WordPressおすすめテーマ5選|設定方法や有料と無料の違いも解説

WordPressでは、無料のものから有料のものまで、膨大な数のテーマが存在します。
そのため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いでしょう。また、中には「そもそもテーマって何?」「どう使うの?」とシンプルな疑問を持っている方もいるかもしれません。
本記事では、WordPressのおすすめテーマ5選から、設定方法や有料テーマと無料テーマの違いまで、徹底的に解説します!ぜひ、テーマ選びの参考にしてみてください。

WordPressテーマとは?

WordPressは、世界中で、圧倒的なシェア率を誇るCMSです。そして、WordPressテーマとは、WordPressに適応させる、Webサイトの構成やデザインのテンプレートを指します。
WordPressでは、テーマを変更するだけで、サイト全体のレイアウトやデザインがすぐに切り替えられるのが特徴です。WordPressテーマには、無料テーマと有料テーマがあり、無料のものだけでも数千種類以上の豊富な数のテーマが存在します。

WordPressテーマの有料版と無料版の違い

・コスト面
・デザインの質
・カスタマイズのしやすさ
・サポートの有無

前述のとおり、WordPressテーマには、有料版と無料版があります。ここでは、有料版と無料版の違いを具体的に解説します。

コスト面

有料版と無料版の最大の違いは、何と言ってもコスト面です。費用をなるべく抑えたい場合や、試験的に利用したい場合、初心者の場合は、無料版のテーマを活用するのがおすすめです。一方で、デザイン性や機能性、カスタマイズ性などに優れたテーマを選びたい方は、有料のテーマを検討してみるのもよいでしょう。有料テーマの料金形態は、「買い切り型」か「月額課金制」かです。「買い切り型」の料金形態が一般的で、費用相場は5000円~20000円程度のものが多いです。

デザインの質

有料テーマと無料テーマでは、デザインの質の高さにも違いがあります。もちろん、無料テーマでも、デザイン性に優れたテーマは存在しますが、有料テーマのほうが、洗練された優れたデザインのテーマが比較的多いです。

カスタマイズのしやすさ

有料テーマのほうが、比較的カスタマイズがしやすいです。有料テーマでは、管理画面が、直感的でわかりやすいインターフェースになっている場合が多いため、初心者でも簡単にカスタマイズができます。カスタマイズしやすいテーマを選んでおくことで、サイトの更新作業が効率的に行えるようになります。

サポートの有無

無料テーマは基本的にサポートがないため、不具合が生じた際には、自力で対応する必要があります。一方で、有料テーマであれば、問い合わせ等のサポート体制が設けられている場合が多く、安心してサービスを利用できます。

WordPressテーマの設定方法を解説

実際の、WordPressテーマの設定方法を解説します。WordPressテーマには、公式テーマ非公式テーマがあります。有料テーマは主に非公式テーマであることが多いです。公式テーマと非公式テーマで、設定方法が違うため、それぞれ具体的に解説します。

公式テーマの設定方法

公式テーマをインストールする場合は、管理画面左側メニューの外観>テーマ>新規追加から、設定を行います。インストールできる公式テーマが表示されるので、好きなテーマを選択し、インストールします。テーマがインストールされたら、有効化をクリックして、設定は完了です。

非公式テーマの設定方法

非公式テーマの場合は、テーマファイルをzip形式でダウンロードし、WordPressに、アップロードして適用します。
同じく、管理画面左側メニューから、外観>テーマと進み、「テーマのアップロード」から、テーマファイルをアップロードします。

WordPressおすすめテーマ5選をご紹介

・THETHOR
・SWELL
・AFFINGER
・Cocoon
・Luxeritas

THE THOR(ザ・トール)

THE THOR(ザ・トール)は、SEOに強く、おしゃれで洗練されたデザインのサイトが作れることから、人気の高い有料テーマです。また、アクセス・収益アップを後押しする
「集客・収益化支援システム」が搭載されており、ブログ・アフィリエイトサイトのアクセス・収益を最大化するための、様々な便利機能が使用できます。買い切り型の有料テーマで、価格は、16,280円(税込)~です。

