「インフルエンサー」とは?概要や起用メリット、依頼方法なども解説!

「インフルエンサー」とは?概要や起用メリット、依頼方法なども解説!

「インフルエンサー」とは、人の思考・行動に大きな影響を与える人のことを指します。

今回は「インフルエンサー」に焦点を当て、その概要や注目理由、カテゴリー、起用するメリット・ポイント・注意点、依頼方法などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「インフルエンサー」とは?

「インフルエンサー」とは、人の思考・行動に大きな影響を与える人のことを指します。

例えば、テレビタレントやファッションモデル、特定分野の専門家などが例です。

また近年では、YouTuberやTiktoker、Instagramerなど、各種SNSで影響力のある人材を指す用語としても定着し、主に若年層の間で使用されています。

「インフルエンサー」が注目される理由

近年はスマートフォンやインターネット、SNSの普及などにより、消費者は時間や場所を問わずさまざまな情報を入手できるようになりました。

それに伴い、消費者の購買行動にも変化が起きています。

かつて、テレビCMや広告などを企業の押し売りをきっかけに発生していた購買行動は、今やインターネットを通じ、消費者の立場から発信される口コミ・紹介をきっかけに発生する購買行動へと変化してきているのです。

自分が興味のあるインフルエンサーが紹介した商品・サービスとあれば、消費者はより強い興味・関心・信頼性をもち、積極的な購買行動に繋がる可能性が高いです。またSNSで投稿された情報は、拡散力が高く、多くの消費者に情報が届きやすくなっています。

このような背景から、現在、インフルエンサーをマーケティングに活用した「インフルエンサーマーケティング」が注目を集めているのです。

補足:インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは、インフルエンサーに製品やサービスをPRしてもらい、消費者の購買行動に影響を与えるマーケティング手法です。

メリット デメリット
  • ターゲティングやマーケティング施策がしやすい
  • PR情報の拡散力が高い
  • 消費者目線のレビューが発信できる
  • UGC獲得に繋がりやすい
  • SEO強化につながる
  • インフルエンサーの選定にビジネスセンスが問われる
  • ステルスマーケティングによる炎上リスクがある

「インフルエンサー」のカテゴリー

インフルエンサーは、フォロワー数や影響度に応じて、いくつかのカテゴリーに分類されます。

ここでは、4つのカテゴリーに分類して、解説します。

なおカテゴリー区分に明確に定義はありません。

あくまで参考程度にご確認ください。

カテゴリー区分 フォロワー数 特徴
メガインフルエンサー 数十万人以上
  • メディア露出を本業にした芸能人や著名人
  • 影響力が大きく、リーチ力が高い
ミドルインフルエンサー 10万人以上
  • メディア露出や書籍出版などを定期的に行う有名人
  • 特定のコミュニティーにおける情報拡散能力が高い
マイクロインフルエンサー 1万~10万人程度
  • SNSやブログで活動する著名人
  • カフェやゲーム、アクセサリーなど、特定ジャンルに対する情報拡散能力が高い
ナノインフルエンサー 数千〜1万人程度
  • SNSやブログの初心者〜中級者
  • フォロワーとの距離が近いため、投稿に対するリアクション比率が高い

「インフルエンサー」を起用するメリット

インフルエンサーマーケティングには多くのメリットが期待でき、高いPR効果が望めます。

ここでは、「インフルエンサー」を起用するメリットについて3点解説します。

①親しみやすい

企業側から発信される従来のテレビCMや広告は、PR感や押し売り感が強いため、消費者が嫌悪感を抱いていることが多く、PRが逆効果になるケースがありました。

しかし、インフルエンサーを起用したマーケティングでは、日常的な投稿の中に自然な形で広告が入るため、押し売り感がなく、自然な形で商品・サービスに触れることができます。

②ターゲティングしやすい

インフルエンサーは、カフェやゲーム、アクセサリーなどある特定ジャンルの内容を中心に投稿することが多いです。そのため、フォロワーはその特定ジャンルの投稿内容に興味・関心を持っていることが多いです。

つまり、自社がPRしたいターゲット層に近いフォロワーを多数持っているインフルエンサーをマーケティングに起用すれば、それだけリーチに繋がりやすいと言えるでしょう。

③効果測定しやすい

従来のテレビCMや看板広告では、広告効果ごとに購買行動が変化するため、顧客の正確な人数を割り出すことが困難でした。

しかし、インフルエンサーを起用したマーケティングは、インターネットを通じて行われるため、リーチ数やエンゲージメント率、CVRなど投稿後の効果測定がしやすいです。

「インフルエンサー」を起用する際の注意点

ここでは、インフルエンサーを起用する際の注意点について3点解説します。

①フォロワー数だけで判断しない

起用するインフルエンサーを決定する際、フォロワー数だけで判断することはやめましょう。

数十万人規模のフォロワー数を持つインフルエンサーでも、フォロワー層が自社のターゲット層から大きく外れていては、期待するマーケティング効果は得られません。

中には金銭でフォロワーを購入する悪質なインフルエンサーもいます。

買われたフォロワーは、フォロワーとしての実態がないため、こちらも期待するマーケティング効果は得られないでしょう。

②人間性やイメージを確認する

インフルエンサーが持つ人間性やイメージ、投稿の雰囲気などを確認した上で、自社のイメージに即した人材を起用することも重要です。

例えば、自社が男性向けの除毛クリームをPRしたい場合は男性フォロワーが多いインフルエンサーを、女性向けのファッションPRしたい場合はファッションに詳しいインフルエンサーを起用するなど、フォロワーとターゲット像との相性を意識しましょう。

