「インデックス登録をリクエスト」する方法とは?概要や方法なども解説!

「インデックス登録をリクエスト」する方法とは?概要や方法なども解説!

サイト内のページを追加、変更した場合に、Google Search Console内のURL検査ツールから「インデックス登録をリクエスト」することで、インデックスへの再登録をGoogleに促すことができます。

今回は「インデックス登録をリクエストする方法」に焦点を当て、その概要や方法などをご紹介します。気になるポイントを一挙確認してしまいましょう。

「インデックス登録をリクエスト」とは?

インデックス登録をリクエスト」とは、Webサイトページのインデックスへの再登録をGoogleに促すことができる機能です。Webサイトにページを追加、もしくはサイト内のページを変更した場合に、Google Search Console内のURL検査ツールから「インデックス登録をリクエスト」できます。

なおインデックス登録が完了するまでにかかる時間は、一般的に1日から数週間とさまざまな要因によって変動します。

補足1:インデックスとは?

インデックスとは、検索エンジンのデータベースにWebサイトやページの情報が登録されることです。

GoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジンには、膨大なデータが登録されており、ユーザーがキーワードを検索すると、キーワードに関連した情報が検出される仕組みになっています。

【株式会社ipe|「インデックス」とは?概要や重要性、確認方法インデックスポイントなども解説!

補足2:Google Search Consoleとは?

Google search consoleとは、Webサイトの運営者がインデックスのステータスを確認し、Webサイトの可視性を最適化するために使用するGoogle提供の無料解析ツールです。

検索キーワード(クエリ)の検索順位やアクセス数、コンテンツの検索順位を下げる要因などをWebサイトやページ単位で確認できます。

【公式サイト|Google Search Console

【株式会社ipe|「Google search console(グーグルサーチコンソール)」とは?概要や重要性、機能、使用方法なども解説!

補足3:URL検査ツール

Google search consoleのURL検査ツールには、Googleのインデックスに登録されたページの情報が表示されます。

例えば、URL検査ツールでは、ページのインデックス状況を確認できるだけでなく、「なぜインデックスされていないのか」具体的な問題点まで表示してくれるのです。

URL検査ツールを使うと、ページのインデックス登録をクローラーにリクエストすることができます。

【株式会社ipe|「URL正規化」とは?概要や必要な理由、具体例、確認方法なども解説!

「インデックス登録をリクエスト」する方法

ここでは、Google search consoleのURL検査ツールで「インデックス登録をリクエスト」する方法について解説します。

  1. Google search consoleの[URL検査]をクリック
  2. 検索フォームにインデックス登録をリクエストしたいページのURLを入力
  3. 「インデックス登録をリクエスト」をクリック・完了

 (引用:https://growthseed.jp/experts/seo/searchconsole-index/)

「インデックス登録をリクエスト」が認証されない場合

「インデックス登録のリクエスト」をしたものの「URLはGoogleに登録されています」の画面にならない(Googleの検索結果に出ない)場合は、以下の手順で再度リクエストを行いましょう。

  1. [URL検査]から[公開URLをテスト]をクリック
  2. 公開URLテストの結果が表示
  3. 公開URLテストの結果問題がないと判断された
  4. 「インデックス登録をリクエスト」を再クリック・完了

ステップ1

ステップ2

万が一「URLはGoogleに登録できますが、問題があります」と表示された場合は、ページに何らかのエラーが発生している可能性があります。

ステップ3,4

原因を調査し、改善後、再度「インデックス登録をリクエスト」しましょう。

※公開URLテスト結果は必ずGoogleに登録されることを保証されていません。

登録するには、検査ページがGoogleの「品質に関するガイドライン」に準拠している必要があります。

詳しくはSearch Consoleヘルプ「登録の可否」をご確認ください。

【参考:Search Consoleヘルプ|URL検査ツール

「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示された時の対処法

ページのインデックス登録を進めていると、「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」というエラーメッセージが表示されることがあります。

これはGoogleクローラーがWebサイトやページのURLを認識し、Googleデータベースにインデックス登録されているにも関わらず、Google Search Consoleに送信しているXMLサイトマップにURLの記載がないことを意味しています。

このエラーメッセージが表示される原因は大きく分けて以下の5つです。

  • XMLサイトマップへの登録漏れ
  • XMLサイトマップにあるURLと記述が違う
  • XMLサイトマップがHTML形式
  • Google search consoleの不具合
  • SEOプラグインの不具合

詳細や原因の概要、その解決策については以下の記事で解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【株式会社ipe|「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」とは?概要や原因、解決法なども解説!

「インデックス登録をリクエストする方法」を理解し、マーケティングに役立てよう!

このページでは、「インデックス登録をリクエストする方法」に焦点を当て、その概要や方法などについて解説しました。

WebサイトやページがGoogleにインデックス登録されるには、まずGoogle検索エンジンにそれらを見つけてもらう必要があります。

特にWebサイトのリニューアル時や新規ページの作成に伴い、できるだけ早急に検索エンジンにそれらを発見してもらいたい場合は遠慮なくインデックス登録をリクエストしましょう。

「インデックス登録をリクエストする方法」や「SEO」でお悩みの場合は株式会社ipeにご相談ください。株式会社ipeではSEOでの大手クライアント実績多数!SEOを検討する際にはぜひ一度ご相談ください。

この記事の著者

監修者 土田悠真

早稲田大学卒業後、東京地方検察庁に入庁。その後、株式会社ipeに入社。9か月でコンサルティングチームのリーダーに就任。年商150億円超えの中古品マーケットプレイス、商品数500万品超えのファッションECサイトをはじめとし、様々なジャンルのサイトをコンサルティング、分析を行う。ツイッターはこちら。
@seotsuchida

DOWNLOAD
サービス資料ダウンロード(無料)
大手実績多数の弊社サービスの概要や料金、フォロー体制など、この資料にまとめております。
資料ダウンロードはこちら
CONTACT
お問い合わせ
SEOなどサービスについてご相談がある方、人事・採用へのご不明点・ご質問など、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ 
03-6455-5871 9:00~18:00(平日)