「HTMLサイトマップ」とは?概要やSEOとの関係性、作成方法なども解説!

「HTMLサイトマップ」とは?概要やSEOとの関係性、作成方法なども解説!

「HTMLサイトマップ」とは、Webサイト内に存在するコンテンツがカテゴリーごとやリスト形式で整理・表示されている一覧ページのことです。

今回は「HTMLサイトマップ」に焦点を当て、その概要やSEOとの関係性、作成方法、作成例などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「HTMLサイトマップ」とは?

HTMLサイトマップとは、Webサイト内に存在するコンテンツがカテゴリーごとやリスト形式で整理・表示されている一覧ページのことです。

初めてWebサイトを訪問したユーザーはどこに、どのようなコンテンツがあるのか分かりません。

そのため、離脱率の向上や滞在時間の低下、機会損失などへとつながります。。

HTMLサイトマップを設置すれば、ユーザーが目的のコンテンツを探しやすくなるため、ユーザビリティを高め、機会損失を防ぐ効果が期待できます。

「HTMLサイトマップ」とSEOとの関係性

2022年8月現在、検索エンジンがWebサイトを巡回する際に用いるのはXMLサイトマップだとGoogleが「サイトマップの概要」で公言しています。そのため、、HTMLサイトマップに直接的なSEO効果はないと言われています。

しかし、先ほども解説しましたが、HTMLサイトマップを設置することで離脱率の低下や滞在時間の向上、機会損失の防止などユーザビリティの向上に期待できます。

その結果、GoogleからのWebサイトやページの高い評価を得ることができるため、HTMLサイトマップの設置には間接的なSEO施策としての効果があります。

「HTMLサイトマップ」とXMLサイトマップの違い

(引用:https://www.willgate.co.jp/promonista/glossary-sitemapxml/)

XMLサイトマップとは、検索エンジン向けにWebサイト内の各ページ情報(URLや最終更新日、更新頻度、優先度など)を記載したファイルです。

HTMLサイトマップ XMLサイトマップ
役割 ユーザビリティの向上を目標 クローラビリティの向上を目標(SEO対策)

基本的に、検索エンジンはXMLサイトマップを参考にWebサイト内を巡回します。

その際、新規作成したページは検索エンジンが発見するまで時間がかかるのです。

しかし、XMLサイトマップを設置することで、検索エンジンに正確な情報を伝達し、素早く自サイトの更新情報を反映できます。その結果、スピーディに検索結果に自サイトのページ表示させることができます。

つまり、XMLサイトマップはクローラビリティを向上させる効果があり、その結果SEO効果が期待できるのです。

なおXMLサイトマップに関する詳細は、以下のページをご覧ください。

【株式会社ipe|サイトマップとは?XML、HTMLなどの種類やSEOへの効果、作り方を解説

【株式会社ipe | XMLサイトマップ(sitemap.xml)

「HTMLサイトマップ」を作成するメリット

HTMLサイトマップを設置すれば、ユーザビリティの向上が期待できます。

Webサイトの運営者はページ設定を把握しているため、Webサイトの閲覧に不便を感じることは少ないでしょう。

しかし、初めてWebサイトに訪問するユーザーはサイト内の構造がわかりません。目的のページに遷移するまで時間がかかったり、辿り着けない可能性があります。

HTMLサイトマップを設置すれば、ユーザーがスムーズに目的のページに遷移でき、利便性に優れたWebサイトとしてユーザーから重宝される可能性が高いです。

「HTMLサイトマップ」の作成方法

ここでは、HTMLサイトマップの作成方法について2種類ご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

1.手動作成

Webサイトのページを抜け漏れなく羅列し、手動で作成する方法です。

WordPressを活用せずに(例えば、VScodeなどのエディタを用いて)Webサイトを制作している場合、手動でHTMLサイトマップを作成することになります。

その際、Webページの抜けや漏れがないように注意しましょう。

2.WordPressのプラグインで自動作成

HTMLサイトマップは、WordPressのプラグインを用いて自動で作成することも可能です。

今回は例として、「PS Auto Sitemap」を活用した作成方法について解説します。

なお「PS Auto Sitemap」では、HTMLサイトマップの自動更新にも対応しています。

そのため、ページを新規で追加した場合に更新の手間が要らないだけでなく、抜け漏れのリスクを減らせるというメリットもあります。

具体的な「PS Auto Sitemap」の使用方法は以下です。

  1. Webサイトに「PS Auto Sitemap」をインストール・有効化
  2. 設定画面から「PS Auto Sitemap」をクリック
  3. 「PS Auto Sitemap」を設定する
  4. 設定画面の一番下の方にあるショートコードをコピー
  5. [固定ページ]→[新規追加]→タイトルをサイトマップに設定
  6. エディタをテキストにした後、ショートコードを貼り付け、[公開]をクリック
  7. [固定ページ]→[固定ページ一覧]→先ほど作成したページの編集をクリック
  8. ブラウザのURL欄から、post○○の部分の数字だけをコピー
  9. 設定画面から「PS Auto Sitemap」をクリック→サイトマップを表示する記事という入力欄にコピーした数字を記入
  10. 「変更を保存」をクリック

「HTMLサイトマップ」の作成例(デザイン)

ここでは、参考になるHTMLサイトマップの作成例について3社ご紹介します。

1.株式会社ipe

弊社では、「シンプルかつわかりやすい」を意識したHTMLサイトマップ制作を心掛けています。

コンテンツに意識を向けていただきたいため、デザインやレイアウトはあえてシンプルに仕上げています。

2.ひらかたパーク

上記は、大阪府枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」のWebサイトに設置されたHTMLサイトマップです。

カテゴリごとに色分けされているだけでなく、ページ上部のグローバルナビゲーションの色と揃えられているため、視覚的に見やすいデザインになっています。

3.神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ

上記は、神戸市の神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズのWebサイトに設置されたHTMLサイトマップです。

大カテゴリーごとに写真を掲載することで、ユーザーがコンテンツをイメージしやすい演出が施されています。

また高級感溢れるオシャレなイメージを連想される背景色を使用することで、ホテルのイメージアップを意識しています。

「HTMLサイトマップ」のソースの確認方法

参考にしたいWebサイトの「HTMLサイトマップ」を見つけた場合、その「HTMLサイトマップ」がどのようなソース(プログラミングコード)で作成されているか気になりますよね。

各Webサイトの「HTMLサイトマップ」のソースは以下の方法で確認することができます。

  1. 参考にしたいWebサイトの「HTMLサイトマップ」ページを表示する
  2. マウスを右クリック
  3. 「ページのソースを表示」をクリック
  4. するとページのソースが表示される

「HTMLサイトマップ」を制作し、自社サイトのユーザビリティを向上させよう!

このページでは、「HTMLサイトマップ」に焦点を当て、その概要やSEOとの関係性や作成方法、作成例などについて解説しました。

HTMLサイトマップは、主にユーザビリティの向上に役立ちます。

SEOに直接的に関係がなくても、ユーザビリティの観点から結果的にWebサイトやページの評価が向上する可能性が高いです。

そのため、Webサイトを運営する際は、HTMLサイトマップを作成することをおすすめします。

また同時に、クローラビリティを向上させ、自サイトの更新情報を検索エンジンに素早く反映し、スピーディに検索結果に表示させることができるという観点から、XMLサイトマップの作成も検討しましょう。

詳細は以下の記事をご覧ください。

【株式会社ipe | XMLサイトマップ(sitemap.xml)

「HTMLサイトマップ」や「SEO」でお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!
SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)