コンテンツマーケティングとは?概要や重要性、実践方法をわかりやすく解説

コンテンツマーケティングとは?概要や重要性、実践方法をわかりやすく解説

有力なマーケティングの手法として、近年多くの企業が取り組んでいるコンテンツマーケティングですが、「聞いたことはあるけど詳しくはわからない」「気になっているけどやり方がわからない」という方も多いのではないでしょうか。本記事では、コンテンツマーケティングの概要から、重要性、実施方法まで詳しく解説します。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ターゲットユーザーに向けて、価値あるコンテンツを作成・発信することで、見込み客を育成し購買につなげるマーケティング手法のこと。短期的な利益ではなく、ファンの獲得やブランディングの向上といった中長期的な利益を目指します。

コンテンツマーケティングの重要となった背

コンテンツマーケティングが台頭した4つの要因
既存のマーケティングの限界
Google評価の変化
消費行動の変化
広告費の高騰

ここでは、コンテンツマーケティングが重要となった背景を解説します。主な理由は大きく分けて上記の4つです。

既存のマーケティングの限界

インターネットの普及により、消費者は日常生活の中で膨大な数の広告に触れることになり、広告疲れを感じるようになったことが理由とされています。これにより一般的だったテレビCMやネット広告、メルマガといった、売り込み型の既存のマーケティング手法が限界に。実際に、バナーをクリックしなかったり、メルマガを読まずにゴミ箱にいれたりと、広告だと思うと無視する習慣ができている消費者も多い傾向にあります。

そのため、知ってもらいたい情報を一方的に売り込むのではなく、ユーザーが知りたい情報を提供するコンテンツマーケティングの手法が、より有効なアプローチとなってきているのです。

Googleの評価が変化した

Googleの評価の変化もコンテンツマーケティングが重要となった背景の一つです。Googleの評価が変化したことで、ユーザーの満足度が高いコンテンツが上位表示されるようになりました。

以前は、対策したいキーワードをコンテンツ内にちりばめたり、外部リンクを購入したりするといった、ユーザービリティを無視した手法も有効でした。しかし現在では、コンテンツが検索ユーザーにとっていかに有益であるかで厳しく順位付けされるようになっています。これにより多くの企業が検索ユーザーのためになる良質なコンテンツを作成することで、検索上位表示を目指し、ユーザーの獲得を図っています。

消費行動の変化

消費行動が変化し、消費者は商品を購入前に十分に情報収集してから意思決定するようになったことも背景にあります。
消費行動の変化により、ネット広告やバナーといった、従来の売り込み型の広告は、消費行動を喚起するものではなく、商品を知るきっかけになりました。
そこで、ニーズを持って情報収集をしている見込み客に、コンテンツを届け、ニーズを育成して、購買行動につなげることができるコンテンツマーケティングが注目されるようになったのです。

広告費の高騰

従来の幅広い層に広告を数打つという手法が、広告費の高騰により、費用対効果が悪くなったことも背景の一つです。
これにより、初めから見込みが高いターゲットユーザーに絞って、購買意欲を喚起できるコンテンツマーケティングの手法が、注目されています。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングを活用することで、次のようなメリットがあります。

コストが低い

コンテンツマーケティングは、広告費がかからないので、インターネット広告などに比べると、導入・運用のコストが低いです。そのため、予算が限られている企業でも、気軽に始められます。

ユーザーとの接点が増えやすい

各種SNSや、ブログ、YouTubeなど、コンテンツを配信するチャネルを増やした分だけ、ユーザーとの接点が増えやすくなります。またユーザーは、情報を収集するだけでなく、コンテンツの紹介やシェアなど、発信活動も行います。
そのため、良いコンテンツは自然と拡散され、加速度的にユーザーとの接点を増やすことができます。

資産として残り続ける

コンテンツマーケティングには、従来型の広告にはなかった蓄積効果があり、一度発信したコンテンツは資産としてWeb上に残り続けます。
良質なコンテンツは、長期間に渡って集客ツールとして機能し、コンテンツを増やした分だけ顧客との接点も増え続けます。

コンテンツマーケティングの実践方法

【コンテンツマーケティングの実践方法】
1 目標を設定する
2 ペルソナを立てる
3 コンテンツを設計・作成する
4 効果測定を行う

目標を設定する

まず初めに、コンテンツマーケティングの目標を設定することが重要です。
目標が、自社の認知度を高めることなのか、購入件数や申込件数を増やすことなのかでは、最適なコンテンツが異なります。

ペルソナを立てる

目標を設定した後は、コンテンツを届けたいペルソナを立てます。ペルソナとは、「自社の商品やサービスを買ってほしい具体的な顧客像」のことです。年代や性別だけでなく、趣味やライフスタイル、思考に至るまで詳細に設定することで、リアルな人物像を作り上げます。
ペルソナを設定することで、具体的なニーズがイメージしやすくなり、それを解決するためのコンテンツ設計に注力できるようになります。
また、メンバー間でターゲットに関する共通の認識を持つことができるので、プロジェクトがスムーズに進みます。

コンテンツを設計・作成する

目標とペルソナが定まったら、それに合わせてコンテンツを設計・作成していきます。
同じ情報でも、コンテンツを発信する媒体によって、ユーザーに好まれる要素が違うため考慮して設計・作成する必要があります。
例えば、動画やSNSなどの見る媒体であれば、見やすさや面白さが好まれる要素ですが、ブログなどの読む媒体であれば、情報量や一覧性が好まれる要素です。
同じ情報やノウハウを複数の媒体に応用する場合には、媒体ごとに最適化した形で設計・作成するようにしましょう。

