Googleアドワーズ(旧アドワーズ)とは?概要や特徴、種類、メリット・デメリット、出稿方法なども解説!

Googleアドワーズ(旧アドワーズ)とは?概要や特徴、種類、メリット・デメリット、出稿方法なども解説!

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」とは、Googleが提供するインターネット広告(クリック課金型)の総称です。2022年4月現在は「Google広告」という名前に変更されました。

今回は「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」に焦点を当て、その概要や特徴、種類、メリット・デメリット、出稿方法などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」とは?

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」とは、Googleが提供するインターネット広告(クリック課金型)の総称です。2022年4月現在は「Google広告」という名前に変更されました。

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」を活用すれば、Google検索結果ページや提携しているWebサイトに自社の広告を配信できるようになります。

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」の特徴

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」の主な特徴は2つあります。

・拡張機能
・ターゲティング設定

拡張機能

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」では、Google拡張機能を使用できます。

拡張機能を使えば、「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」内の基本的な広告表示オプションに加えて、自社の電話番号や住所、商品・サービス価格などを広告に無料掲載することができます。

ターゲティング設定

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」では、配信したいユーザーや場所をターゲティングできます。

例えば、リターゲティング広告やアフィニティカテゴリに合わせたターゲティング広告を配信できます。

また広告掲載を除外したいWebサイト(例えばアダルトサイトなど)を指定することも可能です。

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」の種類

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」では、検索広告やディスプレイ広告、動画広告など3種類の広告配信が可能です。

検索広告

検索広告とは、一般ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示する広告です。

自社のWebページをSEO対策で検索順位上位に引き上げるためには、手間と時間がかかります。

そのため、広告費をかけて出稿し、早急に反映させることを目的としています。

検索広告は、主にキャンペーン集客などの急ぎの場合に使用されたり、潜在的ユーザーに向けたCV獲得を目指した広告です。

ディスプレイ広告

Googleディスプレイ広告とは、アプリやWebサイトの広告スペースに表示される広告です。
別名、Googleディスプレイネットワークとも呼ばれています。

Googleとの提携Webサイトやアプリにバナー広告を配信することができます。

Googleディスプレイ広告はコンテンツ連動型のため、Webサイトやアプリの属性ごとに関連性のある広告が表示されます。

豊富な配信先を通じて、潜在的ユーザーに興味を持ってもらうための広告です。

動画広告

動画広告は、主にYouTubeで配信されます。

YouTubeの動画コンテンツの前後、コンテンツの最中に差し込むのが一般的です。

動画広告には、5秒後にスキップ可能なインストリーム広告や6秒以内に広告が終わるバンパー広告、CTAが着いたアクション広告の3種類があります。

インストリーム広告やバンパー広告は、視聴者に自社の商品やサービスを認知させることで、潜在的ユーザーにアプローチすることを目的にしています。
また、アクション広告は顕在的ユーザーからのCVを目的にしています。

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」のメリット

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」のメリットは以下です。

・低予算
・出稿先が豊富
・地域や時間帯、ターゲットの指定
・広告の編集・配信停止
・有名サイトへの出稿
・SEO対策キーワードの指定

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」のデメリット

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」のデメリットは以下です。

・広告内容の編集などの際、操作が複雑
・対策キーワードの選定が困難
・タイトルや広告文の作成に手間がかかる

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」での広告出稿方法

ここからは実際に「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」で広告を出稿する方法について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

アカウント作成

まずは、「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」のアカウントを作成しましょう。

Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」にアクセスし、「今すぐ開始」ボタンを押します。
その後、メールアドレスとWebサイトのURLを入力しましょう。

なお「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」のアカウント作成には、Googleアカウントが必要になります。未所持の場合は、必ず作成しましょう。

キャンペーンを作成

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」のアカウント作成後、キャンペーン(広告)を作成しましょう。

広告作成画面にて、予算やターゲット、入札単価、広告本文を設定します。

なおこの際、リスティング広告やディスプレイ広告など広告の種類も選択できます。

対策キーワード設定

広告を作成する際、対策キーワードを設定しましょう。

対策キーワードの設定によって広告効果は大きく変動します。慎重に決定しましょう。

なお対策キーワードを決める際に役立つツールとしてキーワードプランナーがあります。
キーワードプランナーとは、Google広告の配信に使うキーワードについて無料で調査できるツールです。

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」にログイン後、右上の「運用ツール」から「キーワードプランナー」をクリックすることで利用できます。

キーワードを入力すると、検索ボリュームや関連キーワードなど、分析に必要な多くの情報が表示されます。

予算の決定

対策キーワードの決定後、広告予算を決定しましょう。

予算を決定するは、キーワードプランナーの「予測データ取得機能」を活用しましょう。
平均クリック単価やクリック数、コストなどの予測数値が確認できます。

料金の支払方法設定

広告作成後は、支払方法を設定しましょう。

表示された項目に必要情報を入力します。
支払いタイプには、自動支払い(クレジットカードかデビットカード)や手動支払い(銀行振込やコンビニ支払い・ペイジー支払いなど)があります。

最終確認

支払情報を設定し、利用規約に同意すれば、設定は完了です。
Googleにて広告掲載が開始されます。

なお「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」で広告を出稿する場合、いつでも広告内容の編集や配信停止が可能です。

広告効果に応じて臨機応変に対応し、自社の売上向上を目指しましょう。

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」を活用し、自社の売上を向上させよう!

このページでは、「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」に焦点を当て、その概要や特徴、種類、メリット・デメリット、出稿方法などについて解説しました。

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」は、広告管理のしやすさや自社の売上向上に繋がるなど多くのメリットがあります。

正しい手順で設定すれば、誰でも簡単に広告を出稿できるため、
ぜひこの記事を参考に、始めてみてはいかがでしょうか。

「Googleアドワーズ(旧アドワーズ)」や「SEO」でお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)