PPC広告とは?概要や重要性、メリット・デメリット、成功のコツ、出稿方法なども解説!

PPC広告とは?概要や重要性、メリット・デメリット、成功のコツ、出稿方法なども解説!

「PPC広告」とは、「Pay Per Click」の略で、1クリックごとに支払う課金形式の広告です。

今回は「PPC広告」に焦点を当て、その概要や重要性、メリット・デメリット、成功のコツ、出稿方法などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「PPC広告」とは?

「PPC広告」とは、「Pay Per Click」の略で、1クリックごとに支払う課金形式の広告です。

広告がクリックされると同時に広告費が発生する仕組みです。

【PPC広告(クリック課金型広告)の例】

広告名 概要
リスティング広告 検索連動型広告とも呼ばれ、検索エンジンの検索結果において、ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を掲載する広告
ディスプレイ広告 Webサイトの広告枠に表示される広告
SNS広告 FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSのプラットフォームに出稿する広告

「PPC広告」の重要性

「PPC広告」は、自社商品・サービスの認知度やブランディングを向上させることが第一の目的ではありません。
あくまでターゲットユーザーへの販売(CVにつなげること)を目的とする場合が多いです。

「PPC広告」を利用する際は、どのような戦略をとれば、CVに繋がるかを吟味する必要があります。

「PPC広告」のメリット

ここでは、「PPC広告」のメリットについて4点解説します。

低予算での広告運用が可能

「PPC広告」では、上限クリック単価や予算設定を通して、希望予算で広告を運用することができます。

資金力で劣ってしまう中小企業にとって、低コストから運用できる「PPC広告」は大きなメリットと言えるでしょう。

広告の停止や修正が可能

広告の停止や修正ができる点も「PPC広告」のメリットです。

雑誌や看板などに掲載した広告の場合、途中で停止したり、編集したりすることは困難です。
仮に広告の停止や修正ができる契約でも、その分の追加コストが発生する可能性があります。

「PPC広告」であれば、自分の好きなタイミングで広告の停止や修正を行えます。

効果測定が可能

「PPC広告」は、その広告をクリックしたユーザーの流入数を把握できるため、効果測定を行えます。

またインプレッション数やクリック数などマーケティングに欠かせない情報も把握できるため、広告経由でのCV数を明確に把握でき、状況に応じた広告のブラッシュアップも可能です。

さらにユーザー行動を把握し、課題や改善点を導き出し、効果を最大限発揮できる広告に仕上げることもできます。

費用対効果が高い

「PPC広告」は、ユーザーが広告をクリックをしなければ広告費は発生しません。

ユーザーが広告をクリックする理由は、その広告に興味・関心があるからです。
興味・関心があるということは、CVに繋がりやすいということでもあります。

そのため「PPC広告」では、費用対効果を無駄なく高めることが期待できます。

「PPC広告」のデメリット

ここでは、「PPC広告」のデメリットについて3点解説します。

人気の対策キーワードはクリック単価が高い

「PPC広告」では、対策キーワードごとにクリック単価を決められます。

これ自体はメリットなのですが、クリック単価は競合他者とのオークション形式入札になるため、成約率が高いキーワードは人気が高く、人気のキーワードはクリック単価が高くなる傾向があります。

広告掲載を持続できる運用リソースが必要

「PPC広告」は、一度掲載したら終わりではなく、費用対効果を常に確認しながら運用し続ける必要があります。

そのため、「PPC広告」の運用には、専門的なノウハウが必要です。

もし社内に「PPC広告」に詳しい専門スタッフがいない場合は、外部の業者に運用を頼むことになり、その分の費用が広告費以上に高くなる場合があります。

広告配信停止と同時に顧客の流入も止まる

広告を出稿している期間は集客効果が期待できますが、配信をやめると同時に、顧客の流入もストップします。

そのため、広告運用だけに頼らず、地道なSEO施策やコンテンツ制作の時間も確保し、自然集客も得られるようにすることが重要です。

「PPC広告」を成功させるコツ

ここでは、「PPC広告」を成功させるコツについて3点解説します。

効果的な対策キーワードの選定

「PPC広告」を出稿する際は、「ユーザーがなぜそのキーワードで検索したのか」、その意図を想像し、CVに直接つながるような対策キーワードを選定しましょう。

なおキーワードによっては、クリック単価が高い場合があります。
その場合は、ニッチキーワードに変更することで、クリック単価を下げることが可能です。

魅力的な広告文を意識する

多くの検索結果の中から、自社の広告をクリックしてもらうには、ユーザーに選んでもらえる魅力的な広告文作成が重要です。

ポイントは、ユーザーが注目しそうなタイトルを意識することです。

タイトルには、対策キーワードやアピールポイントを挿入しましょう。
ユーザーの興味・関心にヒットし、クリックしてもらえる可能性が高くなります。

除外キーワードの設定・排除

除外キーワードとは、宣伝したい商品・サービスと関連性が薄いキーワードでユーザーから検索された場合、意図的に自社の広告を表示させないよう設定できる仕組みです。

除外キーワードを設定すると、ユーザーがそのキーワードを検索した際、自社の広告は表示されません。
これはCVが期待できないユーザーを排除し、無駄なクリックによる広告費を削減する意図があります。

「PPC広告」の出稿方法

最後に、「PPC広告」を出稿するまでの流れを説明します。
今回は、Googleでの出稿方法について解説します。

アカウント開設

まずは、アカウントを開設します。

Googleの場合、次の公式サイトから開設可能です。

【Google広告:公式サイト

アカウント開設後、支払情報の設定なども完了させましょう。

キャンペーンの作成

次にキャンペーンの作成です。
キャンペーンとは、Google広告を管理するための単位です。

キャンペーン毎に予算を設定できるため、商品やサービスごとに運用管理がしやすいメリットがあります。

キャンペーンを作成する際は、「目標」を選択します。
目標は、見込み客獲得や商品。ブランドの比較検討、ブランド認知度とリーチなどの選択肢から選べます。

またキャンペーンタイプも複数から選べます。
リスティング広告を出稿する場合は「検索」を選びましょう。

キャンペーンを設定する

キャンペーンの作成後、キャンペーン名やターゲット、予算・入札単価など、キャンペーンに関する基本設定を完了させましょう。

なお内容は後で変更できるため、ここでは大まかな情報だけ設定し、次に進みましょう。

広告グループを設定する

広告グループとは、キーワードや広告文、表示URL、リンクURLなどをまとめる単位です。

各キャンペーン内に複数設定できるカテゴリーのようなものと考えるとわかりやすいでしょう。

ここでは、広告を表示する検索キーワードを設定します。

競合他者の状況や検索ボリュームなどを分析し、自社の予算や目的に応じた設定を行いましょう。
なお設定は、後から追加・修正可能です。

広告文を作成する

最後に、検索結果に表示される広告文を作成します。

プレビュー画面を見ながら、必要な情報を盛り込みましょう。
広告文には、CTAという行動喚起を促すキーワード(無料見積もりや今すぐ来店などの文言)を入れると良いです。

「PPC広告」を活用し、自社の売上を向上させよう!

このページでは、「PPC広告」に焦点を当て、その概要や重要性、メリット・デメリット、成功のコツ、出稿方法などについて解説しました。

「PPC広告」は低予算で始められるにも関わらず、費用対効果が高く、CVの高いユーザーに直接アプローチできる広告です。

ぜひ自社の売上向上を目指し、「PPC広告」を始めてみてはいかがでしょうか。

「PPC広告」や「SEO」でお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)