コンテンツマーケティングとは?基礎知識と運用方法▲STEPを開設

コンテンツマーケティングとは?基礎知識と運用方法▲STEPを開設

「コンテンツマーケティングに興味があるけれど、どういう手法なのかわからない…」

あなたはコンテンツマーケティングを実施して、商品やサービスの売り上げを倍増させたいのではないでしょうか。

しかし、コンテンツマーケティングが何なのかわからないため、前に進めないのかもしれませんね。

結論からいえば、コンテンツマーケティングの定義は以下の通りです。

<コンテンツマーケティングの定義>
ターゲットに対して、価値あるコンテンツを発信することで、自社に対する信頼感を高めて、商品やサービスの購買につなげるマーケティング手法

商品やサービスの販促に「コンテンツマーケティング」を用いると、以下のような結果が得られます。

<コンテンツマーケティングによって得られる成果>
・株式会社キーコーヒー様
コンテンツマーケティングの実施から3か月で流入が急上昇。半年後にはオーガニック流入率が「800%」UPしたり、ユニークユーザー数が「2.5倍」になるなどの成果が出る

本記事では、商品やサービスの売り上げを倍増させるために必要な「コンテンツマーケティングの基礎知識」について、どの記事よりもわかりやすく解説します。

記事を読めば、初心者の方でも、コンテンツマーケティングを始めることができます。

成功するためのポイントもわかるため、失敗のリスクを最小限に抑えることもできます。

<本記事を読むとわかること>

  • コンテンツマーケティングとは?
  • コンテンツマーケティングにある「3つのメリット」
  • コンテンツマーケティングの運用方法「4STEP」
  • コンテンツマーケティングで成果を得るために抑えたい4つのポイント
  • コンテンツマーケティングの運用に必須!3種類のツール

「コンテンツマーケティングの実施手順を知りたい」
「コンテンツマーケティングで失敗したくない!」

という方にとって参考になる記事です。

これからコンテンツマーケティングを実施しようとし考えている方は、ぜひご覧ください。

1.コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングの定義は、冒頭でご説明した通りです。

<コンテンツマーケティングの定義>
ターゲットに対して、価値あるコンテンツを発信することで、自社に対する信頼感を高めて、商品やサービスの購買につなげるマーケティング手法

とりわけ、短期的な利益ではなく、ファンの獲得やブランディングの向上といった中長期的な利益の獲得も目指すのが、コンテンツマーケティングの大きな特徴です。

例えば、ダイエット用のサプリメントを販売する会社の場合。
コンテンツマーケティングの一環で「ダイエットを成功に導くためのお役立ちサイト(オウンドメディア)」を立ち上げるようなケースがあります。

そのオウンドメディアで、ダイエットに役立つSEO記事を発信することで、ターゲットは効率よくダイエットに成功できるようになります。

<発信するコンテンツ例>

  • 専門家が解説!ダイエット中の食事のとり方「3つのポイント」
  • ダイエットには基礎代謝の工場が不可欠!やるべきストレッチ5選
  • 朝バナナダイエットは効果がある?実際に検証してみた

そのプロセスで、見込み顧客は「ダイエットに役立つ情報をたくさん提供してくれる素晴らしいメディアだ!」と思うようになるでしょう。

最終的には、「信頼できるメディアの提供するサプリメントだから、きっと原料に役立つはずだ」と考えるようになり(=信頼関係が結ばれて)、ダイエットサプリメントの購入につながる可能性が高いです。

このように、顧客を自社メディアのファンにし(=信頼を育成するリードナーチャリング)、顧客のロイヤリティを高めることで、商品やサービスの購入に結び付けるのが「コンテンツマーケティング」の神髄です。

なお、ここでは、SEO記事を発信するオウンドメディアを紹介しましたが、コンテンツマーケティングで用いる「コンテンツ」はSEO記事に限りません。顧客との接点となる「コンテンツ」はさまざまあります。

