発注量の計算とは?在庫管理のための計算式や適正在庫を求める方法などを詳しく解説!

発注量の計算とは?在庫管理のための計算式や適正在庫を求める方法などを詳しく解説!

発注量の計算は、店舗や在庫を抱えるECショップなどで、商品在庫を発注する際の計算のことを指します。今回は、発注量やビジネスの損失に関わる適正在庫、経済的発注量などをご紹介します。気になるポイントを確認していきましょう。

目次

発注量とは?具体的に解説 1

発注量とは 2

発注点とは 2

発注方式 2

定期発注方式 2

定量発注方式 2

発注量の計算 3

適正在庫について 3

適正在庫とは 3

適正在庫の計算の考え方 4

適正在庫を維持するポイント 4

社内で適正在庫に対する意識を統一する 4

2つの発注方式をあらためてみる 4

需要予測をする 5

リードタイムの最適化を試みる 5

経済的発注量について 5

経済的発注量とは 5

経済的発注量の計算方法 5

在庫管理のために発注量をサポートするIoT導入 6

店舗やECサイトを運営するうえで発注量の計算は重要 6

発注量とは?具体的に解説

店舗などにおける、発注量について考えることは、スムーズに製造や販売をするために必要不可欠です。顧客が、何を考えて商品を購入するのか、流れを読み滞りなく販売するために重要です。ここでは、そのような発注量を決める要素となる「発注点」と「発注方式」について紹介します。

発注量とは

発注量とは、発注する商品の量のことです。発注量の計算をしっかりとおこなうことで、在庫商品の数が適正な数値に近づけられます。

発注点とは

発注点とは、在庫管理手法のひとつで、発注するタイミングのことです。設定した数量を下回れば発注することから、閾値という別名もあります。

発注方式

・定期発注方式

・定量発注方式

発注方式は2つあります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

定期発注方式

定期発注方式は、あらかじめ期間を決めた上で、スケジュールごとに発注をする方式です。月の初旬や中旬、月末といった具合に一定期間ごとに発注します。その都度、発注する個数を変えることで在庫を調整して、適正な個数に合わせます。あらかじめ発注のタイミングが決まっているため、発注やそれにともなう支払いといった流れを効率化することが可能です。

一方で発注数を間違うと過剰在庫や在庫不足に陥る可能性もあります。過去の需要や生産量などから発注量を決める必要があるため、在庫をコントロールする人の育成も必要となるでしょう。

定量発注方式

定量発注方式は、在庫量が設定した一定量より下がると発注する方式です。発注点をしっかりと決めておくことで在庫の適性化がはかれます。

一方で効率的な発注が難しい点があげられます。発注の時期や支払い時期が一定ではなく、在庫を多めに確保しておかないと急な需要に対応できないという点もあります。

発注量の計算

定量発注方式の場合、発注点を計算するところからはじめます。

・1日の平均出荷量×調達期間+安全在庫

・平均使用量×発注リードタイム+安全在庫

発注点の計算方法は、上記の2つの方法があります。

発注してから入荷するまでの期間、在庫が不足しないように発注点を決めます。在庫が不足すれば販売する機会があっても売ることができません。結果的に損失につながるため、常に余裕のある在庫であるために計算しておきましょう。

また、1日の平均出荷量においては、消費するスピードが速い商品などのケースでは、余裕をもって見ておくことが大事になります。ケースごとに、最大値や中央値を選ぶようにするなど、柔軟な対応が必要です。

適正在庫について

適正在庫は、商品在庫にムダのない状態です。計算やポイントをおさえることで在庫管理がスムーズになるでしょう。ここでは、適正在庫について紹介します。

適正在庫とは

適正在庫とは、ムダがなく欠品が出ない最低減の量のことです。発注したものが多くなりすぎて購入量が多くなれば、それは過剰在庫になってしまいます。

過剰在庫が良くない理由には下記のようなものがあります。

・在庫を置くスペースが余分に必要になる

・在庫を余分に買った分のコストがかかる

・在庫を管理するための人件費や倉庫代などがかかる

・商品の品質低下などの対策で、値引きなどする必要がある

・在庫の見える化を妨げ、問題点を発見する邪魔になる

利益を最大化するためにも、適正な在庫状態をキープすることは重要な課題です。適正在庫量とは欠品の出ない最低量とも言い換えることができるでしょう。

また、適正在庫の維持はキャッシュフローの適性化の観点からも重要です。販売機会を逃してしまい、在庫を現金化することができなければ、収益がマイナスになります。ユーザーが商品を手に入れることができなくなるため、客からの信頼も失うことにつながりかねません。

適正在庫の計算の考え方

適正在庫の計算は、安全在庫とサイクル在庫について考えます。

・適正在庫=安全在庫+サイクル在庫

安全在庫とは、最小限の在庫のことです。通常在庫にプラスして、商品を発注してから納品されるまでの時間を指すリードタイムの変動や、急な需要に対応するための余裕をもった在庫のことを指します。

サイクル在庫は、発注してから次の発注までの間に消費された半分の在庫量を指します。1週間に1度の発注なら3日と半日までに売れた数のことです。イベントやシーズンについてなど、どのあたりで売上の変動が起きるかを予測する必要があり、経験が問われます。

