2021年08月31日 -

SEOライティング初心者必見!書き方のコツや代行する時の注意点、ツールを解説!

このページではコンテンツSEOでは欠かせないSEOライティングについて解説します。書き方やコツ、ツール以外にもライティング代行や依頼をする時のメリット・デメリットも紹介するので、SEOライティングでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

SEOライティングとは?

SEOライティングとは、検索エンジンで上位表示することを目的としたライティング技法を指します。SEOの中でも特にコンテンツSEOと密接に関係しており、避けては通れないものです。

googleをはじめとする検索エンジンでは、検索された文字列から最適と評価されたWebコンテンツが表示されます。検索結果の上位に表示されることによりサイトの訪問者が増加し、Web集客に有効です。

SEOライティングの基本的な考え方

SEOライティングの基本は、検索エンジンに有益で信ぴょう性の高いサイトであると評価されるコンテンツを作ることです。Googleでは、「アルゴリズム」と呼ばれる分析評価基準に基づき、「クローラー」というロボットがWebサイトを巡回して検索順位を決めています。評価基準を理解し対策することでGoogleに有益なサイトと判断されるため、検索結果の上位表示につながります。

特にSEOライティングをする上で欠かせない考え方は以下の3つです。

・ユーザーファースト
・SEO目線

ユーザーファースト

検索上位に表示されるためには、ユーザーファーストのコンテンツを作成することが大切です。Googleは日常的にアルゴリズムを改善しており、常に最適な検索結果を表示しています。キーワードを検索したユーザーが何を目的としているか、どのようなコンテンツがニーズを満たすか、分かりやすい内容が書かれているかといった基準を満たすことで、良いサイトと判断され上位に表示されやすくなります。

SEO目線

検索エンジンに良いサイトと判断されるためには、クローラーにとって分かりやすい文章であることも大切です。たとえば、見出しにキーワードを含める、画像にaltタグを利用する、信頼性の高いサイトからの被リンクを増やすといった方法があります。また、ドメイン歴の長さや更新頻度などもSEOに影響します。ただし、キーワードの無駄な繰り返しや有料リンクの購入などは過剰SEOとされるため注意が必要です。

過去には、キーワード出現率を調整したり、検索ワードで埋め尽くされた「ワードサラダ」といった記事を作成したりすると上位表示されることもありました。しかし近年ではGoogleのアルゴリズムも進化し、このような小手先のテクニックは通用しません。

こうしたGoogleから推奨されていない施策は「ブラックハットSEO」とも呼ばれ、ペナルティの対象になります。検索で上位表示を狙うどころか、サイトの評価を落としかねないので注意しましょう。

SEOライティングの基本的な書き方

検索上位に表示されるためには、適切なSEOライティングをすることが大切です。では、具体的にどんな対策をすれば良いのでしょうか?ここでは一例をご紹介します。

・タイトルは32文字前後
・ディスクリプションは120字程度を意識
・適宜改行する
・古びやすい情報は極力入れない
・難解な表現は使わない

タイトルは32文字前後

SEOを意識したタイトルの文字数は、32文字前後が良いとされています。というのも、検索結果の画面では、タイトルが32文字まで表示されるからです。タイトルはコンテンツの内容を分かりやすく示すものでありユーザーが最初に目にする部分です。またクローラーが最初に読み取る部分でもあります。狙ったキーワードを含めつつ32文字前後でタイトルを付けることにより、ユーザーにも意図が伝わりやすくなるでしょう。

ただしこれはあくまで検索結果に表示される文字数から考えられる目安です。Googleの仕様変更によってはこの32文字は変わることもあり、また32文字以上だからと言ってマイナス評価になるわけではありません。あくまで目安として活用しましょう。

