Powerd by ipe
テジタルマーケティングで戦略的に
ビジネスを成功させる

Googleマーチャントセンターとは?ログイン方法や商品登録の仕方を解説

Googleマーチャントセンターとは?ログイン方法や商品登録の仕方を解説

Google Merchant Center (マーチャントセンター)とは、Googleショッピングタブを管理するツールです。 Googleショッピングタブを利用する上で必要な商品情報の登録や審査、管理、送料などインターネットサイトの基本情報の登録や掲載結果の確認などを行えます。 今回はGoogleマーチャントセンターに焦点を当て、その概要や開設メリット、必要なもの、開設方法などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

Googleマーチャントセンターとは?

Googleマーチャントセンターとは、Googleショッピングタブを管理するツールです。
Googleショッピングタブを利用する上で必要な商品情報の登録や審査、管理、送料などインターネットサイトの基本情報の登録や掲載結果の確認などを行えます。
つまり、ユーザーがGoogleサービスで検索した際、ショップと商品情報などすべての情報がオンラインで公開されるようになります。

Googleマーチャントセンターでできること

  • ショッピング広告への掲載
  • 動的リマーケティングへの掲載
  • 無料リスティングへの掲載
  • Google画像検索での掲載

ショッピング広告への掲載


【参照:ショッピング広告の構成要素

Googleマーチャントセンターに、商品情報を登録するとショッピング広告の掲載ができます。ショッピング広告とは、Google ショッピングタブ内に掲載できる広告を指します。
ショッピング広告は、商品画像や商品情報をユーザーに分かりやすく見せられ、商品詳細ページへ直接誘導できるのが特徴です。有形商材を取り扱っている企業と、相性の良い広告といえます。

無料リスティングへの掲載

リスティング広告には、無料で掲載可能なものもあります。Googleマーチャントセンターに商品情報を登録すると、無料リスティングへ掲載できます。
無料リスティングは、ショッピングタグの中にある無料枠に掲載される広告です。
費用をかけずに掲載できるため、低予算で広告を出稿したい方におすすめです。

動的リマーケティングへの掲載

動的リマーケティングとは、ユーザーの行動履歴をもとに配信する広告で、ディスプレイ広告の枠に配信されます。ユーザーの興味関心に近い広告が掲載されるため、企業側としても購入意欲の高いユーザーに認知してもらえるというメリットがあります。
動的リマーケティング広告も、Googleマーチャントセンターを使用すれば掲載可能です。

Google画像検索での掲載

Googleマーチャントセンターを使用すると、Google画像検索の検索結果にも表示されます。
Google画像検索とは、テキストではなく画像を使って類似した商品などを検索できる機能です。商品の名前が分からない人でも、画像を使って商品を探せるのが特徴です。

Googleマーチャントセンターの開設に必要なもの

ここでは、Googleマーチャントセンターの開設に必要なものについて解説します。
【Googleマーチャントセンターの開設に必要なもの】

①Googleアカウント
※保持していない場合は、accounts.google.comからアカウント作成を行いましょう。

②フィード(Google Merchant Centerで宣伝する商品リストを含むファイル)
※保持していない場合は、手動でも登録可能
※フィードの詳細は、こちらをご覧ください。

上記2点の準備が整い次第、「Google Merchant Center (マーチャントセンター)」にアクセスし、Googleアカウントでログインしましょう。

Googleマーチャントセンターの開設方法

では、実際にGoogleマーチャントセンターでお店を開設してみましょう。
なお一連の流れはGoogle Merchant Center 公式ヘルプを参考にしています。

①ビジネス情報の入力

まずは皆さんのビジネス情報を入力しましょう。
今回は、新規で始めたばかりの「カフェ」を宣伝するという設定で進めていきます。

ビジネス情報は、Googleマーチャントセンターで使用するさまざまな機能やツールに適用されます。またビジネス情報は、後からいつでも編集可能です。
ビジネスの名前は、特に指定がありませんので、扱う商品やサービスによって情報を変えてみてください。

②購入できる場所を選択する

次にユーザーの購入手続きを入力しましょう。

選択肢の右側には、ユーザーから見た際のビジネス情報ページが表示されています。
また表示方法を複数選択し、後で変更することも可能です。

③第三者のプラットフォームを選択する

次に皆さんが使用するツールを入力しましょう。

支払い決済のツールは近日追加される予定のため、現状は選択肢の中から一番使いやすいツールを選択しておきましょう。なお、ツールの追加と変更はいつでも可能です。

④メール設定を選択する

次にメール設定を行いましょう。

最新情報やヒント、おすすめの方法、新機能のテストへの招待に関するメールの受信を選択できます。
メール受信を希望しない場合は、いつでも停止できます。
詳しくは以下のメール設定についての公式ページをご覧ください。
【参照|Merchant Center のメール設定を変更する

⑤利用規約に同意


最後にGoogleマーチャントセンターの利用規約を読了・同意し、アカウント作成ボタンを押せば、Googleマーチャントセンターの開設は完了です。
その後の詳しい設定や商品・サービスの登録方法などは以下の公式ホームページを参考にしてみてください。
【公式|参加登録ガイド
またGoogleマーチャントセンターを使用する際に注意事項やガイドラインなどもありますので、利用する際は必ず確認するようにしましょう。
【公式|Merchant Center のガイドラインの遵守