<コンテンツマーケティングの「コンテンツ」具体例>

  • SNS(Twitter/YouTube/Instagram/TikTokなど)
  • ニュースレター
  • プレスリリース
  • ホワイトペーパー
  • ランディングページ(LP)
  • ブログ
  • 書籍/電子書籍
  • セミナー

自社の商品・サービスの販促につながるコンテンツを発信して、売り上げ拡大を目指しましょう。

参考:SEOとは【2022年最新】|基本の施策を初心者にわかりやすく解説

2.今、あなたがコンテンツマーケティングを実施すべき理由

コンテンツマーケティングとは何か?について、理解できたのではないかと思います。

その一方で「なぜ、コンテンツマーケティングが注目されるようになったのか」について知らない方もいるかもしれません。

結論からいえば、コンテンツマーケティングが求められるようになったことには、以下の4つの理由があります。

コンテンツマーケティングが台頭した4つの要因
・情報洪水による「公告疲れ」
・Googleの評価が「コンテンツの質重視」に変化した
・商品を十分に「比較検討」してから購入する消費者が増えた
・趣味趣向が多様化する時代に突入した

これらはあなたが「コンテンツマーケティングを今すぐにでも実施すべき理由」でもあります。どういうことなのか、解説しましょう。

2-1.情報洪水による「広告疲れ」

1つ目が「情報洪水による公告疲れ」です。

インターネットの普及により、お消費者は日常生活の中で膨大な数の広告に触れるようになりました。そうしたなかで、多くの人々は「広告疲れ」を感じるようになりました。

一般的だったテレビCMやネット広告、メルマガといった売り込み型の既存マーケティングの手法を用いても「もうおなかいっぱいだよ。広告はいらないよ」と思う人が増え、広告効果が薄れていったのです。

実際にバナーをクリックしなかったり、メルマガを読まずにゴミ箱にいれたりと、広告を無視する消費者も多いです。あなた自身にも、思い当たる部分があるのではないでしょうか?

そうしたなかで、知ってもらいたい情報を一方的に売り込むのではなく、見込み顧客に対してピンポイントで「最も知りたい情報」を提供するコンテンツマーケティングの手法が注目されるようになったのです。

2-2.Googleの評価が「コンテンツの質重視」に変化した

Googleのコンテンツの指標が変化したことも、コンテンツマーケティングが人気を博している理由の一つです。

以前は、対策キーワードのをコンテンツ内にちりばめたり、外部リンクを購入したりするなど、ユーザーの利益を無視した手法で上位表示を狙うことが可能でした。

しかし、現在のGoogleは「ユーザー満足度が高いコンテンツ」を上位表示するべく、情報の有益性を独自のアルゴリズムによって評価する方針をとっています。

こうした指針の転換により、多くの企業が検索ユーザーのためになる「良質なコンテンツ」を作成するコンテンツマーケティングで、ユーザーを獲得するのがスタンダードになりました。

2-3.商品をじゅうぶんに「比較検討」してから購入する消費者が増えた

消費者が十便に情報収集してから「商品を購入するか否か」について、意思決定するようになったことも、コンテンツマーケティングが求められるようになった理由の一つです。

インターネットショッピングが当たり前の時代、多くの消費者はネット上の情報を頼りに、商品を購入するか否か決めています。

実物を見たり触ったりできないため、買い物に対して慎重になっています、「失敗しない商品」「失敗しないサービス」を追い求める傾向が高まっています。

広告などは、、商品を知るきっかけにこそなりえますが、消費を喚起する程の効果が見込みづらくなっているのが現状です。

そうしたなか、見込み顧客に良質なコンテンツを届け、ニーズを育成して、購買行動を喚起できるコンテンツマーケティングが注目されるようになったのです。

2-4.趣味趣向が多様化する時代に突入した

テレビ・新聞・雑誌などのマスメディアは、幅広い層に広告を打つのが基本です。しかし、一人ひとりのしゅみしゅこうが多様化する時代の中にあっては「費用対効果」が悪い販促手法といわざるをえなくなりました。広告によって得られる販促効果は、限定的になりつつあるのです。

