Powerd by ipe
テジタルマーケティングで戦略的に
ビジネスを成功させる

ロングテールキーワードの探し方は?上位表示を狙える選び方やツールも解説!

ロングテールキーワードの探し方は?上位表示を狙える選び方やツールも解説!

ロングテールキーワードはSEO対策においてぜひ活用したいキーワードです。実際、対策すべきロングテールキーワードは、どのように見つけるのでしょうか。本記事では、効果的なロングテールキーワードの探し方や選び方を解説します。ロングテールキーワードで上位表示を狙いたい方は、ぜひご参考ください。

ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードとは、特定のテーマや商品に関連する、特定のターゲットに対して高い精度を持つキーワードを指します。これらは、しばしば3語以上のフレーズで構成され、ユーザーの具体的なニーズや質問に答える形になるのが特徴です。

例えば、「青いスニーカーを安く購入」のような具体的なフレーズがこれに該当します。ロングテールキーワードの強みは、特定のニッチな市場や意図に基づいたトラフィックをウェブサイトに引き寄せられる点です。また、競争が少ないため、SEO戦略において有利なポジションを占められます。

ロングテールキーワードとビッグキーワードとの違い

ビッグキーワードとロングテールキーワードの最大の違いは、検索ボリュームと具体性にあります。ビッグキーワードは一般的に短く、検索ボリュームが非常に高いキーワードです。

例えば、「靴」や「スマートフォン」など、幅広いトピックを指し示す単語を指します。これらのキーワードは多くのトラフィックを引きつけますが、その分競争も激しいものです。また訪問者の意図が非常に多様であるため、コンバージョンに結びつきにくい場合があります。

一方、ロングテールキーワードはより具体的で、検索者の意図が明確です。これにより、検索者が求めているものと密接に関連するコンテンツを提供できます。また、ビッグキーワードに比べて競争が少ないのも特徴です。

このように、ビッグキーワードとロングテールキーワードはそれぞれ異なる特性と利点を持ち、適切に活用することでSEO戦略の効果を最大化できます。

ロングテールキーワードのメリット

以下では、ロングテールキーワードがもたらす主なメリットについて深く掘り下げます。コンバージョン率の向上、検索結果での上位表示の確率増加、そして安定した集客力の獲得など、その利点は多岐にわたるものです。

コンバージョン率が高い

ロングテールキーワードを活用する最大のメリットの一つは、コンバージョン率の向上です。

一般的なビッグキーワードに比べて、ロングテールキーワードは特定のニーズや問題点を持つユーザーを対象としています。このため、キーワードによって引き寄せられるトラフィックは、製品やサービスに対して具体的な関心を持つ質の高いものなのです。

その結果、ウェブサイトやオンラインストアへの訪問者は、単なる閲覧者ではなく、実際に購入や問い合わせを行う可能性の高い潜在顧客に変わります。このように、ロングテールキーワードは、より狭い範囲でより高い精度を持つため、コンバージョン率を効果的に高められるのです。

上位表示されやすい

ロングテールキーワードのもう一つの重要なメリットは、検索エンジン結果ページ(SERP)での上位表示が比較的容易である点です。一般的なビッグキーワードは競争が非常に激しいため、新しいウェブサイトやニッチなサイトが上位にランクされるのは困難でしょう。

しかし、ロングテールキーワードは特定のトピックやニーズに特化しているため、その分野における専門性や関連性が高く評価されやすいでのです。さらに、これらのキーワードは検索ボリュームが少ないため、競争が少なく、適切なSEO戦略を用いれば上位表示を目指しやすくなります。

このように、ロングテールキーワードは集客とブランドの可視性の向上のための効果的な手段となり得るのです。

安定して集客できる

ロングテールキーワードを用いれば、安定した集客が期待できるのも大きな利点です。ビッグキーワードは流行や季節によって検索ボリュームが大きく変動する場合があります。一方、ロングテールキーワードは特定のニーズや問題解決を求めるユーザーによって一貫して検索されるため、時間が経過しても安定したトラフィックを維持しやすいのです。

これはとくに、特定のニッチ市場や特化したサービスを提供するウェブサイトにとって有益でしょう。潜在顧客は自分の具体的な問題に合った解決策を探し続けるため、関連するロングテールキーワードで構成されたコンテンツは、長期にわたって価値を保ち続けます。

このように、ロングテールキーワードは時間とともに変化する市場の需要に対応しつつ、安定したウェブサイトの訪問者数を維持するための鍵となるのです。

ロングテールキーワードのデメリット

ロングテールキーワードは多くのメリットを提供しますが、対していくつかのデメリットも存在します。以下では、ロングテールキーワードを活用する際に直面する可能性のある主な課題について深く掘り下げます。

検索ボリュームの低さ

ロングテールキーワードの一つのデメリットは、検索ボリュームがビッグキーワードに比べて低い点です。これは、特定のニッチなトピックや独特な質問に対応するキーワードであるため、全体の検索者数が限られている点に起因します。

その結果、ロングテールキーワードに完全に依存しているウェブサイトは、大量のトラフィックを見込むのが難しくなるでしょう。さらに、これらのキーワードを効果的に活用している他のウェブサイトも存在するため、トラフィックの獲得競争が激しくなる可能性もあります。

対策の難しさ

ロングテールキーワードに対するSEO対策の難しさは、その特定性と多様性に起因します。

ロングテールキーワードは非常に特定的であり、さまざまなユーザーの独特な検索意図を反映するものです。これは、一つひとつのキーワードに対して高度に最適化されたコンテンツを作成する必要があると意味します。