THE THOR

SWELL(スウェル)

SWELL(スウェル)は、洗練されたデザインと、カスタマイズのしやすさに定評がある有料テーマです。ブロックエディターに完全対応しており、マウスでクリックしていくだけで、直感的にコンテンツの配置やデザインができるため、誰でも簡単にカスタマイズできます。
買い切り型の有料テーマで、価格は、17,600円(税込)です。

SWELL

AFFINGER(アフィンガー)

AFFINGER(アフィンガー)は、「稼ぐ」に特化した戦略的なサイトが作れる、有料テーマです。AFFINGERでは、徹底的に結果に拘り、収益を上げるための、構造や機能が考慮されています。Webサイトを活用して、本気で収益を上げたいという方に、おすすめのテーマです。買い切り型の有料テーマで、価格は14,800 円(税込)です。

AFFINGER

Cocoon(コクーン)

Cocoon(コクーン)は、SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化した無料テーマです。無料とは思えない、カスタマイズ性や、機能性やデザイン性の高さから、高い人気を誇っています。操作しやすく、サポートやマニュアルも充実しているため、初心者の方には特におすすめのテーマです。

Cocoon

Luxeritas(ルクセリタス)

Luxeritas(ルクセリタス)は、SEO 最適化済み、レスポンシブ、高カスタマイズ性を持つ無料テーマです。多機能であるにも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みが満載されており、動作が高速なのが特徴です。

Luxeritas

WordPressのテーマ選定で確認すべきポイント

WordPressのテーマ選定で確認すべきポイント
目的に応じた機能の充実度
SEO対策の行いやすさ
モバイル対応しているか

多数あるWordPressテーマの中から、自社に最適なテーマを選ぶためには、選定基準を設けておくことが重要です。たとえば。WordPressのテーマを選定する際は、上記のようなポイントを確認しましょう。それぞれ詳しく解説します。

目的に応じた機能の充実度

自社サイトの運用目的に応じて、必要な機能の充実度を確認することが重要です。
WordPressテーマによって、それぞれ得意分野が異なるためです。たとえば、アフィリエイトサイトを作成したいのであれば、アフィリエイト広告の挿入ができるか、集客用にホームページを作成したいのであれば、CTAボタンや入力フォームが設置できるか、といったことを確認する必要があります。

SEO対策の行いやすさ

SEO対策の行いやすさも確認しておくべきポイントです。SEO対策の行いやすいテーマとは、たとえば
・タイトルタグ・見出しタグを記述できる
・ページの表示速度が早い
・サイト構造のカスタマイズがしやすい

などの機能付いているテーマです。

モバイル対応しているか

テーマを選ぶ際には。必ずモバイル対応しているテーマを選びましょう。
近年では、モバイルからのWeb閲覧が主流となっているため、モバイル対応できていないWebサイトは、SEO対策不利になるためです。

目的に合わせて最適なWordPressテーマを選びましょう!

WordPressのテーマは、無料のものから有料のものまで、膨大な数存在しています。
有料テーマと無料テーマの主な違いは、デザインの質や、カスタマイズのしやすさ、サポートの有無などです。無料でも優れたテーマは多数ありますが、やはり有料テーマのほうが、総合的に満足度の高いサービスが受けられる可能性が高くなります。また、テーマによって、有している機能や、得意分野が異なります。目的に合わせて最適なWordPressテーマを選びましょう!

株式会社ipeでは、テクニカルSEOはもちろん、コンテンツマーケティングやUI・UX設計までSEO対策を一気通貫でおまかせいただけます。
貴社サイトを無料で分析するサービスも実施中ですので、自社サイトについて「悩みを抱えている」「不安がある」という方は、お気軽にご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6265-6008 9:00~18:00(平日)