「サイトリニューアル」のタイミングは?時期や重要性、ポイントなども解説!

「サイトリニューアル」のタイミングは?時期や重要性、ポイントなども解説!

「サイトリニューアル」とは、文字通り、運用するWebサイトをリニューアル(更新)することです。
自社でWebサイトを運用すると、「サイトリニューアル」をすべきタイミングについて気になりますよね。

今回は「サイトリニューアル」に焦点を当て、その時期や重要性、ポイントなどをご紹介します。
気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「サイトリニューアル」の重要性

「サイトリニューアル」とは、文字通り、運用するWebサイトをリニューアル(更新)することです。

Webサイトを運用する中で、サービス形態の変更や運用方法の見直しが必要となることは珍しくありません。また運用期間が長くなると、Webサイト内のコンテンツ量が増え、カテゴリ分けが複雑化し始めます。

「サイトリニューアル」の際、必要なコンテンツと不要なコンテンツを整理し、使いやすいWebサイトに更新できれば、停滞していたユーザービリティの向上が期待できるだけでなく、CV(コンバージョン)の獲得につながる可能性も高まります。

「サイトリニューアル」とSEOの関連性

「サイトリニューアル」をする際は、SEOを考慮しましょう。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、ユーザーがある特定のキーワードを検索した際、自社で運用するWebサイトが検索上位に表示されるようにする対策のことです。

Webデザインやコンテンツを変更しただけでは、「サイトリニューアル」効果はあまり期待できません。
リニューアルしたWebサイトをより多くの人に見てもらい、PV数やCV数を増やして始めて「サイトリニューアル」をした意味が生まれます。

そのためにも、SEO対策でWebサイトを検索順位上位に表示させ、検索ユーザーの流入数を増やしましょう。

弊社の本サイトには、SEO対策に関する記事が豊富にあります。
ぜひ参考にしてみてください。

「サイトリニューアル」のタイミング

では「サイトリニューアル」はどのようなタイミングで行えば良いのでしょうか。
ここでは、「サイトリニューアル」する際の課題や目的になりやすい例を4点ご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

Webデザインが老朽化してきた場合

Webデザインが老朽化してきたと感じた場合、「サイトリニューアル」をすべきタイミングと言えるでしょう。

UXの満足度が下がる要因として以下の意見があります。

・サイト内のデザインが古い
・操作性が悪い
・知りたい情報が見当たらない

上記のようなマイナス要因が複数あるWebサイトでは、仮に提供・販売する商品やサービスが良質でも、ユーザーCV(コンバージョン)につながりにくく、Webサイトを運用する本来の目的を達成しにくいです。

ターゲットにするべきユーザーの属性や運用するWebサイトのジャンルによって、「サイトリニューアル」すべき周期は異なりますが、一般的にWebデザインのトレンドは2〜3年です。

ユーザーに「時代遅れでつまらないWebサイト」と感じさせないよう、定期的に「サイトリニューアル」を行いましょう。

コンテンツ量が増えすぎた場合

Webサイト内のコンテンツ量が増えすぎた場合、「サイトリニューアル」をすべきタイミングと言えるでしょう。

1ページに必要以上の情報や機能がある場合、ユーザーが求めていた情報が見つかりにくく、ユーザビリティの低下やユーザー離脱の原因になります。

コンテンツ量が原因でユーザー離脱が増えた場合は、UI/UX改善を意識した「サイトリニューアル」が必要でしょう。

レスポンシブデザインに非対応の場合

運用するWebサイトがレスポンシブデザインに非対応の場合、「サイトリニューアル」をすべきタイミングと言えるでしょう。

レスポンシブデザインとは、使用するデバイス(パソコン/スマホ/タブレッドなど)に応じてフレキシブルな画面構成を可能にするWebデザインのことです。

モバイル端末の普及率が高い現代において、デバイスごとに適正表示されるWebサイト制作は重要です。

その根拠として、Googleは2018年に「モバイルファーストインデックス」を発表しました。
モバイルファーストインデックスとは、GoogleがWebページの検索順位を決めたり、インデックス登録を行ったりする際、モバイルサイトの利便性を第一基準と考える方針です。