ディスクリプションは120字程度を意識

ディスクリプションとは、検索結果のタイトル下に表示されるコンテンツの概要を記した部分です。ユーザーはディスクリプションを読んで自分の検索意図に合ったページかどうかを判断します。PC版の検索結果では120文字前後が表示されるため、ディスクリプションは120文字前後が良いとされています。文字数を意識しながら、キーワードを入れつつコンテンツ概要を分かりやすく説明し、ユーザーにとって魅力的な文章を書くことを心がけましょう。

ディスクリプションの文字数に関してもタイトル文字数と同様に、検索結果で表示される文字数を基にしています。仕様変更によって柔軟に対応していきましょう。またこちらも少し文字数が超過したからと言ってマイナスになるわけではありません。

適宜改行する

Webサイトは、新聞や書籍などの紙面に比べて流し読みされやすい媒体です。文章がぎっしり詰まったコンテンツは、ユーザーに敬遠されます。全体をざっと見渡して知りたい部分だけを読むケースも多いため、適宜改行して視覚的に分かりやすくしましょう。一般的には3~5行に1度は段落分けをします。1文をなるべく短くし箇条書きを用いることも大切です。

また改行がない文章は、スマホでの閲覧に不向きです。そのため適宜改行することは、近年重視されるモバイルフレンドリーな記事づくりにも影響します。

古びやすい情報は入れない

コンテンツの内容が古いと、ユーザーが求めている情報ではなくなっている可能性があります。例えば何か資格の試験情報に関する記事を作成する時に、その年の試験日時や出題範囲を掲載すれば、来年には価値の低い情報になってしまうでしょう。

どうしても入れなければいけない場合を除いて、なるべくこのような情報は避けるようにしましょう。長期間の上位表示を狙うのであればなるべく古びにくい情報を精査する必要があります。

もしニュースや最新情報を取り入れたコンテンツを作成したい場合は、情報が古くならないように常に最新の情報に修正することが大切です。

難解な表現を使わない

なるべく専門用語や難解な表現を使わず、誰でも読める簡単な文章を書きましょう。特にWebコンテンツは、専門知識がないユーザーやざっと流し読みしたいユーザーも少なくありません。分からない言葉があったり一文が長かったりすると、読み進めるのが困難になることがあります。言葉の言い換えや専門用語には注釈を入れるなどし、なるべく知識がなくても難なく読み進められる記事づくりを心がけるましょう。

また難解な表現やレトリックもなるべく避けるようにしましょう。SEOコンテンツでは、情報をスムーズに取得できるかどうかが第一に問われます。ユーザーファーストの文章を書くならば、分かりやすさを意識し平易な表現を心がけましょう。

【すぐに実践】SEOライティングのコツ4つ!

SEOライティングというと難しい印象を持つ人も多いですが、今回は少しでも簡単にSEOライティングを実践するためのコツをご紹介します。

・見出しはKWへの回答を記載する
・図表などを活用する
・検索意図を理解する
・結論ファーストを心がける

見出しはKWへの回答を記載する

見出しは、検索エンジンにページの構造を伝えるものです。見出しを適切に使うことにより、内容を検索エンジンに理解されやすくなり、SEO対策となります。ただし「KWでユーザーは何を知りたいか」を想像することも大切です。KWは入っていても、その内容がズレていれば意味がありません。KWを盛り込む意識をするあまり、言葉遊びになってしまわないように気を付けましょう。

またユーザーはコンテンツの中身を全て読むとは限りません。ユーザーのニーズを満たすという意味でも、見出しだけで内容が分かるようにすることも大切です。そのため、見出しはキーワードへの回答を記載する形が理想的です。

図表などを活用する

分かりやすいコンテンツを作成するには、言葉だけでなく図表やイラストを使って視覚化することも大切です。前述したように、ユーザーは目的の情報を得たいだけで、文章をじっくり読みたいわけではありません。一目で分かる図表を活用することでユーザーニーズを満たし、SEO対策につながります。

