オフラインマーケティングとは?オンラインマーケティングとの違いや融合方法

オフラインマーケティングとは?オンラインマーケティングとの違いや融合方法

オフラインマーケティングという言葉を、普段耳にすることはあまりないかもしれません。しかし、商品を販売する上で重要な施策と位置づけられています。今回は、オフラインマーケティングの内容やメリット・デメリット、そして、今の販売の主流であるオンラインマーケティングとの融合に伴う施策などについて解説します。

目次

オフラインマーケティングとは? 2

具体的なオフラインマーケティング手法 2

テレアポ 2

DM(ダイレクトメール) 3

セミナー 3

テレビ、ラジオ、新聞などの広告 3

オフラインマーケティングのメリット 3

購入してほしいユーザーに確実に情報を届けられる 4

信頼感がある 4

安価なコストで済む 4

オフラインマーケティングのデメリット 4

情報が伝わる人数が限られる 5

伝えたい情報が限られる 5

オンラインマーケティングとは 5

オフラインマーケティングとオンラインマーケティングと融合する手法 5

O2O 6

OMO 7

オンラインマーケティングと上手く融合できるかが鍵 7

オフラインマーケティングとは?

オフラインマーケティングとは、その名のとおりインターネット回線を使用しない媒体を利用して、宣伝・広告をするマーケティング手法です。インターネットが、本格的に一般家庭で使用されだしたのが1990年代後半あたりからなので、それまでは、宣伝・広告といえば、いわゆるオフラインマーケティングのみでした。具体的には下記で解説しますが、商売する対象に直接訴えかける手法が多いです。

具体的なオフラインマーケティング手法

・テレアポ

・DM(ダイレクトメール)

・セミナー

・テレビ、ラジオ、新聞などの広告

具体的に、オフラインマーケティングはどのような手法で行っていくのでしょうか。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

テレアポ

テレアポとは、電話を使って商品の内容を簡単に説明し、具体的な商品説明を受けたい方や購入したい方がいれば、日時を決め訪問していく手法です。電話をかける相手は、ランダムに不特定多数を対象にするの場合や、購入しそうな一定の対象に絞る場合があります。

不特定多数にかける場合は、飛び込み営業のローラー作戦と同様で、片っ端から商品を購入しそうにない方にもアプローチすることになります。しかし、訪問と違い電話だと時間を効率的に使えるメリットがあります。

購入しそうな、一定の対象に絞る場合だとより効率がいいです。例えば、着物レンタルをする業者が、成人式を迎えそうな方をターゲットに絞り電話をするといったような形が挙げられます。電話を利用することで、直接訪問する時間や費用が削減できます。

DM(ダイレクトメール)

DM(ダイレクトメール)とは、商品を購入しそうな人に絞り、商品を案内する手紙や書類を郵送する手法です。書面で商品の紹介ができるので、より細かく商品の特徴を知ってもらうことができ、何度も見返せるのでよりユーザーの記憶に残りやすくなります。

テレアポと併せることで、より相乗効果が期待できます。テレアポする前にDMを送り、ユーザーがDMを目にした後にテレアポを行なうと、話をスムーズに運ぶことができます。他にも、書面にクーポン券や割引券等を添付しておけば、書面に目を通す確率が高まり、商品の購入が期待できます。

セミナー

セミナーとは、商品に関心のある方々に1か所に集結してもらい、商品の説明・案内をする手法です。1度に複数の方々に商品を知ってもらえるので効率よく宣伝できます。商品の案内だけでなく、それに付随する環境の説明や講師のとっておきの話など、ユーザーの好奇心をくすぐる話を行なうことができることもあります。

テレビ、ラジオ、新聞などの広告

テレビやラジオ等のマスコミ媒体を利用し、不特定多数の方々に商品を知ってもらう手法もオフラインマーケティングに当てはまります。テレビ局等に支払う広告費用は、大きい額ですが、1度に何万人単位のユーザーに知ってもらえるのがメリットです。

オフラインマーケティングのメリット

・購入してほしいユーザーに確実に情報を届けられる

・信頼感がある

・安価なコストで済む

オフラインマーケティングには、上記のようなメリットがあります。

購入してほしいユーザーに確実に情報を届けられる

オンラインだと、購入して欲しいユーザーが広告を見ていなければ情報は伝わりません。しかし、テレアポやDM等だと、一定のターゲットに絞って商品を直接案内できます。ターゲットであるユーザーに、情報を届けやすいのはオフラインマーケティングのメリットだといえます。

信頼感がある

テレアポだとユーザーは直接業者と接することができ、どのような人が商品案内しているのかがわかります。そして、紙媒体の広告は何度も目に触れることができます。相手の声がわかり、何度も目に触れ記憶に残ることで信頼感を得られるのです。

安価なコストで済む

オンラインマーケティングの場合、ホームページを見てもらうことが宣伝になります。ホームページを作成するために、自社で専門の人員を雇うと人件費がかかりますし、外注するとそれなりの費用がかかります。それと比較し、テレアポやDMは、電話代や切手代、DM作成費用で済み、安価なコストで済みます。