つまり、モバイルに非対応なWebサイトは、Googleデータベースにインデックスされにくいのです。

せっかく制作したWebサイトを無駄にしないためにも、必ずレスポンシブデザインに対応させるようにましょう。

モバイルファーストインデックスの詳細は、以下の記事をご覧ください。
【公式ページ|モバイルファーストのインデックス登録について

SSL対応が不十分の場合

SSL対応が不十分の場合、「サイトリニューアル」をすべきタイミングと言えるでしょう。

SSLとは、「Secure Sockets Layer」の略で、ブラウザとサーバー間でやりとりする際、データを暗号化させるセキュリティ対策ことです。

2018年からSSL化されていないWebサイトは「保護されていません」とユーザーに警告する形で画面表示されるようになりました。
そのため、SSL化されていないWebサイトは、Googleからマイナス評価を受けてしまいます。

URLが「http://」となっているサイトはSSL化されていません。
検索順位に悪影響を出さないためにも、早急にSSL化を進めましょう。
SSL化が完了するとURLが「https://」に変わります。

SSL化の詳細は、以下の記事をご覧ください。
Chrome の HTTP 接続におけるセキュリティ強化に向けて

「サイトリニューアル」のポイント

ここからは、「サイトリニューアル」のポイントについて4点ご紹介します。

①アクセス解析から問題点を探る

「サイトリニューアル」をする際、Webサイトのアクセス解析データから問題点を探ることがポイントです。

アクセス解析データは、自社サイトで計測されたデータのため、潜在的な見込客のユーザー情報までは含まれません。そのため、自社サイトの純粋な価値を把握することができます。

アクセス解析で得たデータを元に、どのような問題点があり、どのように改善すれば良いのかなど、具体的な改善方法を見出しましょう。

【アクセス解析に便利な無料解析ツール】

②検索エンジンの評価から問題点を探る

「サイトリニューアル」をする際、検索エンジンの評価から問題点を探ることもポイントです。

自社のWebサイトがGoogle検索エンジンどのように評価されているかを把握し、理想のWebサイトにするにはどうすべきなのかを考え、具体的な改善方法を見出しましょう。

【Google検索エンジンの評価が確認できる無料ツール】

③クライアントに直接ヒアリングして問題点を探る

「サイトリニューアル」をする際、クライアントに直接ヒアリングして問題点を探ることもポイントです。

実際に、Webサイトを一番利用してくれるのは、自社の商品やサービスに興味があるクライアントです。

特に、高頻度でCV(コンバージョン)に繋がるようなクライアントは、運営者以上にWebサイトのことを知り尽くしている方が多いです。

Webサイトの問題点や改善点は、実際に使用している方にしかわからないことも多いです。

普段お世話になっているクライアントに直接ヒアリングし、問題点や改善点を探ることで、「サイトリニューアル」を効果的なものにしましょう。

④機能性とデザイン性の観点から問題点を探る

「サイトリニューアル」をする際、機能性とデザイン性の観点から問題点を探ることもポイントです。

機能性やデザイン性は、人間の感覚的要素に依存するため、改善点としては、インパクトが強いです。

機能性やデザイン性を改善する場合は、ヒートマップツール(Webサイトの各ページでユーザーがどのような行動をするかを、色別で分析・表現するツール)を導入し、ユーザーの動向を探った上で、それに合った改善策を見出しましょう。

【おすすめのヒートマップツール】

「サイトリニューアル」をする際はSEOを考慮しよう!

このページでは、「サイトリニューアル」に焦点を当て、すべき時期や重要性、ポイントなどについて解説しました。

「サイトリニューアル」をする際は、Webサイトの問題点を明確にすることが大切です。
目的なく「サイトリニューアル」を進めても、何から取り掛かればいいかわからないだけでなく、逆効果になる可能性もあります。

「サイトリニューアル」の目的は、運営するWebサイトや企業、業界ごとに異なりますが、経営課題を解決し、ユーザーCVに繋がるようなWebサイトを意識すると、効果的な「サイトリニューアル」が実現できるでしょう。

ぜひ本記事を参考に「サイトリニューアル」に励んでみてください。

「サイトリニューアル」や「SEO」などお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)