2021年06月14日 -

302リダイレクトとは?301との違いは?htaccessなどの実装方法についても解説!

サイトをメンテナンスするにあたり、リダイレクトが何かわからず困ってはいませんか?このページでは302リダイレクトを使いSEOに最適な理由やその用途を解説します。さらに30Xの各リダイレクトとの違いや、設定の種類について紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

302リダイレクト(302 Found)とは

302リダイレクト
効果 一時的に転送
主な使用場面 ・サイトの更新作業やメンテナンス
・予期せぬエラーや不具合回避のための一時的な転移
・A/Bテスト
・スマホページへの転送
インデックス リダイレクト元
PageRank 渡す

URLリダイレクト(転送)とも呼ばれており、30Xの「HTTPステータスコード」の中の1つが「302リダイレクト」です。302リダイレクトは一時的なページ転移に使用されることが多く、その期間が短いのが特徴でしょう。期間の目安としては大体1~2週間程度です。

「URLは一時的に変更するが、後で元に戻したい」といったシーンでは「302リダイレクト」が最適です。

302リダイレクトのSEO的な意味

過去には302リダイレクトはページランクを受け継がず、評価の低下を引き起こす危険もあると考えられていましたが、現在では302リダイレクトでもページランクの評価を引き継ぐとGoogleが公表しています。(※1)

しかしメンテナンスなど一時的な転送では302リダイレクトを使用し、サイト移転などページランクの評価を引き継ぎたい場合には301リダイレクトを使用するのが一般的です。

またインデックスに関しては、移転前の元のページが登録される仕様であるため、一時的な302リダイレクトをしたページは検索時に表示されません。ただし長期間の302リダイレクトをすると、転移先がインデックスされるので注意が必要です。

※1.Googleの見解について詳細は下記に掲載されています
https://developers.google.com/search/docs/advanced/crawling/site-move-with-url-changes

301リダイレクトとの違い

301リダイレクト 302リダイレクト
効果 半永久的に転送 一時的に転送
主な使用場面 ・サイト移転時
・URLの正規化
・スマホページへの転送
・メンテナンス中
インデックス リダイレクト先 リダイレクト元
PageRank 渡す 渡す

302リダイレクトと対照的なのが「301リダイレクト」です。301リダイレクトは、サイトの引っ越しやページの変更・移転で恒久的にリダイレクトする方法として使われます。例えばURLの正規化やドメイン変更によりサイトURLを1本に絞る用途でも積極的に使われます。

302リダイレクトが一時的なものであるのに対し、301リダイレクトは基本的に変更を元に戻すことはありません。例えば社名変更によりサイトを新規ドメインに移す場合、301リダイレクトを使用するのが一般的です。また302リダイレクトより301リダイレクトのほうが検索エンジンの認識が早く、優先して表示するのも特徴です。

302リダイレクトとその他のリダイレクトとの違い

リダイレクトには302や301以外にもさまざまな転送方法があります。リダイレクトの性質を理解し、正しい方法でWEBページに処理を施すことでSEO的にもユーザビリティ的にも優れたサイトを構築することができるでしょう。

300番台のリダイレクトには、302・301リダイレクトから派生した「303リダイレクト」・「307リダイレクト」・「308リダイレクト」があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

303リダイレクト

303リダイレクトは、一時的な転送に分類されるGETメソッドを使ったリダイレクトです。「303 See Other」、日本語にすると「他を参照しなさい」を意味します。使用場面としてはPOSTメソッドを用いた通信にフォーム画面を表示して一時的に内容を表示するシーンが挙げられます。

307リダイレクト・308リダイレクト

307リダイレクトと308リダイレクトは301リダイレクトと302リダイレクトから派生して新たに生まれたものです。旧来の301リダイレクトと302リダイレクトを明確に定義し直したものと理解するとわかりやすいでしょう。

301リダイレクトも302リダイレクトも、長い間掲示板やWIKIなどで本来の意図とは違った使い方もされていました。それを受け、307・308リダイレクトを追加し本来の用途を定義して追加されています。

変更後は、302リダイレクトのことをHTTPステータスコードで「302 Found」(以前はTemporary Redirect)。301リダイレクトを「301 Moved Permanentl」(以前はPermanent Redirect)に変更されています。

一方、改名されたTemporary Redirectは307リダイレクト(307 Temporary Redirect)に変更されています。そのうえで、Permanent Redirectは308リダイレクト(308 Permanent Redirect)として追加されています。上記の名称や変遷は特に覚える必要はありませんが、現在の302リダイレクトとその派生が何故生まれたのかを理解するうえで重要です。