③投稿のルールを決める

PRしてもらう投稿には、大まかなルールの設定が重要です。

理由は、ステルスマーケティングによるインターネットでの炎上を避けるためです。

商品・サービスの表記や名称、投稿回数や時間帯など、事前にルールを決定しておけば、お互いのトラブル回避にもつながります。

「インフルエンサー」が活躍するSNS

インフルエンサーの主な活動場所は、YouTube、TikTok、Instagramといった各種SNSです。

各種SNSはそれぞれ特徴や強みが異なるため、投稿内容や利用する年齢層に大きな違いがあります。

ここでは、近年人気がある各種SNSについて簡単に解説します。

YouTube

YouTubeとは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンブルーノに本社を置くオンライン動画共有プラットフォームです。動画投稿者はYouTuber(ユーチューバー)と呼ばれます。

ユーザーが投稿・公開した動画はチャンネルに蓄積されるため、動画のストック性に優れている点が特徴です。

年齢を問わず、10代〜40代など幅広い層に人気があるSNSとして注目を集めています。

【代表的なYouTuber】

名前 フォロワー数(2022年6月現在)
Junya/じゅんや 16,300,000 人
HikakinTV 10,700,000 人
はじめしゃちょー(hajime) 10,200,000 人

TikTok

TikTokとは、ByteDanceが運営する動画に特化したソーシャルネットワーキングサービスです。

15秒から1分程度の短い動画に特化しており、TikTokで活躍するインフルエンサーはTikToker(ティックトッカー)と呼ばれます。

音楽や動画を編集する簡易ツールがデフォルトで用意されているため、動画編集技術やプラグインは必要なく、誰でも簡単に動画制作を行えるのが特徴です。

主に10〜20代の若い年齢層を中心に人気を集めています。

【代表的なTiktoker】

名前 フォロワー数(2022年6月現在)
Junya/じゅんや 42,800,000 人
バヤシ🥑Bayashi 30,800,000 人
景井 ひな 11,100,000 人

Instagram

Instagramはメタ・プラットフォームズが所有するアメリカの写真・動画共有ソーシャル・ネットワーキング・サービスです。Instagramで活躍するインフルエンサーはInstagramer(インスタグラマー)と呼ばれます。

「インスタ映え」を意識した投稿やハッシュタグと呼ばれる検索キーワード機能の使い方に長けたインフルエンサーが多いです。主に10代〜20代の女性ユーザーを中心に人気を集めています。

【代表的なインフルエンサー】

名前 フォロワー数(2022年6月現在)
渡辺直美 9,840,870 人
YUTA 8,332,023 人
ローラ 7,884,979 人

「インフルエンサー」に依頼する方法

ここでは、「インフルエンサー」に依頼する方法について解説します。

①直接連絡する

直接インフルエンサーに連絡する方法は、各種SNSのダイレクトメール(DM)が主流です。

メリット デメリット
  • 他業者を通さず、直接やり取りできるため、中間マージンが必要ない
  • マーケティングのプロセスをスピーディーに進められる
  • 自社の商品に適した人材か判断しづらい
  • インフルエンサー選定に時間と労力がかかる

②マッチングプラットフォームを利用する

インフルエンサーのマッチングプラットフォームを利用すれば、インフルエンサーの詳細なデータを元にした起用やマーケティングが可能です。

メリット デメリット
  • データに基づいてインフルエンサーを起用できる
  • インフルエンサーの選定・運営・マーケティング分析などを依頼者側が主体となって進められる
  • 依頼者にインフルエンサーマーケティングのノウハウが必要
  • 別途マッチングプラットフォームのシステム利用料が発生する

【おすすめのマッチングプラットフォーム】

③広告代理店を利用する

インフルエンサーを活用したマーケティングを専門の広告代理店に依頼する方法もベターです。

プロがインフルエンサーの選定からディレクション、施策の実施、効果測定といった一連の流れをすべて代行してくれるため、ノウハウがない企業や人材不足で十分な時間を確保できない事業者におすすめです。

メリット デメリット
  • ノウハウがなくても、費用対効果が高いインフルエンサーマーケティングが可能
  • 効果測定やデータ分析がしやすいため、次のマーケティングに活かしやすい
  • 依頼料や経費が高い
  • 信頼できる広告代理店の選定に時間と労力がかかる

【おすすめの広告代理店】

「インフルエンサー」を意識したマーケティングで自社の売上を伸ばそう!

このページでは、「インフルエンサー」に焦点を当て、その概要や注目理由、カテゴリー、起用するメリット・ポイント・注意点、依頼方法などについて解説しました。

SNSが普及した昨今、インフルエンサーが持つ影響力の高さが大きな注目を集めています。

企業や事業主にとって、テレビCMや看板広告以上のPR効果が期待できるインフルエンサーマーケティングは、今後ますます注目を集めることになるでしょう。

現在自社が行うマーケティング施策に納得がいかないと悩んでいる方は、ぜひこの機会にインフルエンサーマーケティングを検討してみてはいかがでしょうか。

「インフルエンサー」や「SEO」でお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)