また、キーワードの多様性により、十分な数のロングテールキーワードを特定し、それらすべてに対応するコンテンツを制作するのは時間と労力を要する作業となるでしょう。

このように、ロングテールキーワードに適切に対応するためには、戦略的な計画立案と持続的な努力が必要です。

効果的なロングテールキーワードの探し方

効果的なロングテールキーワードを見つけるのは、SEO戦略における成功への鍵といえます。以下では、関連キーワードの取得、検索ボリュームの調査、そしてSERPsの分析を通じて、効果的なロングテールキーワードを見つけるための具体的なステップを紹介します。

関連キーワードを取得する

効果的なロングテールキーワードを見つける第一歩は、関連するキーワードを広く収集することです。このプロセスには、さまざまなオンラインツールやソフトウェアが役立ちます。

Googleの「関連検索キーワード」機能や、キーワードプランナー、Ahrefs、SEMrushなどのSEOツールは、主要キーワードに関連する広範なキーワードリストを提供するツールです。これらのツールは、特定のトピックに関連するキーワードや、競合他社が使用しているキーワードを明らかにし、さらに検索ボリュームや競争度を評価するのに役立ちます。

この情報を基に、ターゲットとするオーディエンスがどのような言葉を使って情報を探しているかを理解しましょう。この段階で広範なリストを作成し、次のステップでより詳細な分析を行うのが、効果的なロングテールキーワードを見つけるための基礎を築きます。

検索ボリュームを調べる

関連キーワードを収集したら、次はそれぞれのキーワードの検索ボリュームを調べましょう。このデータは、キーワードがどれだけの潜在的なトラフィックを持っているかを理解するために不可欠です。

GoogleキーワードプランナーやAhrefs、SEMrushなどのSEOツールを使用すると、これらの数値を正確に把握できます。

しかし、高い検索ボリュームを持つキーワードは競争も激しくなる傾向があるのです。そのため、検索ボリュームが適度にあり、かつ競争が比較的少ないキーワードを見つけるのが重要といえます。

SERPs(検索結果ページ)を確認する

選定したキーワードの検索ボリュームと競争度を把握したら、次に行うべきは、そのキーワードに対するSERPsの分析です。実際にキーワードを検索エンジンに入力し、表示される検索結果を確認すれば、どのようなウェブサイトやコンテンツがランク付けされているかを理解できます。

この分析から、あなたのコンテンツが他といかに競合するのか、差別化を図るべきかの洞察を得られるでしょう。

また、SERPsを見ると、特定のキーワードに対する検索意図が何であるかを推測できます。さらに、SERPsにはさまざまな機能(例えばフィーチャードスニペットやFAQセクション)が表示される場合があり、これらを活用すればさらに視認性を高められるでしょう。

ロングテールキーワードの選び方

ロングテールキーワードを選ぶ際には、ただランダムに選ぶのではなく、戦略的なアプローチが求められるのです。以下では、コンバージョン率を高め、検索結果での上位表示を目指すための効果的なロングテールキーワードの選び方について詳しく解説します。

コンバージョン率の高いキーワードを選ぶ

ロングテールキーワードを選定する際、コンバージョン率の高さは重要な指標の一つです。コンバージョン率が高いキーワードは、訪問者を顧客に変える可能性が高いキーワードといえます。

これらのキーワードは通常、ユーザーの具体的なニーズや意図を反映しており、製品やサービスに対する明確な関心があるものです。例えば、「購入」や「予約」などの行動を示唆する単語が含まれるフレーズは、コンバージョンに直接結びつきやすいでしょう。

上位表示されやすいキーワードを選ぶ

ロングテールキーワードは、その特定性と低い競争度により、上位表示を達成しやすいメリットがあります。上位表示されやすいキーワードを選ぶ際には、以下の点を考慮するのが重要です。

  • 競争度の低さ: キーワードの競争度を調べ、多くのウェブサイトが競合していないキーワードを選びます。SEOツールを使用して、特定のキーワードの競争度を評価し、より狙いやすいキーワードを見つけられます。
  • 関連性: キーワードがあなたの提供する製品やサービス、コンテンツにどれだけ密接に関連しているかを考慮します。高い関連性を持つキーワードは、ユーザーの検索意図に合致しやすく、結果的に上位表示される可能性が高まるのです。
  • 検索意図の理解: ユーザーがそのキーワードを検索する背後にある意図を理解しましょう。その意図に適したコンテンツを提供すれば、SERPでのランキングを向上させられます。

以上の要素を総合的に考慮し、適切なロングテールキーワードを選定すれば、SEOの効果を最大限に引き出し、ウェブサイトへの集客を促進できるでしょう。効果的なキーワード選定は、SEOにおける成功への重要な一歩です。

ロングテールキーワードをうまく活用しよう

ロングテールキーワードは、特定のニーズに合致した特化したフレーズです。一般的なキーワードに比べ検索ボリュームは少ないものの、狙いが明確でコンバージョン率が高くなる傾向にあります。

ロングテールキーワードを見つけるには、SEOツールを活用して関連キーワードを収集し、検索ボリュームや競争度を分析しましょう。ロングテールキーワードを効果的に使用すれば、ニッチな市場をターゲットにし、競争が少ない分野で上位にランクするのが可能です。

インターネット上での存在感を高め、潜在顧客との接点を確実に増やしたい方々は、ロングテールキーワードの力を最大限に活用しましょう。

株式会社ipeでは、サイト運用に関する無料相談を行っています。これまで、株式会社KADOKAWA様などのSEO対策に携わり、実績を上げてきました。サイトのSEO対策についてお困りの方は、ぜひ下記よりお気軽にご相談ください。

Download
サービス資料ダウンロード(無料)
弊社サービスの概要や料金、
フォロー体制などの詳細はこちらの資料でご確認いただけます。
資料ダウンロードはこちら
Contact
お問い合わせ
デジタルマーケティングについてのご相談や弊社サービスについてのご不明点・
ご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)