一方、コンテンツマーケティングは国内外で数十億人が当たり前のように利用するインターネットという巨大プラットフォーム上で、未婚顧客に絞って、購買意欲を喚起できます。こうした特徴から、効率の良い理にかなったマーケティングとして広がっているのが現状です。

3.コンテンツマーケティングを実施する3つのメリット

「なぜ今、コンテンツマーケティングが注目されているのか」「なぜ今、コンテンツマーケティングを行うべきなのか」については、理解が深まったのではないかと思います。

コンテンツマーケティング活用にはどのようなメリットがあるのかも、チェックしていきましょう。

コンテンツマーケティングを実施するか迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

<コンテンツマーケティングを実施しる3つのメリット>

  • コストが安い
  • ユーザーとの接点が増えやすい
  • コンテンツが「資産」として残り続ける

3-1コストが安い

コンテンツマーケティングは、予算が限られている企業でも、気軽に始められます。

なぜならば、コンテンツマーケティングは、オウンドメディア、ブログ、YouTube、Instagramなどへのコンテンツ投稿が基本だからです。インターネット広告などに比べると、導入・運用コストを圧倒的に抑えられます。

3-2.ユーザーとの接点が増えやすい

コンテンツマーケティングでは、コンテンツのチャネルを増やした分だけ、ユーザーとの接点が増えいきます。

良質なコンテンツを発信した場合、ユーザーがコンテンツを自発的に紹介してくれたり、多くの人にシェアしてくれる場合があります。

その結果、加速度的に見込み顧客を増やすことができます。

3-3.コンテンツが「資産」として残り続ける

コンテンツマーケティングには、広告にはない「蓄積効果」があります。なぜならば、一度作ったコンテンツは恋に削除しない限り、プラットフォーム上に残り続けるからです。コンテンツを量産すればするほど、集客装置が増えるため、販促効果が加速度的に増大していきます。

いうなれば、コンテンツは「24時間365日、費用を支払わなくても勝手に集客してくれる営業マン」のようなものです。そして、コンテンツを作れば作るほど、商品サービスを営業マンが一人、二人と増えていくようなものだといえます。

そのため、コンテンツマーケティングは@中長期的には、広告予算をほとんどかけなくても集客できる状態を作りたい」という方にとっておすすめの手法だといえます。

そのため、コンテンツマーケティングは中長期的には、広告予算をほとんどかけなくても集客できる状態を作りたい」という方にとっておすすめの手法だといえます。

株式会社ipeのコンテンツマーケティング成功事例

コンテンツマーケティングを実施するメリットについて、ご理解いただけたのではないかと思います。

続きまして「コンテンツマーケティングがもたらす効果」を知らいたい方向けに、成功事例をご紹介します。

コンテンツマーケティングの実施を前向きに検討している方は、チェックしてみてください。

4-1.株式会社キーコーヒー

支援当初、株式会社キーコーヒー様は、既存ユーザーのエンゲージメントを維持しつつを大切にしながらも、より幅広い層にアプローチしたいと考えていう課題を抱えていました。