またテキストだけでわかりやすく伝えるのには限界があります。テキスト以外にも、画像や動画を使用するなど、解説する内容に応じて情報の伝え方を工夫するのも大切です。

検索意図を理解する

検索意図とは、キーワードを検索したユーザーが求めている情報や意志のことです。たとえば、「履歴書 志望動機」と検索したユーザーは、単に履歴書に志望動機を記載したいだけではありません。履歴書に志望動機を書くということは、最終的に求人に応募しようとしている、もしくは内定を獲得したいなどと考えることができます。キーワードの裏側に隠された意図を理解し、それを満たすコンテンツを作成することでサイトの質はぐっと向上します。

結論ファーストを心掛ける

SEOライティングでは、ユーザーが求めている情報に対して結論を最初に書くのが基本です。というのも、ユーザーがPCやスマホでキーワードを検索する場合、特定の答えを求めているからです。最初に前置きや理由が回りくどく書かれていると、不快に感じ読むのを止めてしまいます。結論ファーストを心がけることにより、ユーザーが満足するコンテンツを作成できるでしょう。

またわかりやすいコンテンツを作るという点でも、結論ファーストは欠かせません。「何を説明しようとしているのか?」というゴールを最初に示すことで、説明内容が理解しやすくなるためです。

SEOライティングで使用するツールについて

SEOライティングには、便利なツールもあります。質の高いコンテンツを効率よく作成するために、以下のツールも活用してみましょう。

構成案作成に使えるツール

SEOライティングにおいては、ユーザー目線でもSEO目線でも構成が非常に重要です。上位表示されユーザーのニーズを満たす構成を作成するには、関連KW取得ツールやYahoo!知恵袋などのツールを活用しましょう。

関連KW取得ツール

関連KWとは、特定のKWを含む単語の組み合わせのこと。検索エンジンで検索したとき、検索結果の上部や下部に「他のキーワード」として表示されます。よく検索されるKW=ニーズが高いと考えられているため、関連KWは上位表示を狙うにあたって非常に重要です。

関連KWは、GoogleやYahooなどの検索エンジンでも調べられますが、専用のツールを使うとより多くの情報を集められます。なかでもGoogle公式の「キーワードプランナー」は、無料でKWや検索ボリュームなどを調べられるため、初心者の方にもおすすめです。

Yahoo知恵袋など

Yahoo知恵袋などのQAサイトには、多くの質問やそれに対するアンサーが集まっているため、本当のニーズを知るのに役立ちます。Yahoo!知恵袋を活用する場合は、KWを検索するかカテゴリから質問を探すと、ニーズやターゲット層を調べられます。ベストアンサーを見れば、問題解決のヒントを得ることもできるでしょう。

文章作成で使えるツール

具体的なKWが浮かばない、より魅力的な文章を書きたいといった場合に活用したいのが、「シソーラス類義語検索」です。たとえば、検索タブに「カフェ」と入力すると、「コーヒーショップ」「喫茶店」「カフェテリア」といった類義語が表示されます。類義語を調べることにより、検索されそうなKWを知り、分かりやすく魅力的なコンテンツ作成ができるでしょう。

校正校閲で使えるツール

変換ミスやスペースのエラー、言葉の誤用といったミスは、ユーザーに不信感を与えるとともに検索順位を落とす要因となります。しかし、いくら気を付けていてもついうっかり見落としてしまうこともあるでしょう。そんなときに活用したいのが、「Enno」や「Tamarigi」などの校正校閲ツール。どちらも無料で利用でき、タイプミスや変換ミス、文字化けなどのエラーを指摘してくれます。また、Wordの「スペルチェックと文章校正」機能もおすすめです。

SEOライティングの代行を依頼するには?

