2021年10月24日 -

「PV(ページビュー)」とは?概要や確認方法、収益化の目安、PV数を増やす方法も解説!

「PV」とは、「Page View(ページビュー)」の略称で、あるWebサイトで特定のページが開かれた回数を表し、Webサイトがユーザーからどのくらい閲覧されているかを測るための指標です。今回は「PV」に焦点を当て、その概要や確認方法、収益化の目安、増やす方法などをご紹介します。
気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「PV(ページビュー)」とは?

「PV」とは、「Page View(ページビュー)」の略称で、あるWebサイトで特定のページが開かれた回数を表し、Webサイトがユーザーからどのくらい閲覧されているかを測るための指標です。

「PV」は、Webサイトにアクセスしたユーザーがある特定のページを表示するたびに、1PVとカウントされます。例えば、5ページ見た場合は5PVです。

また、前ページへ戻ったり、ページの更新をした際も1PVとしてカウントされます。

「PV(ページビュー)数」の確認方法

「PV」の確認にはGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)の活用が一般的です。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)とは、Googleが提供する無料解析ツールで、ユーザーがWebサイトに訪問した際、どのような行動をしたかを把握できます。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)で解析できる「PV」は、Webサイト全体やページごとに分析可能です。
それぞれのWebサイトに埋め込まれたトラッキングタグがWebサイト全体やページごとの「PV」をカウントし、データを収集できる仕組みになっています。

【公式サイト|Google Analytics(グーグルアナリティクス)

「PV(ページビュー)」の目安は?得られる収益について

「PV」の目安は、運営するWebサイトがどのようなジャンル/コンセプト/ターゲットに基づいて制作されているのかによって様々です。
そのため、一般的な「PV」の目安はありません。

また「PV」ごとの収益もWebサイトによって異なります。
理由は商品・サービスの申し込みや購入などを表すCV(コンバージョン)やCVR(コンバージョン率)、CV単価がWebサイトごとで異なるためです。

具体的な「PV」の目安は、運営するWebサイトのジャンル/コンセプト/ターゲットに応じて、他社の競合サイトの「PV」を参考にすると良いでしょう。

あくまで目安にはなりますが、
本サイトが設けた「PV」と得られる収益を参考にしてみてください。

PV 収益
3,000PV以上 1,000円
3万PV以上 1万円
30万PV以上 10万円
300万PV以上 100万円

ここで注意しなければならないことが、仮に「PV」が多くても、Webサイトの本来の目的を達成できない場合があることです。

例えば、ユーザーに商品を購入してもらうことが目的のWebサイトにも関わらず、商品が全然購入されなかったり、資料請求や様々なイベントに来てもらうことが目的のWebサイトにも関わらず、その効果があまりないとWebサイトの目的を果たせているとは言えません。

しかし、「PV」が多いほど、ユーザーが求めている情報を提供できているという解釈もでき、Webサイト本来の目的を達成しやすいことも事実です。

つまり、Webサイトの本来の目的を達成するためには、まずはWebサイトやページの「PV」をできるだけ多く獲得することが重要になります。

「PV(ページビュー)」を増やす方法

ここでは、「PV」を増やす方法について4点解説します。

SEOを実施する

「PV」数を増やすには、SEOが有効です。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンで特定のキーワードを検索した際、自社で運用するWebサイトが検索上位に表示されるようにする対策のことです。

SEOを行い、Webサイトが検索順位上位に表示されれば、Webサイトがユーザーの目に留まりやすくなり、自然検索による流入を増やすことができます。

SEOの具体的な対策は、記事のタイトルや見出し、本文に特定のキーワードを入れたり、ページ内のデザインを見やすくして、ユーザーの利便性を高めることなどがあります。
また、別サイトの被リンクから流入を促したり、Webサイトに内部リンクを設置したりして「PV」を増やすことも可能です。

本サイトには、SEOの具体的な対策について書かれた記事もありますので、気になる方はそちらも合わせてご確認ください。

SNSを活用する

「PV」を増やすには、SNSの活用も有効です。

運営するWebサイトの目的に合ったSNSを選択し、Webサイトの拡散やユーザーの流入を図りましょう。

ユーザー数の観点からTwitterは拡散性に優れおり、Facebookは属性がわかりやすいといった特徴があります。他にも動画を活かしたTik TokやInstagramを活用する方も多いです。

それぞれのSNSの特性に応じた拡散方法を検討してみましょう。

Web広告を活用する

「PV」を増やすには、Web広告の活用も有効です。

キャッチーでわかりやすい広告文やインパクトのある画像・デザインなどでユーザーの興味・関心を引きつけることが重要になります。

Web広告を活用する際の注意点として、
リンク先のコンテンツ内容と広告の掲載内容に齟齬がないように心がけましょう。

間違った内容や誇張した内容になっていると、
Webサイト全体の信用度が落ちてしまい、逆効果になる場合もあります。

内部リンクを最適化し回遊率を上げる

「PV」を増やすには、Webサイトの回遊性の改善も有効です。

回遊性とは、主にユーザーがWebサイトをどのくらい閲覧したかを測る指標です。
閲覧時間が多いということは、
それだけWebサイトが充実した内容になっているということでもあります。

ユーザーに多くの時間閲覧してもらうために、トップページのデザインを充実させたり、関連性のあるコンテンツ同士を相互リンクしてみることで「PV」を増やす工夫をしていきましょう。

「PV(ページビュー)」と混同しやすい指標

ここでは、「PV」と混同しやすい指標についていくつか解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

指標名 詳細
SS(セッション) ユーザーがWebサイトに訪問した回数
(ページ単体ではない)
UU(ユニークユーザー) ある1ページに訪問したユーザー数
AU(アクティブユーザー) UU(ユニークユーザー)と同じ意味。
ただし、スマートフォンアプリの場合は、「実際に利用したユーザー」を指す。
UB(ユニークブラウザ) Webサイトの訪問者数をブラウザ単位で計測する指標
リーチ 到達率のことで、自社が掲示・投稿したインターネット上の広告やSNSでの投稿を見たユーザー数
(ユーザーが直接Webサイトやページに訪問したわけではない)
インプレッション数 ある1ページ内で広告が表示された回数

「PV(ページビュー)」を意識し、Webサイトの改善を図ろう!

このページでは、「PV」に焦点を当て、その概要や確認方法、収益化の目安、増やす方法などについて解説しました。

「PV」の目安は運営するWebサイトのジャンル/コンセプト/ターゲットによって異なり、一般的な目安は存在しません。

また「PV」を大量に獲得できたからといって、Webサイトを制作した本来の目的を達成できるわけでもありません。

そのため、Webサイトを運営する方自身で目標PVを設定し、Webサイトを制作した本来の目的の達成を試みましょう。

また、「PV」が多いほどWebサイトの本来の目的は達成しやすくなります。
「PV」を増やすための対策としては、SEOが効果的でおすすめです。

もし「PV」や「SEO」に関して何か気になることがあれば、いつでも弊社へご相談ください。
「PV」や「SEO」について最適解をご提示いたします。