することが可能です。そのため、ログインしている状態で『賃貸物件』と検索すると、その位置情報をもとにユーザーに合わせた結果が表示されます。例えば、渋谷区で検索すると渋谷区内の賃貸物件を紹介しているWebページが上位表示されるのです。つまり、不動産サイトは位置情報によって大きな影響を受けます。そのため、SEO対策をするときは位置情報を考慮することが非常に重要です。

不動産サイトにおけるキーワード例

不動産サイトで使われるキーワードの種類は大まかにわけて4つです。種類に合わせた具体的な例なご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ビッグワード

ビッグキーワードは、検索回数が多いキーワードのことです。非常に多くの人が検索するワードになるため、上位表示を獲得することができれば、大量のアクセスを得ることができます。しかし、競合が高く、難易度は非常に高いです。

不動産サイトのビッグキーワードの代表例は下記の通りです。

ビッグキーワードの例
「賃貸」
「新築マンション」
「中古マンション」
「一戸建て」

これらのキーワードで検索すると『HOME’S』や『SUUMO』などの有名不動産サイトがヒットします。難易度は高いですが、上位表示されれば多くのリターンを得ることが可能です。

ロングテールキーワード

3語以上の言葉を複数つなぎ合わせたキーワードのことです。上位表示を狙いやすい、コンバージョン率が高いなどのメリットがあります。

不動産サイトでロングテールキーワードを使用する場合、地名と組み合わせることが多いです。

ロングテールキーワードの例
「地名×賃貸×マンション」
「地名×物件×安い」
「地名×中古×マンション」

ニーズが顕在化しているキーワード

ニーズが顕在化した場合、借りたい不動産の対象が狭まるため、より具体的なキーワードで検索するユーザーもいます。例えば、『○○レジデンス』などのマンション固有の名前です。そのため、固有名詞で対策する方法もひとつの手段になります。

顕在化したときに使われるキーワードの例
「地名×○○レジデンス」
「地名×メゾン・ド・○○」
「地名×○○ハイツ」

ニーズが潜在的なキーワード

ニーズが潜在的なキーワードで対策するケースも多いです。例としては、『まだ特定のエリアに住むことは決めていないけど、引っ越しの予定があり子育てしやすいエリアを探している』というユーザーが該当します。

そのエリアの家賃相場や住みやすさなどの検索ニーズが考えられるでしょう。

ニーズが潜在的なキーワードの例
「地名家賃×相場」
「地名×独身×住みやすい」
「子育て世帯×住みやすい」

【ipe】不動産サイトのSEO対策事例

実際に、弊社では不動産サイトのSEO対策を手掛けた事例があります。具体的には、大手不動産情報ポータルサイトのSEO・コンテンツマーケティングを実施し、成果を獲得することができました。課題や施策、結果は下記の通りです。

大手不動産サイトのSEO対策事例

課題 ・Googleに認識されていない数十万のWebページが存在
・重複コンテンツや低品質コンテンツが量産されている状態
施策 ・テクニカルSEOによるネガティブ要素の排除
・各ページのテーマ性向上
・競合サイトとのコンテンツ差別化
結果 ・エリア系キーワードで上位表示を多数達成

弊社が手掛けた大手不動産サイトのSEO対策事例についてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひ下記のページにアクセスしてみてください。

正しいSEO対策を行って、サイトへの流入を増やしましょう

インターネットから賃貸物件情報を収集する人が多く、不動産サイトから集客を得るためには、SEO対策が必要不可欠です。しかし、自社でSEO対策を実践するためには、施策の立案やキーワード選定、コンテンツ制作までに対応しなければならず、リソースの問題などが浮上します。もし、自社で対応が難しいと思われる方は、専門のSEO対策会社に依頼するのがおすすめです。

株式会社ipeでは、すでに不動産サイトのキーワード上位表示に成功しており、実績もあります。そのため、マーケティングに悩みを抱えている方は、まず下記のSEO無料分析から試してみてはいかがでしょうか。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6265-6008 9:00~18:00(平日)