SEOは自分で対策することも可能ですが、より質の高いコンテンツを作成するには外部に依頼するのもおすすめです。依頼方法としては、SEOコンサル会社やクラウドソーシングサイト、ライティング専門会社などがあります。

SEOコンサル会社への依頼

SEOライティングで思うように成果が出ないときは、専門家に依頼してアドバイスを受けることも考えましょう。SEOコンサル会社であっても、コンテンツSEO制作に対応している場合があります。アクセスデータの解析や効果測定など専門知識を要する作業もできるため、総合的なSEO施策の一環として、より大幅な集客アップが見込めます。
また独自データやノウハウなど、自社に眠っている情報をSEOコンテンツ化することで集客に活かすこともできます。

SEOコンサル会社に依頼するメリット SEOコンサル会社に依頼するデメリット
・時間と労力を削減できる
・総合的な対策が可能
・自社に眠っているノウハウやデータを集客に活かせる
・上位表示しても売上に結びつかないこともある
・顕在化していないニーズに対応しきれないこともある

デメリットとしては「上位表示しても売上に結びつかない…」「商材がニッチなためKWがない…」といった点が挙げられます。上位表示したとしても、KWによっては売上にまったく結びつかないこともあります。また顕在化していないニーズをとらえることは難しく、商材によってはコンテンツSEOで上手くいかないことも考えられるでしょう。

もしもこうした不安がある場合は、大手クライアント実績多数のipe(アイプ)へ一度ご相談ください。コンテンツSEOの上位表示はあくまで手段であり、目的ではありません。SEOだけでなくキーワードマーケティングの観点も含めて、注力すべきKWや商材につながる可能性の高い潜在層へ響くKWをご提案します。

個人に依頼する

個人で活動するフリーランスのライターや、クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトで依頼するという方法もあります。時間や労力を大幅に減らせるため、多くのコンテンツを作成でき、上手くいけば運用効率がぐっと向上するでしょう。またコンサルや専門業者よりも低コストで発注できるのも個人に依頼するメリットでしょう。

ただし個人によってスキルに偏りがあり、品質が安定しないというデメリットがあります。加えて慣れないうちはコンセプトや目的、レギュレーションなどのすり合わせにかなりの時間がかかる傾向にあります。

費用が抑えられるというのは大きな魅力ですが、自社に制作ノウハウや制作体制が整っていないと、低コストというメリットさえも活かしきれない可能性があるため注意が必要です。

個人に依頼するメリット 個人に依頼するデメリット
・少ない費用で依頼できる ・方向性の共有に時間がかかる
・品質の担保が難しい
・意図が伝わらず修正作業が多くなる場合がある
・信頼関係の構築に時間がかかる

ライティング専門会社

ライティング専門会社は、その名の通りライティングに特化した専門業者のことです。経験豊富なライターやでディレクターが在籍しているため、高品質な記事を量産できます。記事作成だけでなくコンテンツ企画もまとめて依頼できるのもメリットのひとつです。ただしライティング専門会社はSEOに関するノウハウが少ない場合もあり、売上だけでなく、そもそも上位表示にもつながらない可能性があります。

ライティング専門会社のメリット ライティング専門会社のデメリット
・高品質な記事を量産できる
・時間と労力を削減できる
・コストがかかる
・悪質な業者も混ざっている
・SEO的な視点が薄い場合もある

SEOライティングの基本はユーザーファースト!依頼をご検討の方はipe(アイプ)へご相談ください

SEOライティングは、SEOで上位表示を目指すためのものです。しかしだからといって何か正解があるわけではありません。ユーザーファーストを意識して、どうすればわかりやすく、価値ある情報を提示できるかを絶えず模索していく必要があります。

Webサイトの集客アップには、適切なSEOライティングが欠かせません。SEOライティングは、ここで紹介したコツやツールを参考にすればすぐにでも取り組むことはできます。しかし思うような結果につながらないケースも多いでしょう。

もしもコンテンツSEOを検討されているなら、大手クライアントとの実績多数のipe(アイプ)へご相談ください。SEOコンサルから発足したipe(アイプ)なら、制作だけでなくSEOマーケティング全体の視点でのコンテンツ作りがご提案可能です。