「502エラー(Bad Gateway)」とは?概要や発生原因、対処方法、混同しやすいHTTPレスポンスステータスコードなども解説!

「502エラー」とは、「Bad Gateway」とも呼ばれ、あるサーバーが別のサーバーから受け取ったレスポンスが有効でなかったことを示すHTTPレスポンスステータスコードです。

今回は「502エラー」に焦点を当て、その概要や発生原因、対処方法、混同しやすいHTTPレスポンスステータスコードなどをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「502エラー(Bad Gateway)」とは?

「502エラー」とは、「Bad Gateway」とも呼ばれ、あるサーバーが別のサーバーから受け取ったレスポンスが有効でなかったことを示すHTTPレスポンスステータスコードです。

HTTPレスポンスステータスコードとは、ユーザーリクエストにたいして、Webサーバーからのレスポンス結果を表す3桁の数字コードです。
HTTPレスポンスステータスコードは、100番台〜500番台まであり、数字ごとに意味は異なります。

特に、500番台のHTTPレスポンスステータスコードは、「サーバーエラー」と呼ばれており、サーバーがブラウザからのリクエストの処理に失敗したことを表すエラーコードです。

なお、HTTPレスポンスステータスコードはHTTP/1.1の仕様にて決められています。
気になる方はぜひ読んでみてください。

「502エラー(Bad Gateway)」の発生原因

もし、「502エラー」が表示された場合は、以下の原因を考えてみましょう。

・サーバーのスペックがリクエスト処理に耐えられない
・DNSサーバーの設定が移行中である
・ブラウザや端末に問題がある
・サーバーやネットワーク障害、サーバーメンテナンスなどによる一時的なもの
・Webサイト設定やシステムコードが間違っている

「502エラー(Bad Gateway)」の対処方法

ここでは、「502エラー」の対処方法について5点解説します。

サーバーの過負荷を改善する

「502エラー」が発生した際は、サーバーの過負荷を改善しましょう。

一時的なアクセス超過が原因で通信エラーが発生した場合は、ブラウザの再読み込みを試してみてください。

また通常時、問題なく使用できるWebサイトやページで「503エラー」が表示された場合は、アクセス超過が収まるのを待ちましょう。

サーバー障害の可能性を考慮する

「502エラー」が発生した際は、サーバー障害の可能性を考慮しましょう。

たとえば、災害によって設備が故障・破損したり、サイバー攻撃によってサーバーダウンしたりなど、サーバーの通信障害などです。

障害発生の通知が来ていないか、公式サイトやメールを確認してください。
また検索エンジンやSNSなどで調査し、他のユーザーが同じ状況になっていないか確認しましょう。

DNSの設定を確認する

「502エラー」が発生した際は、DNSサーバーを確認しましょう。

DNSサーバーとは、ドメイン名とIPアドレスを変換するサーバーです。

サーバー移転を理由にIPアドレスを変更した場合、移転期間中に「502エラー」が表示されることがあります。

DNSサーバーの設定は、ドメインを購入した管理会社の設定画面で確認・編集しましょう。
設定に誤りがない場合は、数日経過すれば正常に表示されます。

ブラウザや端末の問題を解決する

「502エラー」が発生した際は、使用するブラウザや端末を確認しましょう。

「502エラー」の原因の多くはサーバー側にありますが、ブラウザの設定やキャッシュ、端末の設定などユーザー側に問題がある可能性もあります。

「502エラー」が表示されたデバイス以外の端末でWebサイトにアクセスしてみましょう。
他の端末でアクセスして正常に表示できれば、使用するブラウザや端末に何らかの問題があることがわかります。

Webサイト設定や記述したコードのバグを確認する

「502エラー」が発生した際は、Webサイト設定や記述したコードのバグを確認しましょう。

特に、エディタを使用して独自でWebサイトを制作した場合は、HTMLやCSSを重点的に確認しましょう。

WordPressなどCMSを利用した場合は、テーマやプラグインの設定問題が原因で、「502エラー」が表示されることがあります。
その場合は、Webサイトの編集ログを確認し、編集した内容にエラーがないか確認しましょう。
またWordPressの場合はプラグインの削除や停止をすることで「502エラー」が解消する場合があります。

「502エラー(Bad Gateway)」と混同しやすいHTTPレスポンスステータスコード

ここでは、「502エラー」と混同しやすいHTTPレスポンスステータスコードについていくつか解説します。

ちなみに500番台は2021年11月現在で、10種類あります。
以下に、よくみられるHTTPレスポンスステータスコードについてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

エラー名 詳細
100番台 情報レスポンス
200番台 成功レスポンス
300番台 リダイレクションメッセージ
400番台 クライアントエラー
500(internal server error) サーバー内部にエラーが発生した場合に表示されるエラーコード
501(Not Implemented) 未実装のメソッドを使用した場合に表示されるエラーコード
502(Bad Gateway) あるサーバーが別のサーバーから受け取ったレスポンスが有効でなかった場合に表示されるエラーコード
503(Service Unavailable) あるサーバーが別のサーバーから受け取ったレスポンスが有効でなかった場合に表示されるエラーコード
504(Gateway Timeout) ゲートウェイとして動作するサーバーが時間内にレスポンスを受けられなかった場合に表示されるエラーコード
511(Network Authentication Required) クライアントがネットワークでアクセスするために認証が必要な場合に表示されるエラーコード

HTTPレスポンスステータスコードには、他にも多数の種類があるため、
気になる方は以下の公式サイトを参照してみてください。

【公式ページ|HTTPレスポンスステータスコード

「502エラー(Bad Gateway)」は適切な対処で改善しよう!

このページでは、「502エラー」に焦点を当て、その概要や発生原因、対処方法、混同しやすいHTTPレスポンスステータスコードなどについて解説しました。

「502エラー」が発生しているとユーザーがページを閲覧できなかったり、SNSでページをシェアできなかったりとデメリットが多いです。Web集客に大きな影響をきたすため、「502エラー」は必ず改善・対策しましょう。

また「502 エラー」が発生し続けていると、SEOにも悪影響です。
もし、「502エラー」が発生した際は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。
またSEOに関して悩んでいる方は、ぜひ株式会社ipeにご相談ください!
株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6265-6008 9:00~18:00(平日)