「URL正規化」とは?概要や必要な理由、具体例、確認方法なども解説!

「URL正規化」とは?概要や必要な理由、具体例、確認方法なども解説!

「URL正規化」とは、同じコンテンツのページが複数存在する場合、どの1ページを検索エンジンに評価してもらうかを統一する施策です。

今回は「URL正規化」に焦点を当て、その概要や必要な理由、具体例、確認方法などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「URL正規化」とは?

「URL正規化」とは、同じコンテンツのページが複数存在する場合、どの1ページを検索エンジンに評価してもらうかを指定し、ページの評価を集約させる施策です。

検索エンジンはURL表記の「/index.html」の有無や「www.」の有無など小さな相違点でも異なるページと判断します。
たとえば、「https://ipeinc.jp」と「http://ipeinc.jp」はhttpの「s」があるかないかの違いですが、仮に内部のコンテンツが全く同じものだとしても、異なるページが2つと判断します。

「URL正規化」が必要な理由

異なるページが2つと判断されると、1ページの評価が分散します。
仮にコンテンツが同一の場合、検索エンジンにコピーコンテンツと解釈され、Googleからペナルティ(ページの検索順位を大幅に下げられるなど)を受ける場合があります。

「URL正規化」は、それを防ぐために、検索エンジンに評価してもらいたいURLを統一する施策です。

Googleの「検索エンジン最適化 スターターガイド」には以下のように記載されています。

ある1つのコンテンツに対して、張られるリンクのURLがユーザーによって異なると、そのコンテンツに対する評価がURLごとに分かれてしまう恐れがあります。
これを防ぐために、サイト内でページをリンクするときには、常に特定のURLを使用するようにしましょう。

引用元:検索エンジン最適化 スターターガイド

せっかくの魅力的なコンテンツが、「URL正規化」されていないだけで評価を下げてしまうのはもったいないです。対応していないと知らない間に競合と差を付けられてしまうため、「URL正規化」は重要な施策と言えるでしょう。

「URL正規化」が必要な具体例

では、どのような場合に「URL正規化」は必要になるのでしょうか。
ここでは、「URL正規化」が必要な具体例について4点解説します。

/index.htmlやwww.などの有無

Webサイト全体のトップページやディレクトリのインデックスページのURL末尾に「index.****」の有無やURL末尾の「/」の有無、ドメインの「www.」の有無はコピーコンテンツに該当し、「URL正規化」の対象です。

暗号化の有無

暗号化の有無(http://とhttps://)も「URL正規化」の対象です。

暗号化の有無(Sがあるかないか)については、以下のGoogle公式ページにて「S」有りを推奨しています。傍受や中間者攻撃、信頼できるWebサイトへのなりすましを防ぐという観点からも、可能な限りページは暗号化するようにしましょう。

【参考|Google への暗号化されていないユーザー トラフィック(デバイスのタイプ別)

レスポンシブデザインに非対応のページ

レスポンシブデザインに非対応のページも「URL正規化」の対象です。

レスポンシブデザインであれば、同じURLでデバイスごとにページ表示が最適化されますが、例外としてドメインで分けたり、「/sp/」などのディレクトリを挟んで別途モバイルページを用意する場合があります。

この場合、スマホ用に見せ方を変えただけで、同じコンテンツ内容になってしまうため、コピーコンテンツに該当してしまいます。

パラメータ

Webサイト内の導線を確認する際には、リンク別にパラメータを付与したり、広告ごとの効果測定のため、同じページにパラメータを付与して識別するケースが多いでしょう。

こうしたパラメータが付与されたページも別のページとして認識されてしまいます。そのためこうしたパラメータ付与したページにも「URL正規化」が必要です。

「URL正規化」の方法

では、どのように「URL正規化」すれば良いのでしょうか。
ここでは、「URL正規化」の方法について2点解説します。

301リダイレクトを用いた正規化

正規化するURLが決定したら、実際に「URL正規化」をします。

「URL正規化」の際、301リダイレクトを用いることが一般的です。
301リダイレクトとは、HTTPステータスコードの1つで、Webサイトの訪問者を別の指定URLに自動的に飛ばす目的で使用されるコードです。

たとえば、「https://ipeinc.jp」以外のURL(http://ipeinc.jp、https://ipeinc.jp/)が表示されそうになった場合、301リダイレクトを設定していれば、「https://ipeinc.jp」に自動転送されます。