こうしたご要望それに対して、SEO的な視点だけでなく、当社では、ブランディングドを意識した理解した上でのコンテンツマーケティング施策を提案させていただきました。

その結果、導入から3ヶ月で流入が急上昇し、半年後には流入数が800%アップするなど、達成と大きな成果につながり効果を生み出せました。

株式会社キーコーヒーの事例についてもっと詳しくみてみる

4-2.株式会社SMS

支援当初は、株式会社SMS様は、オーガニック経由の流入が少ないという増加に課題を抱えていました。

この課題れに対して、サイトの抜本的な見直しをはじめとした様々な施策を実施させていただきました。

その結果として、競争性の高いビッグBIGワードの中でも、最も検索数の多いワードで「検索表示1位」を獲得することができました。

株式会社SMSの事例についてもっと詳しくみてみる

5.コンテンツマーケティングの運用方法「4STEP」

いざ、コンテンツマーケティングを実施しようとなった場合、まっさきに気になるのは「実施手順」ではないでしょうか。

結論からいえば、コンテンツマーケティングでは、大きく分けて、以下の通り4STEPのPDCAサイクルを回すのが基本となります。

このPDCAを回し続けることで、バックエンド商品の売り上げの最大化を目指していきます。

【コンテンツマーケティングの運用方法「4STEP」】
1 目標を設定する
2 ペルソナを立てる
3 コンテンツを設計・作成する
4 効果測定を行う

どういう流れで運用するのか、解説しますね。

5-1.目標を設定する

まずは、コンテンツマーケティングの目標を設定することが重要です。
目標が、自社の認知度を高めることなのか、購入件数や申込件数を増やすことなのかでは、最適なコンテンツが異なります。

5-2.ペルソナを立てる

目標を設定した後は、コンテンツを届けたい「ペルソナ像」を設定します。

ペルソナとは、「自社の商品やサービスを買ってほしい具体的な顧客像」のことです。

年代や性別だけでなく、趣味やライフスタイル、思考に至るまで詳細に設定することで、リアルな人物像を作り上げます。

ペルソナを設定することで、見込み顧客が抱く悩み・課題・ニーズがイメージしやすくなるため、投稿すべきコンテンツが設計しやすくなります。

また、メンバー間で見込み顧客に関する共通の認識を持つことができるようになるため、プロジェクトがスムーズに進む点でも、ペルソナ設定には大きなメリットがあります。

5-3.コンテンツを設計・作成する

目標とペルソナが定まったら、それに合わせてコンテンツを設計・作成しましょう。

その際、同じ情報でも。コンテンツを発信するメディアによって、ユーザーに好まれる要素が違うことを知っておきましょう。メディアの特性を理解して、コンテンツを設計・作成する必要があるのです。

例えば、動画やSNSなどのメディアであれば「見やすさ」や「おもしろさ」を重視してください。一方。ブログなどの「読みもの」は「情報量」や「一覧性(=わかりやすく情報を整理すること)」を意識してください。

同じ情報やノウハウを、複数の媒体に応用する場合には、媒体ごとに私的化したコンテンツに整えなおしましょう。

5-4.効果測定を行う

コンテンツマーケティングは、一度コンテンツを発信したら、それで終わりではありません。

発信後に「効果測定」を行い、修正・改善をしてスピーディに「PDCAサイクル」を回すことがポイントとなります。

効果測定の指標は、コンテンツの発信数、検索順位、PV数、ユーザーのサイト滞在時間、SNSシェア数など、それぞれのKPIによって異なります。
Googleアナリティクスやサーチコンソールなどのツールを利用すると効率的に効果検証を行うことができます。

以上4STEPがコンテンツマーケティングを運用する際のPDCAサイクルです。ぜひ、覚えておきましょう。

6.コンテンツマーケティングで成果を得るために押さえたい4つのポイント

続きまして、コンテンツマーケティングで成果を得るために押さえたい重要ポイントについて解説します。

以下のポイントを押さえないと、思ったような成果が得られない場合もありますから注意してください。本記事でしっかりと頭に入れてくださいね。

【コンテンツマーケティングを行う際のポイント】
コンテンツ作成にかかわる人材を確保する
適切な「検索キーワード」を選定する
カスタマージャーニーを作る
段階に応じた目標を立てる

6-1.コンテンツ作成にかかわる人材を確保する

安定して運営を続けるために「コンテンツ作成にかかわる人材の確保」が必要不可欠です。

具体的には、プロデューサー、ディレクター、ライター、デザイナー、エンジニアなどです。

社内人材を活用したり、新しく人を雇ったりして、必要な担当者を確保しましょう。部分的に外部委託するという手段もあります。

人材確保を行うためには、その前段階として「予算とコンテンツ作成の目標」を明確にすることを忘れないでください。予算内で実現可能なコンテンツ作成計画を立てることで、人材確保における予算の割り振りを決めることができます。