Googleマーチャントセンターへのログイン方法

Googleマーチャントセンターへログインするには、下記のリンクからできます。

Googleマーチャントセンター開設後に必要な設定

ここでは、Googleマーチャントセンター開設後に必要な設定について解説します。

管理画面から「設定を始めましょう」を選択


まず管理画面を開くと「設定を始めましょう」という画面が表示されます。
「続行」をクリックし、指示に従いながら商品情報の詳細やWebサイトのアドレス、送料など各種情報を入力しましょう。

詳しい設定方法などは、以下の公式ホームページをご確認ください。
【公式|Google に商品を無料で表示するためのデータ要件と資格要件

Google広告とリンクさせたい場合

Googleマーチャントセンターの設定がある程度完了したら、Google広告のアカウントとリンクさせましょう。
Google広告を利用したことがない方は、以下の公式サイトからアカウント登録及び広告の配信設定を行ってください。
【公式サイト|https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

まずは管理画面から設定ボタンを選択し、「リンクアカウント」をクリックしましょう。
その後、Google広告のIDを入力します。
Google広告のIDがわからないという場合は、GoogleAdsの管理画面から確認できます。
Google広告のIDを入力後、「リンクリクエストを送信」をクリックし、Google広告側でリクエストが承認されればリンク完了です。

Googleマーチャントセンターの分析方法

  • 自社分析
  • 競合分析

Googleマーチャントセンターでは、上記の2種類があります。

自社分析

Googleマーチャントセンターでは、登録した自社の商品の分析が可能です。
主に「表示回数」「クリック数」「クリック率」を確認できます。しかし、購入に至ったかどうかは、計測できないためGoogle Analyticsを使用する必要があります。

競合分析

自社分析以外にも、Google 商品カテゴリで配信されている商品などの競合分析も可能です。国やカテゴリに分けて人気の商品が分析できます。
Googleマーチャントセンターを登録したばかりの方は、まずは人気の商品を確認して要因分析をすることから始めると良いでしょう。

Googleマーチャントセンターのガイドライン

Googleマーチャントセンターを始める際は、ガイドラインに違反していないか確認しましょう。
Googleマーチャントセンターのガイドラインは以下の通りです。

  • 直接購入できる商品のみ宣伝する
  • 公用語を使用する
  • 返品と払い戻しのポリシーを明記する
  • 責任を持って安全な方法でユーザー情報を収集する
  • 関連するポリシーを遵守する
  • Webサイト URL の所有権の証明と申請を行う
  • Webサイトの要件
  • 商品データ仕様に適合した形式のデータを掲載する

【参考:Merchant Center のガイドラインの遵守

Googleマーチャントセンターを使用する際の注意点

  • 商品登録の際に審査が必要
  • 一定の期間更新しないと掲載が止まる

Googleマーチャントセンターは、使用する際に上記の2つの注意点があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

商品登録の際に審査が必要

Googleマーチャントセンターでは、商品1点ごとに審査が入ります。審査に落ちると商品が掲載されません。

審査される内容は、下記が挙げられます。

  • 登録したWebサイトと情報に相違がないか
  • 商品画像に文字やロゴが入っていないか
  • 広告掲載が禁止されている商品ではないか

広告掲載が禁止されている商品には、下記があります。

  • 偽造品
  • 危険度の高い商品
  • 不適切な商品など

一定の期間更新しないと掲載が止まる

Googleマーチャントセンターは、30日間データフィードが更新されないと掲載が止まります。
トラブル防止のために、在庫状況や価格など商品情報を最新にしておくことが求められます。30日間が期限ですが、1週間から2週間に1度は更新を行うと良いでしょう。

Googleマーチャントセンターに関するよくある質問

Googleマーチャントセンターで上位に掲載してもらうには?

Googleマーチャントセンターを使って、無料広告枠でも上位に掲載してもらうには、商品データをより細かく記載しましょう。詳細な情報を記入すると、ロングテールKWなどで上位に掲載される可能性が高まります。

Googleマーチャントセンターで掲載されたか確認する方法は?

掲載されたか確認するには、Googleマーチャントセンターにログインして「概要」ページのパフォーマンスレポートを開けば確認できます。

Googleマーチャントセンターについて勉強するには?

Googleマーチャントセンターには、初心者向けのガイドがあります。
登録の仕方から商品データの送信方法まで、分かりやすく解説してあります。

データフィードの関連付けなど、詳細な手順については動画チュートリアルがあります。

Googleマーチャントセンターで効果的な広告運用を始めよう!

このページでは、Googleマーチャントセンターに焦点を当て、その概要や開設メリット、必要なもの、開設方法などについて解説しました。
Googleマーチャントセンターを利用すれば、Google検索やショッピング検索などで自社の広告が掲載でき、集客チャネルの拡大が期待できます。

そのため、Googleマーチャントセンターは、自社の商品やサービスの売上アップを目指したい方に非常に役立つサービスだと言えるでしょう。
もし、Googleマーチャントセンターを活用したい方は、ぜひ弊社にご相談ください。Googleマーチャントセンターの開設方法や設定方法など、皆さんのサポートをいたします。
またGoogleマーチャントセンターの登録と同時にぜひ一度SEOに取り組むこともご検討ください。
株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

Download
サービス資料ダウンロード(無料)
弊社サービスの概要や料金、
フォロー体制などの詳細はこちらの資料でご確認いただけます。
資料ダウンロードはこちら
Contact
お問い合わせ
デジタルマーケティングについてのご相談や弊社サービスについてのご不明点・
ご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)