効果測定を行う

コンテンツマーケティングは、一度コンテンツを発信して、終わりではありません。
発信後に適切に効果測定を行い、修正・改善をして早いサイクルでPDCAを回すことが成果を出すための最大のポイントです。
効果測定の指標は、コンテンツの発信数、検索表示順位、PV数、ユーザーのサイト滞在時間、SNSシェア数など、それぞれのKPIによって異なります。
Googleアナリティクスやサーチコンソールなどのツールを利用すると効率的に効果検証を行うことができます。

コンテンツマーケティングを行う際のポイント

【コンテンツマーケティングを行う際のポイント】
コンテンツ作成を行うリソースを確保する
キーワードを選定する
カスタマージャーニーを作る
段階に応じた目標を立てる

コンテンツ作成を行うリソースを確保する

コンテンツ作成を行うリソースの確保は、安定して運営を続けるために必要不可欠です。
具体的に必要となるリソースは、コンテンツ作成にかける予算と、プロデューサー、ディレクター、ライター、デザイナー、エンジニアといった人的リソースです。
まずは予算とコンテンツ作成の目標を明確にし、予算内で実現可能なコンテンツ作成計画を立てることが必要になります。人的リソースについては、社内人材を活用したり、新しく人を雇ったりして、必要な担当者を確保しましょう。部分的に外部に委託するという手段もあります。

キーワードを選定する

コンテンツマーケティングにおいてはキーワードの選定は、重要な要素の一つです。
自社のターゲットユーザーが、どのようなニーズを抱えていて、どのようなキーワードで検索をするのかを見極めることが大切です。自社のフェーズに合わせて、最適なボリュームのキーワードを選定しましょう。

キーワード選定の例:コンテンツマーケティングを始めてすぐの場合
最初から検索ボリュームが大きく競争の激しいキーワードで、検索上位表示を目指すのは困難です。はじめは、検索ボリュームが小さいキーワードで、良質なコンテンツを蓄積させ、段階的に検索ボリュームが大きいキーワードを狙っていくことで、効率的なマーケティングが実施できます。

カスタマージャーニーマップを作る

ペルソナを設定後に、ペルソナが、商品・サービスを認知してから購入に至るまでの一連の流れを想定し、可視化するカスタマージャーニーマップを作るのもポイントです。
これにより、どのタイミングでどのようなコンテンツを届けるのか、施策を立てやすくなります。またコンテンツ発信後の効果測定の際にも、より詳細に分析するために役立ちます。

段階に応じた目標を立てる

またカスタマージャーニーにおける「認知」「興味」「検討」「購入」といった各段階に応じた目標を立てることもポイントです。
コンテンツマーケティングの最終的な目標と合わせて、それを達成するための、プロセスごとの指標(KPI)も設定しておくことで、目標達成への道筋が明確化されます。

コンテンツマーケティングを行う際に役立つツール

ここでは、コンテンツマーケティングを行う際に役立つツールをご紹介します。

Google アナリティクス

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。Googleアナリティクスを利用すると、登録したWebサイトの、アクセス状況を解析することができ、訪問ユーザーの属性や流入元、流入キーワード、閲覧ページなど様々な要素からサイトの状況を把握することができます。
集計データをもとに、頻繁に訪問するユーザー層に向けてコンテンツを作成したり、対策できていない流入経路やキーワード選定を改善したりすることで、より効果的なマーケティング施策を打てるようになります。

Google サーチコンソール

Googleサーチコンソールとは、Googleが提供する無料のインターネット検索の分析ツールです。Googleアナリティクスがサイトアクセス後のデータを分析できるのに対し、Googleサーチコンソールでは、サイトアクセス前のデータを分析でき、検索キーワードの表示回数や検索順位の推移、クリック数、クリック率などを確認できます。
インターネット検索を分析することで、SEO施策の効果検証ができ、キーワード選定の見直しなど、検索流入を増やすための改善に役立てることができます。

CMS

「CMS」とは、「Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)」の略で、HTMLやCSSなどの専門知識なしで、容易に管理画面から、Webサイトの構築やコンテンツの追加・更新ができるシステムのことです。CMSを導入することで、Webサイトの運営が手軽になるため、多くの企業がコンテンツマーケティングに活用しています。世界的に最も利用されているCMSはWordPressです。

株式会社ipeのコンテンツマーケティング成功事例

コンテンツマーケティングにおける成功事例をご紹介します。

株式会社キーコーヒー

支援当初、既存ユーザーを大切にしながらも、より幅広い層にアプローチしたいという課題を抱えていました。それに対しSEO的な視点だけでなく、ブランドを理解した上でのコンテンツマーケティング施策を提案。導入から3ヶ月で流入が急上昇し、半年後には800%達成と大きな効果を生み出せました。

株式会社SMS

支援当初は、オーガニック経由の流入増加に課題を抱えていました。これに対し、サイトの抜本的な見直しをはじめとした様々な施策を実施。結果として、競争性の高いBIGワードの中でも、最も検索数の多いワードで1位を獲得できました。

ポイントを押さえたコンテンツマーケティングで、商品・サービスの購入につなげましょう!

様々な時代の変化により、現代ではコンテンツマーケティングは必ず押さえておくべき有効なマーケティング手法の1つとなりました。またコンテンツマーケティングには、蓄積効果やユーザーによる拡散行動など、従来のマーケティング手法にはなかった大きなメリットがあります。コンテンツマーケティングの効果を最大化するためには、今回紹介した手順で、コンテンツの設計・作成を行ってみてください。
ポイントを押さえたコンテンツマーケティングで、商品・サービスの購入につなげましょう!

株式会社ipeではSEO対策を一気通貫でおまかせいただけます。貴社サイトを無料で分析するサービスも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)