6-2.適切な「検索キーワード」を選定する

コンテンツマーケティングにおいて、キーワードの選定は重要な要素の一つです。

ターゲットが、どのような課題・悩み・ニーズを抱えていて、どのようなキーワードで検索をするのかを見極めることが大切です。自社のフェーズに合わせて、最適なボリュームのキーワードを選定しましょう。

キーワード選定のポイント:コンテンツマーケティングを始めてすぐの場合
最初から検索ボリュームが大きく競争の激しいキーワードで、検索上位表示を目指すのは困難です。はじめは、検索ボリュームが少ないキーワードで、良質なコンテンツを蓄積させ、段階的に検索ボリュームが大きいキーワードを狙っていきましょう。

6-3.カスタマージャーニーマップを作る

ペルソナが、商品やサービスを認知してから購入に至るまでの一連の流れを想定した「カスタマージャーニーマップ」を作りましょう。

これにより、ペルソナのフェーズごとにどのようなコンテンツを届けるのかが明確になります。コンテンツ発信後に行う効果測定の精度が高まる点でもおすすめです。

6-4.段階に応じた目標を立てる

カスタマージャーニーにおける各段階(「認知」「興味」「検討」「購入」)に応じた目標を立てましょう。

コンテンツマーケティングの最終的な目標と合わせて、プロセスごとの指標(KPI)も設定しておくことで、目標達成への道筋が見えるようになります。

7.コンテンツマーケティングの運用に必須!3種類の効果測定ツール

先述の通り、コンテンツマーケティングにおいては「効果測定」が重要です。成果につながるコンテンツを増やしていかなければ、消費にゃサービスの売り上げ拡大につながらないからです。

ここでは、オウンドメディアのSEO記事の「効果測定」に役立つ重要ツールをご紹介します。

<コンテンツマーケティングの運用に必須!3種類の効果測定ツール>

  • ユーザーのアクセス状況を解析できる「Googleアナリティクス」
  • 頻出検索キーワードを分析できる「Googleサーチコンソール」
  • Webサイトの構築やコンテンツの追加更新ができる「CMS」

7-1.ユーザーのアクセス状況を解析できる「Google アナリティクス」

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスを利用すると、訪問ユーザーの属性や流入元、流入キーワード、閲覧ページなどを把握することができんさ宇。

集計データをもとに、頻繁に訪問するユーザー層に向けてコンテンツを作成したり、対策できていない流入経路を洗い出したり、コンバージョンにつながりやすいキーワードを選定したりすることができます。

7-2.頻出検索キーワードを分析できる「Google サーチコンソール」

Googleサーチコンソールとは、Googleが提供する無料のインターネット検索の分析ツールです。検索キーワードの表示回数や検索順位の推移、クリック数、クリック率などを確認できます。

Googleアナリティクスがサイトアクセス後のデータを分析できるのに対し、Googleサーチコンソールは、サイトアクセス前のデータを分析できるものです。

Googleサーチコンソールで、頻繁に検索されているキーワードを分析することで、検索流入を増やすための対策が立てられます。

7-3.CMS

「CMS/Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)」とは、HTMLやCSSなどの専門知識がなくとも、容易に管理画面から、Webサイトの構築やコンテンツの追加・更新ができるシステムのことです。

Webサイトの運営が楽になるため、多くの企業がコンテンツマーケティングにCMSを導入しています。世界中で最も利用されているCMSは「WordPress」です。

8.まとめ

いかがでしたか。コンテンツマーケティングについて、理解が深まりましたでしょうか?

時代の変化のなかでコンテンツマーケティングは必ず押さえておくべきマーケティング手法の1つとなりました。

コンテンツマーケティングには、蓄積効果やユーザーによる拡散行動など、従来のマーケティング手法にはなかった大きなメリットがあります。

コンテンツマーケティングの効果を最大化するためには、今回紹介した手順で、コンテンツの設計・作成を行ってみてください。

ポイントを押さえたコンテンツマーケティングで、商品・サービスの購入につなげましょう!

株式会社ipeではコンテンツマーケティングを一気通貫でお任せいただけます。貴社サイトを無料で分析するサービスも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)