「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」とは?概要や役割、SEO効果、作成方法なども解説!

「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」とは?概要や役割、SEO効果、作成方法なども解説!

XMLサイトマップとは、検索エンジン向けにWebサイト内の各ページ情報(URLや最終更新日、更新頻度、優先度など)を記載したファイルです。

今回は「XMLサイトマップ」に焦点を当て、その概要や役割、SEO効果、生成方法、構成要素、生成時の注意点などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」とは?

(引用:https://www.willgate.co.jp/promonista/glossary-sitemapxml/)

XMLサイトマップとは、検索エンジン向けにWebサイト内の各ページ情報(URLや最終更新日、更新頻度、優先度など)を記載したファイルです。

一般的には、「sitemap.xml」というファイル名でアップロードします。

「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」のSEO効果

基本的に、検索エンジンはXMLサイトマップを参考にWebサイト内を巡回します。

その際、新規作成したページは検索エンジンが発見するまで時間がかかるのです。

しかし、XMLサイトマップを設置することで、検索エンジンに正確な情報を伝達できるため、自サイトの更新情報を検索エンジンに素早く反映でき、スピーディに検索結果に表示させることができます。

つまり、XMLサイトマップはクローラビリティを向上させる効果があり、その結果SEO効果が期待できるのです。

「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」とHTMLサイトマップの違い

XMLサイトマップと似たものに、HTMLサイトマップがあります。

「HTMLサイトマップ」とは、Webサイト内に存在するコンテンツがカテゴリーごとやリスト形式で整理・表示されている一覧ページのことです。

HTMLサイトマップ XMLサイトマップ
役割 ユーザビリティの向上を目標 クローラビリティの向上を目標(SEO対策)

初めてWebサイトを訪問したユーザーはどこに、どのようなコンテンツがあるのか分かりません。

そのため、離脱率の向上や滞在時間の低下、機会損失などへとつながります。

HTMLサイトマップを設置すれば、ユーザーが目的のコンテンツを探しやすくなるため、ユーザビリティを高め、機会損失を防ぐ効果が期待できます。

【株式会社ipe|HTMLサイトマップ】

「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」が必要なWebサイト

XMLサイトマップの設置は必須ではありません。

理由は、Webサイトの構造が単純・明快であれば、検索エンジンがサイト内を余すところなく巡回しきれるためです。

しかし、以下のようなWebサイトの場合、設置の必要性は高まります。

Googleが公式に発表している条件のため、ぜひ参考にしてみてください。

  • サイトのサイズが非常に大きい
  • サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツページのアーカイブが大量にある
  • サイトが新しく、外部からのリンクが少ない
  • サイトに動画や画像などのリッチメディアコンテンツが多数含まれている、またはサイトが Google ニュースに表示されている

(引用:Google検索セントラル「サイトマップについて」)

「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」の作成方法

ここではXMLサイトマップの作成方法について3点解説します。

1.自動生成ツールで作成

現在、XMLサイトマップを作成する自動生成ツールはたくさんあります。

今回は、インストールやユーザー登録が不要で、誰でも簡単に利用できるという観点から「sitemap.xml Editor」をご紹介します。

【作成方法】

  1. sitemap.xml Editor」にアクセス
  2. WebサイトのURLを入力
  3. Webサイトの更新頻度や優先度の自動設定を選択
  4. 「サイトマップ作成」ボタンをクリック・完了

2.WordPressのプラグインで作成

WordPressの無料プラグイン「XML Sitemaps(旧 Google XML Sitemaps)」を活用すれば、「sitemap.xml」を簡単に自動生成できます。

新しいWebページを追加する度にサイトマップの内容が自動で更新されるため、非常に便利です。

「XML Sitemaps」でXMLサイトマップを作成する方法は、以下です。

  1. WordPressの管理画面にログイン
  2. 画面左にあるメニューから[プラグイン]→[新規追加]をクリック
  3. 画面右にある検索窓にて[XML Sitemaps]を入力・検索
  4. [今すぐインストール]をクリックし、[有効化]をクリック
  5. 画面左にあるメニュー[XML Sitemapsをクリック
  6. [Additional Pages]の[新しいページの追加]をクリック
  7. 登録したいページのURL・優先順位や更新頻度の設定・最終更新日などを記入
  8. [設定を更新]のボタンをクリック・完了

また面倒なSEOの設定を自動で簡単に行ってくれるプラグイン「All in One SEO Pack」でもXMLサイトマップを自動生成することができます。ぜひ活用してみてください。

3.Google search consoleで作成

Google search consoleでXMLサイトマップを作成することも可能です。

その方法は以下の通りです。

  1. 左側にあるメニューから[インデックス]をクリック
  2. [サイトマップ]をクリック
  3. [新しいサイトマップの追加]に「sitemap.xml」と入力
  4. [送信]をクリック
  5. ステータスが「成功しました」となっていることを確認・完了

(引用:https://www.creal.co.jp/column/seo/1876/)