オフラインマーケティングのデメリット

・情報が伝わる人数が限られる

・伝えたい情報が限られる

オフラインマーケティングの、手法やメリットを紹介しましたがデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

それぞれ、見ていきましょう。

情報が伝わる人数が限られる

DMやテレアポは、ある程度ターゲットをしぼってアプローチするため、オンラインのように多くの不特定多数のユーザーと接することができません。限定された人々にしか、見てもらうことができないので、潜在的なユーザーに伝わりづらいのが難点です。

伝えたい情報が限られる

テレアポやDMだと、伝える情報量が限定されてしまいます。電話や手紙で多くの情報を伝えようとしても、聞き手や読み手にポイントが伝わらず、購入につながらない場合もあります。

オンラインマーケティングとは

オフラインマーケティングと、対をなすのがオンラインマーケティングです。オンラインマーケティングは、インターネット回線を使ったマーケティング手法を指します。手法としては、ホームページの作成や、ネット広告、メールやSNSなどが挙げられます。

オフラインマーケティングとオンラインマーケティングと融合する手法

・O2O

・OMO

近年では、オフラインマーケティングとオンラインマーケティングのいいところを活用し、併用して商品の宣伝を行なう手法があります。みなさんの身近なところにもこの手法は取り入れられており、気づかないうちに活用しているはずです。具体的にどのような手法なのか見ていきましょう。

O2O

O2Oとは、「Online to Offline」の略です。「On2Off」と呼ばれることもあります。ホームページやインスタグラムやTwitterなどのSNS、そしてインターネット広告などを通じて情報を発信し、それを見たユーザーに店舗に足を運んでもらい商品の購入を促すといった戦略です。

インターネットが普及する前は、直接店舗に足を運んで品定めし、雑誌などを見て目ぼしい物を見つけて店舗で購入するという形が、主なユーザーの購買活動でした。しかし、インターネットが普及した現在は、大企業のみならず、個人店舗までがホームページを作成し情報を公開しています。会社概要や商品説明、ユーザーの声、店舗の所在地など、ユーザーが知りたい情報が詰まっています。そして近年は、インスタグラムやTwitteなどのSNSが広く浸透しました。店舗側が知らない間にも、ユーザーが気に入った商品をSNSに載せることにより、フォロワーがその存在を知ることがでます。そこから、広く情報を拡散させ、爆発的に認知度が高まっていくことが不思議ではなくなってきているのです。

上記のように、ユーザー間での拡散により店舗へ足を運ぶユーザーが増えることもありますが、O2Oではさまざまな施策を講じ集客を促します。その代表的なものがクーポンの配布です。既存顧客にも嬉しいサービスですが、新規顧客の獲得に大きく効果を発揮します。なぜなら、商品を手にしたことのないユーザーにとって、新しいものに着手することはハードルが高いからです。クーポンを配布すれば、商品購入のハードルを下げ、商品を手にしてもらいやすくできます。気に入ってもらえれば、リピーターとして何度も足を運んでもらえるかもしれません。

他にも、QRコードや店舗公式アプリの作成など有効な施策があります。QRコードを読み込むと、LINEアカウントに友達登録され、そこへお得な情報が送信されます。それを見たユーザーが足を運んでくれるという流れです。店舗公式アプリは、ポイントカードのような活用方法もできます。アプリにポイントが貯まっていくようにすれば、ユーザーはポイントカードを所有する手間が省けます。そして、店舗側はユーザーの購入履歴という、貴重なデータを取得できるというメリットがあります。

OMO

OMOは、「Online Merges with Offline」の略で「オンラインをオフラインと融合する」という意味です。オンラインとオフラインの区別なく、一緒のものとしてマーケティング戦略を考えていくということです。ネットショップなどのオンラインと、店舗で販売するというオフラインは別物という考えがありました。しかし、現在は、当たり前のようにどちらも大きな需要があります。このような環境でお互いを区別するのは時代にそぐわなくなっています。

先に出た「O2O」の主役はあくまで店舗での販売です。店舗での販売を行なうためにオンラインを活用するという考え方です。それに対して「OMO」は、データが主役です。わかりやすい施策の具体例は「店頭受取り」です。ECサイトやアプリで発注した商品を実店舗で受け取るサービスです。店舗に在庫がない商品を購入でき、店舗での待ち時間が不要となるメリットがあります。他にも「自宅配送」が挙げられます。近くの店舗にある商品を、オンライン発注できるサービスです。自宅で購入でき、到着までの時間が短いというメリットがあります。

オンラインマーケティングと上手く融合できるかが鍵

インターネットが普及し、パソコンやスマホで買い物を楽しむ人々が多くなってきました。その中で、オフラインマーケティングが今でも利用されるのは、人や紙面等への信頼感をもとに購入を決定する客層が多く存在するためです。そして、オンラインマーケティングとの融合により、さらに商売の幅が広がってきています。今後は、オフラインマーケティングとオンラインマーケティングをうまく活用することが、ビジネス成功の鍵を握るでしょう。

弊社はSEOやコンテンツ作成に関しての知識やノウハウが豊富です。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績も多数ありますので、SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)