適正在庫を維持するポイント

・社内で適正在庫に対する意識を統一する

・2つの発注方式をあらためてみる

・需要予測をする

・リードタイムの最適化を試みる

適正在庫の計算を知った上で、適正在庫の状態を維持するためにはどのようなポイントがあるのか、おさえておくことが重要です。上記のポイントを順に紹介します。

社内で適正在庫に対する意識を統一する

まずは、自社内で適正在庫に対する意識が統一できているか、あらためて確認しましょう。部門間で適正在庫に対しての考え方が違うと適正在庫は維持できません。コストカットしたい部署はロット数を大きく注文し、原材料を安く仕入れて1回あたりの運送費もおさえたいと思うでしょう。しかし、販売担当の部署は在庫に余裕を持ちたいはずです。

部署間で考えを共有し、すり合わせることで、会社全体の適正在庫に対しての取り組み方を決めることができるでしょう。周知徹底することで適正在庫の維持につながります。

2つの発注方式をあらためてみる

現在使用している、発注方式をあらためてみることもひとつの方法です。先ほど紹介した、定期発注方式と定量発注方式の2つの方式をそれぞれ比べ、見直してみましょう。

定期発注方式は、在庫がどれだけ残っているか関係なく、時期が来たら発注する方式ですが、あらかじめ予想して発注量を決めておくため、手間がかかります。発注量を増減することにより、市場ニーズに柔軟に対応できます。欠品が防げることもあり、シーズンごとに需要が変動する商品を発注するのに向いている方式です。

定量発注方式は、あらかじめ設定した在庫量を下回ったら、一定数だけ発注する方式です。発注する量を前もって決めているので、在庫管理や発注業務の人件費を減らすことにつながります。安い価格の商品やニーズの変動の少ない商品に向いている発注方式といえるでしょう。

2つの商品はどちらが良い悪いではありません。どのような商品を取り扱っているか、販売方法や管理する人員などをトータルで考えて決めることが重要です。

需要予測をする

需要予測も適正在庫にはポイントとなります。需要予測とは、過去の販売実績や顧客ニーズ、トレンドなどを月単位で分析して、適切な予測をすることです。市場ニーズの変化に対応するために、分析と調整をした上で需要予測をおこなうことは、正確な発注量のために必要といえるでしょう。

また、誰でも適切な発注業務を行えるように、業務属人化を防ぐシステムを導入することも考えましょう。加えて、需要予測がはずれた場合のことも考え、在庫調整を迅速に実施できる仕組みをつくることも、適正在庫を維持するには欠かせません。

リードタイムの最適化を試みる

業務の各工程や、流れを見える化して、かかる時間や不良品発生率などを明確にすることで、最適なリードタイムに近づけることができます。リードタイムが短くなれば、欠品が発生したときに顧客を待たせる期間も短くなるので効果的です。自社のリードタイムを最適化することを考えてみるとよいでしょう。

経済的発注量について

ここでは、経済的発注量の概要や計算方法を紹介します。

経済的発注量とは

経済的発注量とは経済的ロットサイズとも呼ばれる、発注するときのコストの総額を最小化する発注量のことです。在庫に対してのコストを考え、経済的な発注量にすることでムダを省くことができるといった考えです。

経済的発注量の計算方法

経済的発注量=√(2×1回あたりの発注費用×年間必要量÷年間在庫保管費用)

経済的発注量の求め方は上記の通りです。経済的発注量とは、発注費用と在庫保管費用の合計が最も小さくなる、1回あたりの発注量のことを指します。

在庫管理のために発注量をサポートするIoT導入

発注量が多すぎれば過剰に保管スペースを圧迫することになりますし、発注量が少なすぎれば在庫に余裕がないため、売ることができず売上が減ってしまいます。そのため、在庫管理の適性化は、企業にとって非常に重要です。

在庫管理は、商品を売る業態の会社において必要不可欠な業務です。とはいえ、人手不足などの問題の中で、在庫管理にばかり時間をかけていられません。コストを下げながら、効率的に間違いの少ない在庫管理をおこなうことが重要です。そのため、昨今では在庫管理の自動化に注目が集まっています。

IoTといった、インターネット化を業務に施すことで、企業や業界自体をより良くしていく仕組みです。特に、モノのインターネット化といわれるIoTを導入して自動化や見える化などを推進することで、在庫管理が飛躍的に効率化できるでしょう。

また、現場作業もまた効率的になり、棚卸や工期のスケジュール管理や品質の管理に関しても効率化がはかれるようになります。IoT機器を導入して、在庫の保管状況の視覚化やデータ分析につなげることで課題を発見しやすくもなります。生産性の向上に加え、残業代の削減にもつながるでしょう。

店舗やECサイトを運営するうえで発注量の計算は重要

店舗や、ECサイトを運営するうえで、発注量の計算は非常に重要です。IoT機器などを使用し自動化や見える化を導入することで、効率的な在庫管理ができ、商品展開やサービス向上につながる可能性があります。理解を深めることで、自社商品・サービスのコスト削減につながる可能性があります。ぜひ本記事を参考に、自社のビジネスに適正在庫のためのIoTを活用してみてはいかがでしょうか。

また、弊社はコンテンツマーケティングやSEOに関しての知識やノウハウが豊富です。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績も多数ありますので、SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)