「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」の構成要素

XMLサイトマップは6つの要素で構成されています。

ここでは各要素の概要について解説します。

なお、Google検索エンジン(Googleクローラー)に向けてXMLサイトマップを作成する場合、changefreqタグ・priorityタグに関しては設定不要であると覚えておきましょう。

理由はGoogleクローラーがchangefreqタグ・priorityタグを認識しないからです。

なおXMLサイトマップの詳しい仕様については以下をご覧ください。

Sitemaps XML format – sitemaps.org

urlsetタグ

urlsetタグとは、サイトマップのプロトコル標準(ネームスペース)を参照するためのタグです。

プロトコル標準(ネームスペース)とは、XMLファイル内で要素や属性として使用できる名前です。

プロトコル標準(ネームスペース)を指定すれば、XMLサイトマップに含まれる情報の種類や要素を、検索エンジンに正確に伝達することができます。

urlタグ

urlタグとは、各Webページの情報を定義するタグです。

1つのサイトマップに50,000URLまで定義することができます。

locタグ

locタグとは、WebページのURLを定義するタグです。

基本的に、2,048文字以下で指定する必要があります。

lastmodタグ

lastmodとは、Webページの最終更新日時を W3C datetime 形式で定義するタグです。

タイムゾーン 書式
日本 「[年]-[月]-[日]T[時]:[分]:[秒]+09:00」  という表記

(例)2022年8月20日 15:55:55の場合

→ 2022-08-20T15:55:55+09:00

UTC 「[年]-[月]-[日]T[時]:[分]:[秒]Z」 という表記

(例)2022年8月20日 15:55:55の場合

→ 2022-08-20T15:55:55Z

changefreqタグ

changefreqタグとは、Webページの更新頻度を定義するタグです。

なおGoogleクローラーに対応させたい場合、指定は不要です。

priorityタグ

priorityタグとは、自サイト内の他ページと比較した際の相対的な優先度を定義するタグです。

数値「0.0〜 1.0」で定義し、数値が高いほど優先度が高くなります(デフォルト値は0.5)。

なおGoogleクローラーに対応させたい場合、指定は不要です。

「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」を設置する際の注意点

ここでは、「XMLサイトマップ」を設置する際の注意点について3点解説します。

1.noindexタグの有無を確認する

XMLサイトマップを設置する前に、noindexタグの有無を確認しましょう。

noindexタグとは、ある特定のページを検索エンジンにインデックスされないようにするタグです。

noindexタグが設置されたページがあると、XMLサイトマップの設置時、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とエラーメッセージが表示されます。

noindexタグを設定している場合は、事前にXMLサイトマップから外すことを心がけましょう。

【株式会社ipe|「noindex」とは?概要やSEOとの関連性、使用目的、注意点、設定・確認方法なども解説!

2.URLの表記ゆれの有無を確認する

URLを正確に入力しないと、正しいXMLサイトマップを設置することができません。

また似たようなコンテンツのページやURLが複数存在する場合は、必ずURLの正規化を行ってからXMLサイトマップを設置しましょう。

【株式会社ipe|「URL正規化」とは?概要や必要な理由、具体例、確認方法なども解説!

3.URL数やファイルサイズが最適化されているか

XMLサイトマップを設置する際、以下の項目を確認しましょう。

  • 50,000URLまで
  • 圧縮されていない状態で50MBまで

基本的に1つのXMLサイトマップで扱えるURL数や最大ファイルサイズは決まっています。

上記の範囲を超える場合は、XMLサイトマップを複数に分けて設置するか、公式ページを参考に該当するファイルをGoogleに送信しましょう。【Google検索セントラル|大きなサイトマップを分割する

その他の注意点に関しては「サイトマップに関するガイドライン」をご確認ください。

「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」の確認方法

自サイトにXMLサイトマップが設置されているかを確認したい場合は、下記のURLをブラウザに直接入力しましょう。

https://www.example.com/sitemap.xml

※https://www.example.com/には、確認したいWebサイトのURLを挿入

※sitemap.xml→これ以外のファイル名で設定されていることもあるため、確認が必要

検索したWebサイトにXMLサイトマップが設置されていれば、表示されます。

一方、「404エラー」などのエラー表示になった場合は、設置されていない可能性が高いです。

【株式会社ipe|httpステータスコードとは?一覧とエラー時の対処法をご紹介

「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」を作成し、検索エンジンにクローリングとインデックスを促そう!

このページでは、「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」に焦点を当て、その概要や役割、SEO効果、作成方法、構成要素、作成時の注意点などについて解説しました。

XMLサイトマップはクローラビリティを向上させるための肝です。

自サイトのリリース時やリニューアル時、管理するページ数が多いWebサイトなど、早急にインデックス処理が欲しい場合は、XMLサイトマップの設置をおすすめします。

また同時に、ユーザー離脱率の低下や滞在時間の向上、機会損失の防止が期待できるHTMLサイトマップの設置も検討しましょう。

詳細は以下の記事をご覧ください。

【株式会社ipe|HTMLサイトマップ】

「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」や「SEO」でお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)