302リダイレクトが必要な場面

302リダイレクトが使用される主な場面
・サイトの更新作業やメンテナンス
・予期せぬエラーや不具合回避のための一時的な転移
・A/Bテスト
・スマホページへの転送

302リダイレクトがよく使用される場面を確認しておきましょう。まず一つ挙げられるのはサイトの更新作業やメンテナンスです。作業中は表示しないように別のページを表示しておくのに便利です。作業後に戻しておけば、いつも通りのサイトページを表示してくれます。
またEC・通販サイトでは季節限定商品の特集・販売ページなどに使われます。予期せぬエラーや不具合による一時的な転移に対しても有効です。

次にWEBマーケティングとして行われるA/Bテストが挙げられます。302リダイレクトを利用することで、効率的に広告表示やデザインのテスト結果をチェックできます。さらに、PCやスマホなどデバイスごとに表示するページを変更したい時にも302リダイレクトは役立ちます。場合によっては国やIPでページ表示変更をしたい時にも応用することができます。

302リダイレクトの設定方法

302リダイレクトを設定するためにはいくつかの方法があります。主なものは「.htaccess」や「PHP」、「プラグイン」の3つです。加えてリダイレクト設定の種類としては、「html」と「サーバー設定ファイル」に記述する2つがあります。まとめて設定できる「.htaccess」が使いやすく、おすすめです。

.htaccess

「.htaccess」はWebサーバーで使われる「Apatche(アパッチ)」を制御するファイルの一種です。ご使用のwebサーバーからダウンロードし、編集することでリダイレクトを実装します。

サイト全体をリダイレクトさせるコード

RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^www.XXXXX.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.XXXXX.com/$1 [R=302,L]

一部のページをリダイレクトさせるコード

RewriteRule ^/XXXXX.html$ http://www.tmp.com/$1 [R=302,L]

PHP

PHPではWEBサーバーのPHP言語で記述します。コードはheader関数で記述して処理するのが基本です。PHPのリダイレクトは対応していない機種・デバイスがあるため、広く一般的には使われていません。

wordpressプラグイン

「Redirection」というプラグインを使用しても302リダイレクトを実装することができます。簡単に実装できるため、Worrdpressをお使いの方はぜひ一度試してみてください。プログラムやHTMLがよくわからないという人にはおすすめです。

ただ標準設定が301リダイレクトのため、必ず詳細設定から302リダイレクトに変更して転送ルールを追加するようにしてください。

302リダイレクトを有効活用して自社メディアのSEOを施そう

302リダイレクトは、リダイレクトの中でも一時的な転送を意味する使いどころの限られた方法です。しかし301リダイレクトや他のリダイレクトとの使い分けを理解することで自社サイトの価値を損なわない施策を立てていけるでしょう。

リダイレクト以外にも、SEOには注意しなければいけないポイントがいくつもあります。もしもSEOに関して何か不安があれば、いつでも弊社へご相談ください。SEOを考慮した最適解をご提示いたします。

また弊社ではサイトの無料分析を行っています。気になる方はお気軽にご相談ください。

Googleアップデートの動向まとめを更新しました!

異色の二部構成になった2021年のコアアルゴリズムアップデート。その変動に関する事例や考察をまとめました。「コアアルゴリズム」の簡単な概要から、最新情報のキャッチアップまでを目的とした構成となっていますので、この機会にぜひ一度ご覧ください。


    会社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    何かSEOに関してお悩みがあればお教えください(任意)

    個人情報保護方針

    当サイトの運営に際し、お客様のプライバシーを尊重し個人情報に対して十分な配慮を行うとともに、大切に保護し、適正な管理を行うことに努めております。

    【個人情報の利用目的】
    a) お客様のご要望に合わせたサービスをご提供するための各種ご連絡。
    b) お問い合わせいただいたご質問への回答のご連絡。

    取得した個人情報は、ご本人の同意なしに目的以外では利用しません。
    情報が漏洩しないよう対策を講じ、従業員だけでなく委託業者も監督します。
    ご本人の同意を得ずに第三者に情報を提供しません。
    ご本人からの求めに応じ情報を開示します。
    公開された個人情報が事実と異なる場合、訂正や削除に応じます。
    個人情報の取り扱いに関する苦情に対し、適切・迅速に対処します。

    当社規定の「個人情報保護方針」の内容に同意する