また301リダイレクトを設定すれば、リダイレクト元からリダイレクト先へ「ページ評価」を引き継ぐことができます。加えて、インデックスされるURLもコントロールできます。

【注意点】

・301リダイレクト以外の転送は使用しない
※302リダイレクト(一時的な転送)や<meta http-equiv=”refresh”>、Javascriptを用いた転送は検索エンジンからマイナス評価を受ける恐れがある

【「.htaccess」を用いた「URL正規化」例】

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(ipeinc.jp)(:80)? [NC] RewriteRule ^(.*) https://ipeinc.jp$1 [R=301,L]RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ https://ipeinc.jp$1 [R=301,L]

上記はmod_Rewriteが使用できるApache形式のサーバーで「.htaccess」を使用し、URLを「https://ipeinc.jp」に正規化する場合の記述例です。ぜひ参考にしてみてください。

301リダイレクトを用いた「URL正規化」は、サーバー環境や「.htaccess」を用いたリダイレクトの可否などにより異なります。また301リダイレクトによる正規化ができない場合もあります。

もしできない場合は、次の見出しでご紹介する<link rel=”canonical”>タグや<link rel=”alternate”>タグをを用いた「URL正規化」を試してみましょう。

canonicalタグやalternateタグを用いた正規化

「301リダイレクト」が使用できない場合は、<link rel=”canonical”>タグや<link rel=”alternate”>タグを用いて「URL正規化」可能です。

その他にも、パラメータが付与されている場合やスマホページがPCページのURLと異なる場合などは、301リダイレクトによる転送ができないため、これらのタグを用いて「URL正規化」しましょう。

canonicalタグやalternateタグとは、Google検索エンジンに対し、そのページを指定先のURLのコピーとして扱うべきだということと検索エンジンが適用するリンクとコンテンツ指標はすべて1つのURLに還元すべきだということを伝えるためのタグです。

HTMLソースの<head>~</head>内に記述して使用します。
パラメータが付与されるケースなどは、元となるコンテンツにパラメータのないURLをcanonicalタグやalternateタグで記述しましょう。

【記述例(ソースコードがHTML4.01、HTML5の場合)】

<head>
<link rel=”canonical”  href=”https://ipeinc.jp/”>
</head>
<head>
<link rel=”alternate” href=”https://ipeinc.jp/”>
</head>

「URL正規化」の確認方法

ここでは、「URL正規化」の確認方法について3点解説します。

ブラウザのアドレスバーにURLを直接入力

「URL正規化」は、ブラウザのアドレスバーにURLを直接入力することで確認可能です。

たとえば、httpからhttpsに正規化した場合、ブラウザのアドレスバーに「http://ipeinc.jp」と入力してアクセスしてみます。

正しくリダイレクト設定ができていれば「https://ipeinc.jp」の方へ301リダイレクトされ、「URL正規化」を確認できます。

Google search console(グーグルサーチコンソール)で確認

「URL正規化」は、Google Search Console (グーグルサーチコンソール)でも確認可能です。

Google Search Console (グーグルサーチコンソール)とは、Googleが提供する無料解析ツールです。
検索KWの順位やアクセス数など、コンテンツの検索順位を下げる可能性など、Webサイトやページ単位で問題点を確認できます。

Google Search Console (グーグルサーチコンソール)にログインし、URL検査をクリックすると、確認したいURLを入力することで「URL正規化」されているかがわかります。

【公式ページ|Google Search Console (グーグルサーチコンソール)

リダイレクトチェックツールを利用

「URL正規化」は、リダイレクトチェックツールを利用しても確認可能です。

リダイレクトチェックツールで確認したいURLのリダイレクト数をチェックし、「0」(リダイレクト数がない)と表示されれば、「URL正規化」完了です。

【おすすめの無料リダイレクトチェックツール】

「URL正規化」でWebサイトの評価割れを防ごう!

このページでは、「URL正規化」に焦点を当て、その概要や必要な理由、具体例、確認方法などについて解説しました。

「URL正規化」とは、同じコンテンツのページが複数存在する場合、どの1ページを検索エンジンに評価してもらうかを統一する施策です。「URL正規化」は、301リダイレクトやcanonicalタグを利用することで解決できます。

また「URL正規化」はSEOの内部施策における基本です。
検索エンジンからの評価を下げ、ページの検索順位を下げないためにも、可能な限り「URL正規化」を行うようにしましょう。

「URL正規化をするべきかわからない」「URL正規化しているけど正しいかわからない」などお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6265-6008 9:00~18:00(平日)